時代小説マップ:深川

下へ
左へ
時代小説マップ:深川

a-1a-2a-3a-4a-5a-6a-7b-1b-2b-3b-4b-5b-6b-7c-1c-2c-3c-4c-5c-6c-7d-1d-2d-3d-4d-5d-6d-7e-1e-2e-3e-4e-5e-6e-7

深川が描かれた時代小説・シーン

[k-15]
若松町▼獄医立花登が通う起倒流鴨井道場がある。「人間の檻」
[k-16]
[k-17]
[k-18]
[k-19]
[k-20]
[k-21]
[l-15]
難波町▼速見洋介といな吉の住まいがある。「大江戸仙界紀」
[l-16]
[l-17]
海辺大工町▼小弥太を用心棒に引き込むお関の長屋。「べらぼう村正」
[l-18]
[l-19]
扇橋▼橋の近くに引札師(コピーライター)の半兵衛の仕舞屋がある。「江戸職人綺譚 思案橋の二人」
[l-20]
[l-21]
[m-15]
大川端町▼老番頭嘉助と女中お吉を従え、女主人るいが切り盛りする旅篭〔かわせみ〕がある。「御宿かわせみ」/医者良庵の寺子屋がある清月寺。「寺子屋ゆめ指南」
霊岸島塩町▼大川端町の北側。地本問屋保永堂。歌川広重の「東海道五十三次」を開板。「恋忘れ草」
[m-16]
佐賀町・下ノ橋▼亀松(幼き日の勝小吉のお気に入りの場所。「喧嘩侍 勝小吉
[m-17]
伊勢崎町▼弥次郎兵衛(のちの小林一茶)が寄宿する本行寺(住持・清頑)がある。「俳人小林一茶捕物帳」
富岡橋▼橋のたもとに謎のおやじがいる奇妙な屋台が出没する。「初ものがたり」
[m-18]
山本町▼婚礼を一ヶ月後に控えた下駄屋の一人娘が忽然と消えた。「天狗風」
[m-19]
[m-20]
[m-21]
[n-15]
[n-16]
北川町▼フリーの船頭千吉の住まい。「投げ銛千吉廻船帖」
中島町▼中島町の南を流れる大島川沿いの通りを〔澪通り〕という。その澪通りの端にある木戸番小屋に、お捨と笑兵衛の夫婦がいる。「深川澪通り木戸番小屋」
黒江町▼赤穂浪士・奥田孫太夫の仮住まい。「四十七人の刺客」
[n-17]
[n-18]
[n-19]
[n-20]
[n-21]
[o-15]
[o-16]
越中島講武所▼ここの附属銃隊調練所へ神林東吾、通う。「御宿かわせみ」
[o-17]
[o-18]
[o-19]
洲崎▼洲崎弁天の先の砂浜で、指物職人岩蔵と御家人金八郎と妾のおさえが釣りをする。「江戸の海」
[o-20]
[o-21]

時代小説マップNAVI

江戸全図
雑司ヶ谷・池袋駒込・谷中千住・寺島
早稲田・小石川本郷・神田向島・本所
新宿・赤坂江戸城・日本橋深川
渋谷・麻布芝・三田
目黒・品川