時代小説マップ:芝・三田

上へ
左へ
時代小説マップ:芝・三田

a-1a-2a-3a-4a-5a-6a-7b-1b-2b-3b-4b-5b-6b-7c-1c-2c-3c-4c-5c-6c-7d-1d-2d-3d-4d-5d-6d-7e-1e-2e-3e-4e-5e-6e-7

芝・三田が描かれた時代小説・シーン

[p-8]
西ノ久保神谷町▼三毛蘭次郎が居候するお妙の住まい。「ずっこけ侍」
専光寺▼家斉の側用人沼津藩水野出羽守忠友の屋敷は隣。「ずっこけ侍」
[p-9]
愛宕山▼小林清親が足を挫いた延世志の母親を助ける。「東京新大橋雨中図」
長岡藩江戸屋敷▼藩主は牧野備前守。「ずっこけ侍」
松山藩久松松平隠岐守上屋敷▼長岡藩のとなり。討入後の赤穂浪士・大石主税、堀部安兵衛らが預けられる。「美男忠臣蔵」
[p-10]
芝源助町▼小林清親の下宿先〔柚木〕「東京新大橋雨中図」
柴井町▼寄席百園亭で竹本七之助こと、おえんは、娘浄瑠璃を語る。「恋忘れ草」
会津藩中屋敷▼「保科肥後守お耳帖~会津騒動ふたたび」
[p-11]
お浜御殿▼かつて甲府宰相・徳川綱豊下屋敷だった。長雨の中で、大岡市十郎は屋敷の周辺の河川などを見廻る。「妖臣蔵」
[p-12]
[p-13]
[p-14]
[q-8]
[q-9]
増上寺▼三縁山増上寺は、境内約二十五万坪、寺領一万五百石の巨大寺院。
この山門で甲賀と御庭番が対決する。「幕府隠密帳」
[q-10]
[q-11]
[q-12]
[q-13]
[q-14]
[r-8]
[r-9]
[r-10]
[r-11]
[r-12]
[r-13]
[r-14]
[s-8]
[s-9]
[s-10]
[s-11]
[s-12]
[s-13]
[s-14]
[t-8]
[t-9]
[t-10]
[t-11]
[t-12]
[t-13]
[t-14]

時代小説マップNAVI

江戸全図
雑司ヶ谷・池袋駒込・谷中千住・寺島
早稲田・小石川本郷・神田向島・本所
新宿・赤坂江戸城・日本橋深川
渋谷・麻布芝・三田
目黒・品川