時代小説マップ:浅草・向島・本所

下へ
左へ
時代小説マップ:向島・本所
下へ

a-1a-2a-3a-4a-5a-6a-7b-1b-2b-3b-4b-5b-6b-7c-1c-2c-3c-4c-5c-6c-7d-1d-2d-3d-4d-5d-6d-7e-1e-2e-3e-4e-5e-6e-7

向島・本所が描かれた時代小説・シーン

[f-15]
[f-16]
[f-17]
[f-18]
浅草聖天町▼彫辰・おたつの長。「江戸職人綺譚 昇天の刺青」
[f-19]
三囲稲荷▼「江戸切絵図貼交屏風~神仙三圍初午扇」
[f-20]
向島の隠居▼長命寺の裏手に、根岸肥前守の叔母、貞春院の隠居所。ときどき、隼新八郎が肥前守の代わりに訪れる。「はやぶさ新八郎御用帳」
秋葉権現▼駒勝負を終えた織之助と紋兵衛は、どさくさにまぎれて逃げ出す。「新撰組」
[f-21]
[g-15]
浅草阿部川町▼貧乏旗本左文字小弥太の屋敷。「べらぼう村正」
[g-16]
蛇骨長屋▼お絹と碑夜十郎の暮らす長屋。「講談 碑夜十郎」

[g-17]
浅草花川戸河岸▼義賊流れ星の雨太郎の隠れ家。「風雲将棋谷」
[g-18]
中ノ郷瓦町▼この辺りに瓦焼き場多い。中野石翁の用心棒林崎一心斎道場。「妖怪犯科帳」
[g-19]
小梅村▼大工常吉が山城屋藤兵衛の隠居所の茶室づくりをまかせられる。「江戸職人綺譚 対の鉋」
[g-20]
[g-21]
[h-15]
[h-16]
黒船町▼黒船町の儀兵衛の住まい。「べらぼう村正」
三好町▼かかしのようなボロを着た貧乏人の吹き溜まり〔かかし長屋〕がある。住人の扇職人勘助は、実は大盗賊夜風の伝造だった。「かかし長屋」/同心神谷玄次郎の愛人お津世が営む小料理屋〔よし野〕がある。「霧の果て 神谷玄次郎捕物控」
[h-17]
[h-18]
[h-19]
春慶寺▼花和尚お七の住まい。「五人女捕物くらべ」
[h-20]
[h-21]
[i-15]
元鳥越町▼青江又八郎の長屋。「用心棒日月抄」
瓦町▼柘植信吾の恋人お勢以の店〔露月〕「風の武士」
茅町▼隅田川から少し離れたところに、お梶の料理屋〔もえぎ〕がある。「恋忘れ草」
[i-16]
[i-17]
松浦豊後守屋敷▼屋敷から通りに張り出している椎の木から落葉がでないことがが本所七不思議に。「本所深川ふしぎ草紙~落葉なしの椎」
徳山五兵衛屋敷▼火盗改方長官徳山五兵衛秀栄(権十郎)の生家。「おとこの秘図」
石原町▼岡っ引、石原の幸助は、女房にそば屋をやらせる。「八丁堀同心 加田三七」/雑穀問屋小原屋のお袖は、毎朝夕、落葉が出ないように町内を掃き掃除する。「本所深川ふしぎ草紙~落葉なしの椎」
[i-18]
[i-19]
[i-20]
[i-21]
[j-15]
福井町▼平間退耕斎とちののいる練心館道場。柘植信吾が代稽古に通う。「風の武士」/立花登の寄宿先小牧玄庵の住まい。「春秋の檻」/浅草銀杏八幡別当覚吽院の住職行智は梵字と修験の権威だった。「蛍狩殺人事件」
両国広小路▼七化けおさんこと、吾妻三之丞の小梅座。「五人女捕物くらべ」/両国橋西詰。化粧師代之吉が大工道具を売るおしまと出会う。「江戸職人綺譚 江戸の化粧師」
米沢町▼両国広小路の南側。地本問屋加賀屋吉右衛門。歌川国芳を売り出した版元。おいち(芳花)の作品も手がける。「恋忘れ草」
[j-16]
横網町▼絵師歌川芳花こと、おいちの住まい。
駒留橋▼駒止橋。料理屋近江屋藤兵衛の死体が発見される。「本所深川ふしぎ草紙~片葉の芦」
回向院▼境内で勧進相撲冬場所開催。「雷電本紀」/あば安に頼まれ、宅悦は念仏百万遍を仕切る。「妖臣蔵」/人形師泉目吉の住まい。「灰左様なら」/岡っ引回向院の茂七。「初ものがたり」「本所深川ふしぎ草紙」/天明三年四月の吉原の火事で、廓が再建されるまで、両国や浅草で仮宅での営業が許可される。「江戸風狂伝 やがて哀しき」
松坂町▼回向院の東側。吉良上野介の討ち入られた屋敷。「四十七人の刺客」
深川元町▼両国橋東詰。北町同心・北沢彦太郎は、身元不明の水死体の検屍を行った。「銀簪の翳り」
[j-17]
亀沢町▼毬谷直二郎が何者かに襲われた直心影流道場誠心館。「三鬼の剣」/元凄腕の岡っ引だった、彫師伊之助の長屋・福助店がある。「彫師伊之助捕物覚え」/勝小吉の実兄・男谷彦四郎の屋敷もあった。「喧嘩侍 勝小吉」
[j-18]
[j-19]
入江町▼旗本岡野孫一郎の屋敷内にあった勝小吉の借家。すぐ近くに入江町の鐘がある。「蛍狩殺人事件」
[j-20]
[j-21]

時代小説マップNAVI

江戸全図
雑司ヶ谷・池袋駒込・谷中千住・寺島
早稲田・小石川本郷・神田向島・本所
新宿・赤坂江戸城・日本橋深川
渋谷・麻布芝・三田
目黒・品川