2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

「2023年3月上旬の新刊(文庫)」をアップ

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

『新・紫式部日記』|夏山かほる|PHP文芸文庫

新・紫式部日記2023年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年3月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今回は、PHP文芸文庫から刊行される、夏山かほるさんの長編時代小説『新・紫式部日記』を取り上げました。

藤式部(紫式部)は、幼少のころより漢籍に親しみ、物語を綴るようになるも、政変で父が失脚、一家は凋落の憂き目に。しかし、彼女の書く「源氏物語」が藤原道長の目にとまり、中宮彰子に仕えるよう命じられる。喜ぶ藤式部だったが、源氏物語が人気を博すにつれ、道長が権力を握るための深謀に巻き込まれることになり……。
虚実の間を大胆に描き、絶賛された“極上の宮廷物語”。

(『新・紫式部日記』(PHP文芸文庫)Amazonの内容紹介より)

2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」のキャストが発表され、『源氏物語』の作者紫式部と彼女が活躍した平安時代への関心が高まってきました。

これから紫式部を取り上げた多くの本が刊行されることと思われますが、おすすめの紫式部を主人公にした時代小説に本書があります。

式部が書いたといわれる「紫式部日記」の秘密に迫る王朝ロマン。
著者は、2019年、本書で第11回日経小説大賞を受賞し、小説家デビューを果たしました。

★単行本読了時の紹介レビュー

「源氏物語」に秘められた謎、紫式部の秘密を描く王朝ロマン
『新・紫式部日記』|夏山かほる|日本経済新聞出版 夏山かほるさんの長編歴史時代小説、『新・紫式部日記』(日本経済新聞出版)を紹介します。 この作品で著者は、2019年、第11回日経小説大賞を受賞してデビューしました。 紫式部が藤原道長の要請...
文庫●2023年3月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年3月上旬の新刊(1日→10日) 2023年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...

■Amazon.co.jp
『新・紫式部日記』(夏山かほる・PHP文芸文庫)
『源氏五十五帖』(夏山かほる・日経BP/日本経済新聞出版本部)

夏山かほる|時代小説ガイド
夏山かほる|なつやまかおる|時代小説・作家 1969年佐賀県生まれ。福岡女子大学文学部卒業、九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。 2019年、「新・紫式部日記」で第11回日経小説大賞を受賞し、2020年、同書の単行本でデビ...