シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

文庫●2023年3月上旬の新刊

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2023年3月上旬の新刊(1日→10日)

2023年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

PHP文芸文庫
畠山健二さんの『本所おけら長屋(二十)』
江戸は本所亀沢町の「おけら長屋」を舞台にした笑いと涙の人情物語。
ある日、おけら長屋の万造と恋仲である医師・お満に、長崎留学の話が持ち上がります。最低三年は長崎で学ぶ必要があると聞き、お満は思い悩みました。一方、両親に捨てられたと思っていた万造に母親の手がかりが見つかり、長屋の住人たちは奔走します……。
大人気シリーズ、ついに完結か!?

知野みさきさんの『仇持ち 町医・栗山庵の弟子日録(一)』
兄の復讐のため、江戸に出てきたお凛。仇に近づく手段として、凄腕の町医者・千歳の助手となりますが――。待望の人情時代小説のシリーズ、開幕。

夏山かほるさんの『新・紫式部日記』
藤式部(紫式部)は、幼少のころより漢籍に親しみ、物語を綴るようになりますが、政変で父が失脚、一家は凋落の憂き目に。しかし、彼女の書く「源氏物語」が藤原道長の目にとまり、中宮彰子に仕えるよう命じられます。喜ぶ藤式部だったが、源氏物語が人気を博すにつれ、道長が権力を握るための深謀に巻き込まれることになり……。
第11回日経小説大賞受賞作。

文春文庫
西條奈加さんの『わかれ縁 狸穴屋お始末日記』
定職にもつかずに浮気と借金を繰り返す、最低亭主から逃げた女房絵乃は江戸の離縁請負人のもとで働くことに。一筋縄ではいかない依頼を解決しながら、自らの離縁を目指しますが……。

夢枕獏さん、蝉谷めぐ実さんの他の『妖異幻怪 陰陽師・安倍晴明トリビュート』
稀代の陰陽師・安倍晴明が様々な怪異に挑む「陰陽師」シリーズ。著者による傑作短編に加え、蝉谷みぐ実さん、谷津矢車さん、上田早夕里さん、武川佑さんといった新進気鋭の作家4人が新たな「陰陽師」の物語を紡いでいきます。怖くて美しい「陰陽師」の世界が凝縮した一冊。

幻冬舎時代小説文庫
藤原緋沙子さんの『秘め事おたつ四 春よ来い』
両国の稲荷長屋で金貸しを営むおたつには、もうひとつの顔がありました。それは花岡藩・奥女中の総取締役。跡目争いに巻き込まれ行方知れずとなった側室の息子・吉次朗の安否を探るため、身分を偽り暮らしているのでした。青茶婆として市井にすっかり馴染んでいるおたつの元に、ある日、病床に伏す藩主忠道から使者が訪れまするが……。人気シリーズ第4弾。

徳間文庫
橘かがりさんの『女スパイ鄭蘋茹(テンピンルー)の死』
1941年上海。日本軍傀儡の特務工作機関「ジェスフィールド76」主任、丁黙邨を暗殺せよ。
美貌の女スパイ鄭蘋茹(テンピンルー)に指令が下りました。日本人の母と中国人の父。二つの祖国に引き裂かれながら、非情なテロルに身を投じた女性の胸中に去来したものは……。
戦時下の中国上海を舞台にしたスパイサスペンス。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●3月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『岡山の歴史(古代・中世篇) 意外と知らない実像を読み解く!』丸尾泰司『岡山の歴史(古代・中世篇) 意外と知らない実像を読み解く!』
『ひきょうもの』内野博人『ひきょうもの』
●3月2日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『本所おけら長屋(二十)』
→記事:大団円!? 長崎留学に揺れるお満。万造には両親の手がかりが
畠山健二『本所おけら長屋(二十)』
●3月2日発売 PHP研究所・PHP文庫
『牧野富太郎・植物を友として生きる』鷹橋忍『牧野富太郎・植物を友として生きる』
●3月3日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『消えた将軍 大奥同心・村雨広の純心 新装版』風野真知雄『消えた将軍 大奥同心・村雨広の純心 新装版』
●3月6日発売 春陽堂書店・春陽文庫
『白波五人帖』山田風太郎『白波五人帖』
●3月7日発売 河出書房新社・河出文庫
『江戸の思い出: 綺堂随筆』岡本綺堂『江戸の思い出: 綺堂随筆』
『メガトン級「大失敗」の世界史』トム・フィリップス『メガトン級「大失敗」の世界史』
●3月7日発売 小学館・小学館文庫
『極悪女帝の後宮 (2)』宮野美嘉『極悪女帝の後宮 (2)』
『異人の守り手』手代木正太郎『異人の守り手』
●3月8日発売 文藝春秋・文春文庫
『わかれ縁 狸穴屋お始末日記』西條奈加『わかれ縁 狸穴屋お始末日記』
『妖異幻怪 陰陽師・安倍晴明トリビュート』夢枕獏、蝉谷めぐ実他『妖異幻怪 陰陽師・安倍晴明トリビュート』
『恋忘れ草』北原亞以子『恋忘れ草』
『金子みすゞと詩の王国』松本侑子『金子みすゞと詩の王国』
『0から学ぶ「日本史」講義 戦国・江戸篇』出口治明『0から学ぶ「日本史」講義 戦国・江戸篇』
●3月9日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『高砂 なくて七癖あって四十八癖 〈新装版〉』宇江佐真理『高砂 なくて七癖あって四十八癖 〈新装版〉』
『戦火のオートクチュール』佐野広実『戦火のオートクチュール』
●3月9日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『仇持ち 町医・栗山庵の弟子日録(一)』
→記事:仇討ちを誓う女、仇持ちの町医者、隻腕の少年が暮らす栗山庵
知野みさき『仇持ち 町医・栗山庵の弟子日録(一)』
『新・紫式部日記』
→記事:「2023年3月上旬の新刊(文庫)」をアップ
夏山かほる『新・紫式部日記』
●3月9日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『秘め事おたつ四 春よ来い』藤原緋沙子『秘め事おたつ四 春よ来い』
●3月9日発売 講談社・講談社学術文庫
『日本幻獣図説』湯本豪一『日本幻獣図説』
『日本の西洋史学 先駆者たちの肖像』土肥恒之『日本の西洋史学 先駆者たちの肖像』
●3月10日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『秘剣の名医【十四】蘭方検死医 沢村伊織』永井義男『秘剣の名医【十四】蘭方検死医 沢村伊織』
『やさぐれ長屋与力 遠山の影目付』早瀬詠一郎『やさぐれ長屋与力 遠山の影目付』
『まくら絵指南』睦月影郎『まくら絵指南』
『乱愛指南 姫割り役・美女絵巻』鳴海丈『乱愛指南 姫割り役・美女絵巻』
●3月10日発売 徳間書店・徳間文庫
『博徒大名伊丹一家』沖田正午『博徒大名伊丹一家』
『新・御算用日記 一つ心なれば』六道慧『新・御算用日記 一つ心なれば』
『女スパイ鄭蘋茹の死』
→記事:祖国への愛に揺れ、戦争に心を引き裂かれた、実在の女スパイ
橘かがり『女スパイ鄭蘋茹の死』
●3月10日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『神々の精神史』小松和彦『神々の精神史』
『江戸のはやり神』宮田登『江戸のはやり神』

↑ 新刊情報Topへ← 2023年2月の新刊 下(21日→月末)2023年3月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2023年3月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年3月の新刊(1日→末日) 2023年3月1日から3月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンク...