スポンサーリンク

「2022年8月の新刊(単行本)」をアップ

『深川駕籠 クリ粥』|山本一力|祥伝社

深川駕籠 クリ粥2022年8月1日から8月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年8月の新刊(単行本)」を掲載しました。

今月は、祥伝社から刊行される、山本一力さんの人情時代小説『深川駕籠 クリ粥』を紹介します。

作者一押しの痛快シリーズ、最新刊!
くじけるな。やり直しができるのが、ひとの生涯。
長屋の桶職人の最期の願いを叶えるため、時季外れのクリを手に入れろ!
深川一の疾風駕籠の二人が希望を信じて、江戸の町を奔る、奔る!

(『深川駕籠 クリ粥』Amazon内容紹介より)

『深川駕籠』の第1作が刊行されたのは、2002年9月。
男気あふれる若い駕籠舁きの新太郎と尚平が、義理と人情担いで江戸を駆け抜ける本シリーズは、20年間にわたり読者に愛され、刊行されてきました。
駆けっこで足の速さを競ったり、かどわかしに関わったり、早駕籠勝負をしたりと、二人の好漢の痛快な活躍に胸が躍りました。

前作から10年の歳月を経ての最新作。
「くじけるな。やり直しができるのが、ひとの生涯。」という帯の言葉が胸に沁みます。心が折れそうになった人への優しさと励まし。
久々に「一力節」を堪能したいと思います。

単行本★2022年8月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年8月の新刊(1日→末日) 2022年8月1日から8月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...

■Amazon.co.jp
『深川駕籠』(山本一力・祥伝社文庫)(第1作)
『お神酒徳利 深川駕籠』(山本一力・祥伝社文庫)(第2作)
『花明かり 深川駕籠』(山本一力・祥伝社文庫)(第3作)
『深川駕籠 クリ粥』(山本一力・祥伝社)(第4作)

山本一力|時代小説ガイド
山本一力|やまもといちりき|時代小説・作家 1946年、高知県生まれ。 1997年、『蒼龍』で第77回オール讀物新人賞を受賞。 2002年、『あかね空』で第126回直木賞を受賞。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...