シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

若き遠山金四郎が、花魁の死の真相に挑む時代ミステリー

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

部屋住み遠山金四郎 絡繰り心中永井紗耶子(ながいさやこ)さんの時代ミステリー、『部屋住み遠山金四郎 絡繰り心中』(小学館文庫)を入手しました。

十九歳の遠山金四郎は、前夜話を交わした吉原の花・雛菊が切られて亡くなっているのを発見する。旧知の狂歌師大田南畝、浮世絵師の歌川国貞とともに、彼女の殺害の真相を探り始めると、雛菊は男たちに心中を持ちかけていたことを知る。なぜ心中を望むようになったのか――。
金四郎は、いつしか雛菊の心の闇に踏み込んでいく。

永井紗耶子さんは、「絡繰り心中」で、第11回(2010年)小学館文庫小説賞を受賞し、小説家デビューをされました。

受賞作の「絡繰り心中」は、2010年10月に『恋の手本となりにけり』に改題し、さらに2014年3月の文庫化に際して、『部屋住み遠山金四郎 絡繰り心中』と改題しています。
つまり、本書です。

著者の新刊『横濱王』(小学館文庫)に関心を持って調べているうちに、本書が気になって、Getしました。

若き日の遠山金四郎(後の名奉行・遠山左衛門尉景元)が探偵役をつとめ、大田南畝、歌川国貞、遠山景晋(金四郎の父)らが絡むという設定もそそられます。

■Amazon.co.jp
『部屋住み遠山金四郎 絡繰り心中』(永井紗耶子・小学館文庫)
『横濱王』(永井紗耶子・小学館文庫)