2020年文庫書き下ろし時代小説ベスト10、公開

「時代小説マップ」をアップデート

時代小説マップ:江戸城・日本橋北重人さんの『花晒し』を読んでいるときから、江戸の町並みが気になり始めて、久々に「時代小説マップ」をアップデートしてみました。

北さんは、五十歳を前にして作家デビューを去れる前は、建築家で都市環境計画を本職とされていました。そのせいか、時代小説にも江戸の町の地理や成り立ちに筆が及ぶことが多くて、スマホの地図便りに行動する現代人の視点から、作品の世界を楽しむことができるという稀有な特徴があります。

「時代小説マップ」のコンテンツ自体は昔に作ったものですが、紹介する時代小説も徐々に追加していきたいと思います。

→時代小説マップ