安部龍太郎さん版「葉隠」が楽しみ

『葉隠物語』(安部龍太郎)安部龍太郎さんの『葉隠物語』(H&I刊)を読み始めた。「葉隠」というと、隆慶一郎さんの『死ぬことと見つけたり』という大傑作が思い出される。病床の隆慶一郎が最後に会いたがった作家という伝説をもつ、安部さんが『葉隠』を書かれたということで、大変興味深い。また、縁を感じて、何ともうれしく思う。

葉隠物語

コメント