スポンサーリンク

医者の逃亡者を描く時代小説

佐藤雅美(さとうまさよし)さんの『啓順地獄旅』を読んでいる。無実の罪を着せられ、江戸の火消しの顔役・聖天松に命を狙われる医者の啓順の逃亡劇を描く、『啓順凶状旅』に続くシリーズ第2弾である。

啓順地獄旅 (講談社文庫)

啓順地獄旅 (講談社文庫)

啓順凶状旅 (講談社文庫)

啓順凶状旅 (講談社文庫)

今回は、江戸に戻った啓順が奥医者を務める師匠から、京にある秘典『医心方』の行方を探るように命じられるところから物語が始まる。

啓順は名医ゆえに、旅の途中で病人に関わり、それがもとで聖天松に居場所を知られてしまう。その悲喜劇ぶりが見どころのひとつ。果たして啓順に安息の日々は訪れるのだろうか。