『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

2006-11

お知らせ

「おとな館」で時代小説が熱い!

Yomiuri Online G+映像の「おとな館」で11月18日に放送された「時代小説が熱い!」がネットで見ることができる。今なぜ時代小説が受けているのか? その魅力に迫った番組で、佐伯泰英さんや山本一力さんのインタビューもある。(佐伯...
お知らせ

ほぼ日刊時代小説 10月の検索語ランキング

「ほぼ日刊時代小説」(最近、隔日刊になってしまって恐縮だが)の10月の検索語ランキングを調べてみた。結果は以下の通りだ。 順位(9月の順位)検索語 検索回数 1位(1位)佐伯泰英 205 2位(2位)時代小説 182 3位(5位)江戸文...
古地図

江戸の町がよくわかる地図DVD

エーピーピーカンパニーの『江戸明治東京重ね地図』を借りて、資料として使わせていただいた。江戸時代と明治時代と現在の東京(江戸)の詳細な地図を収録した地図ソフトだが、18,900円と高額だったので、今まで欲しかったのだが購入できずにいたもの...
市井人情

内館牧子さんの時代小説

脚本家の内館牧子さんの『転がしお銀』を読み始めた。池宮彰一郎さんや藤原緋沙子さん、庄司圭太さんら、脚本家出身の時代小説家は多い。かつてのトレンディドラマやNHK朝の連続テレビ小説「ひらり」や「私の青空」などの内館さんがどんな物語を描くのか...
伝奇

女の城、吉原に暮らす浪人

上田秀人さんの『散華の太刀』を読んだ。『悲恋の太刀』『不忘の太刀』『孤影の太刀』に続く「織江緋之介見参」シリーズの第四弾である。 散華の太刀―織江緋之介見参 (徳間文庫) 作者: 上田秀人 出版社/メーカー: 徳間...
2020.05.14