シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2023年9月上旬の新刊(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『本所おけら長屋 外伝』|畠山健二|PHP文芸文庫

本所おけら長屋 外伝2023年9月1日から9月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年9月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今月の注目しているのは、PHP文芸文庫から刊行される、畠山健二(はたけやまけんじ)さんの文庫書き下ろし時代小説シリーズの前日譚、『本所おけら長屋 外伝』です。

金はないが情はある、お節介で名高い「おけら長屋」を舞台にした大人気シリーズの“外伝”は、人気登場人物たちの若き日を描く前日譚。
「馬鹿と外道は紙一重」
万造と松吉は偶然、同じ日におけら長屋に引っ越してくる。意気投合した二人は、長屋の髪結いの女の家で、小遣いをもらって暮らしている小一郎という優男に憧れるが……。
「金太が街にやってくる」
おけら長屋は、実は“事故物件”だった!? 住民らに立て続けに災いが起きる中、長屋立ち退きの話まで持ち上がる。なんとか阻止したい住民たちが考えた案とは?
特別付録として、シリーズ第一幕(1~20巻)の名場面ガイドも収録。笑いと涙の“おけらワールド”を、ぜひご堪能ください。

(『本所おけら長屋 外伝』(PHP文芸文庫)Amazonの内容紹介より)

「本所おけら長屋」シリーズは、2023年3月に刊行された『本所おけら長屋(二十)』で第一部が完結しました。そして、2024年春に第二部がスタートすることが発表されました。(「―か?」付きではありますが……)

本書は、第二部のスタートまで待てないというファンにおすすめの「外伝」です。
「おけら長屋」の万造と松吉、鉄斎、金太など、おなじみの面々がおけら長屋に住むことになる物語など、若き日のエピソードを集めた、エピソード0といったところ。

第二部が始まるまでのインターミッションに、『本所おけら長屋』を読み始めたいという方には、『本所おけら長屋 読み始めセット』もおすすめします。
シリーズ20巻&累計200万部達成の特別限定セットで、本シリーズの1~3巻がセットになって、1,100円とお得に読み始められます。

文庫●2023年9月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年9月上旬の新刊(1日→10日) 2023年9月1日から9月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...

■Amazon.co.jp
『本所おけら長屋 外伝』(畠山健二・PHP文芸文庫)
『本所おけら長屋 読み始めセット』(畠山健二・PHP文芸文庫)

畠山健二|時代小説ガイド
畠山健二|はたけやまけんじ|時代小説・作家 1957年、東京都目黒区生まれ、墨田区本所育ち。 演芸の台本執筆や演出、週刊誌のコラム連載など幅広く活動。 2012年、『スプラッシュ マウンテン』で小説家デビュー。 2013年、『本所おけら長屋...