幸田真音さんと近江商人

昨日4月9日の17時30分ごろから19時30分ごろにかけて、「時代小説SHOW」< https://www.jidai-show.net/ >のサイトが、サーバーが不安定になる不具合が発生しました。その間、アクセスされた方には大変ご迷惑をおかけしました。お詫びいたします。

さて、幸田真音さんの『あきんど 絹屋半兵衛』を読み始めた。単行本刊行時には『藍色のベンチャー』というタイトルだったが、文庫化にともない改題した。時代小説らしからぬ最初のタイトルのほうが響きがよくて好きだ。

幸田さんというと、経済小説を得意とする作家で、TBSテレビ「ブロードキャスター」などの報道情報番組に出演されることも多くなじみ深いかただが、時代小説と結び付きにくいイメージだった。

「床山焼を断念した仁右衛門さんのためにも、わしはなんとしても彦根でやきもの商いを成功させてやるわ」

「わかりました。それならひとつだけ、うちの言うことを聞いてください。そのことを約束してくれはったら……」

「約束やて?」

「はい、商いの危険を半分に、いえ、もっと小さくする方法です」

(『あきんど 絹屋半兵衛』上巻・P78より)

彦根の古着屋の主人絹屋半兵衛が、京で大流行の磁器の製造販売をやりたいと妻の留津を説得するシーンでの会話。留津の発想は現在では当り前のリスクヘッジの考え方で興味深い。

作者の幸田さんはプロフィールによると、米国系銀行や証券会社でのディーラーや外国債券セールスを経て、作家に転身している。出身が滋賀県ということで、近江商人の遺伝子を受け継いでいるように思われる。

幸田真音さんの公式サイト

Welcome to the Main's World
あきんど―絹屋半兵衛〈上〉 (新潮文庫)

あきんど―絹屋半兵衛〈上〉 (新潮文庫)