2006-04-14

スポンサーリンク
市井人情

大坂を描く時代小説の面白さ

引き続き、築山桂さんの『一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪』を読んでいる。司馬遼太郎さんの短篇など、江戸時代の大坂を描いた時代小説はいくつかある。 それらの作品に共通する面白さは、主人公が武士ではなく、商人である点だ。もともと大坂では武士は...