『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

単行本★2021年11月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2021年11月の新刊(1日→末日)

2021年11月1日から11月11月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

木内昇さんの『剛心』
国会議事堂の建設した、日本近代建築の雄、妻木頼黄の生涯を描く長編小説。闇雲に欧化するのではなく、西欧の技術を用いた江戸の再興を心に秘め、数多くの国の礎となる建築に挑み続けました。

畠中恵さんの『御坊日々』
明治20年。僧冬伯のもとへは困り事の相談に日々客人が訪れます。僧侶で相場師でもある型破りな僧侶と弟子の名コンビが、檀家たちの悩みを解決しながら、師僧の死の真相を追う、連作形式の明治エンタメ小説。

冲方丁さんの『剣樹抄 不動智の章』
幕府の隠密組織「拾人衆」に加わった了助。しかしながら、父の死の真相と光國との因縁を知ることに。諜報劇の舞台は日光道中へ。疾走感溢れる時代エンターテインメント「剣樹抄」の第2弾。

谷津矢車さんの『北斗の邦へ翔べ』
松前家中の少年春山伸輔は、家名を復権させるべく、箱館の遊軍隊に合流し、榎本軍への撹乱活動を行っていました。一方、箱館政府において陸軍奉行並になっていた土方歳三は、市中の混乱を収めつつ、近藤勇らと夢見た国盗りを、再びこの地で実現させようとしていた。

青山文平さんの『底惚れ』
女への思いにかられながら、はぐれ者だった男は一途に自分を刺した女の行方を求めます。女を捜す方便として、江戸の場末・入江町で切見世の主となり、商売は繁盛します。女への思いを貫く純愛を縦線として、物語はハードボイルドに展開していきます。

伊東潤さんの『夜叉の都』
『修羅の都』の続編。頼朝亡き後も政子は武士の府を守るため、弟の義時とともに政敵を排除する謀略を次々と仕掛け、修羅の道を進みます。圧巻の歴史巨編。

梶よう子さんの『吾妻おもかげ』
絵師を目指し、安房から江戸に出て十年。菱川吉兵衛は、吉原と芝居小屋という「二大悪所」に入り浸る自堕落な日々を過ごしていました……。江戸の人々の暮らしを見つめ続けた菱川師宣。浮世絵の祖の生涯を描く、波瀾万丈の浮世絵師小説。

武川佑さんの『かすてぼうろ 越前台所衆 於くらの覚書』
関ヶ原前夜。十三歳の於くらは、越前府中城の炊飯場で下女働きを始めます。城主・堀尾吉晴に料理の才を見出された於くらは、出会いと別れを繰り返しながら、持ち前の機転と思いやりで天下人の心までもを動かしていきます。

北方謙三さんの『チンギス紀 十二 不羈』
モンゴル国のチンギス率いる十万の遠征軍は東に出撃し、留守を預かるダイルは、三千の守備兵を組織し、三つの砦に配置し、西遼の侵攻に備えていました。一方、モンゴル国の侵攻を受けている金国では、完顔遠理が精強な五万の騎馬隊を整え、耶律楚材が政事の立て直しに力を注いでいました。来るべき戦いに備える強国を描く12巻。

★2021/11/25追記
伊集院静さんの『ミチクサ先生 上・下』
夏目“漱石”金之助の青春記。心のおもむくままにミチクサをして学校を転々とする金之助は、兄に英語を仕込まれ、東京大学予備門に一番で合格しました。そこで生涯の友となる正岡子規と運命の出逢いを果たします――。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●11月1日発売 郁朋社
『津軽戦国始末』木村將平『津軽戦国始末』
●11月1日発売 文芸社
『渦巻いて 三河牧野一族の波瀾 〈上巻〉』岩瀬崇典『渦巻いて 三河牧野一族の波瀾 〈上巻〉』
『現代語訳 青砥藤綱摸稜案 曲亭馬琴の名裁判物語』有坂正三『現代語訳 青砥藤綱摸稜案 曲亭馬琴の名裁判物語』
『士の魂』ひとみ麗『士の魂』
●11月2日発売 河出書房新社
『かぐや姫、物語を書きかえろ!』雀野日名子『かぐや姫、物語を書きかえろ!』
●11月4日発売 文学通信・日本史史料研究会ブックス
『幕末大江戸のおまわりさん』西脇康『幕末大江戸のおまわりさん』
●11月5日発売 実業之日本社・じっぴコンパクト新書
『新版 知れば知るほど面白い 古代韓国の歴史と英雄』康熙奉『新版 知れば知るほど面白い 古代韓国の歴史と英雄』
『新版 知れば知るほど面白い 朝鮮王宮 王妃たちの運命』康熙奉『新版 知れば知るほど面白い 朝鮮王宮 王妃たちの運命』
●11月5日発売 集英社
『剛心』木内昇『剛心』
●11月5日発売 朝日新聞出版
『御坊日々』畠中恵『御坊日々』
●11月5日発売 東方書店・東方選書
『中国文学の歴史 古代から唐宋まで』安藤信廣『中国文学の歴史 古代から唐宋まで』
●11月5日発売 文藝春秋
『剣樹抄 不動智の章』冲方丁『剣樹抄 不動智の章』
●11月6日発売 ABCアーク
『歴史人 2021年12月号』『歴史人 2021年12月号』
●11月6日発売 PHP研究所
『歴史街道2021年12月号』『歴史街道2021年12月号』
●11月6日発売 朝日新聞出版
『歴史道 Vol.18』『歴史道 Vol.18』
●11月6日発売 鳥影社
『謎の東丹国使』森下征二『謎の東丹国使』
●11月8日発売 講談社
『恋する平安京 コミック&小説を楽しむビジュアルガイド』本郷和人監修『恋する平安京 コミック&小説を楽しむビジュアルガイド』
●11月8日発売 文藝春秋
『ものがたりの賊』真藤順丈『ものがたりの賊』
●11月9日発売 中央公論新社・中公新書ラクレ
『楽しい孤独 小林一茶はなぜ辞世の句を詠まなかったのか』大谷弘至『楽しい孤独 小林一茶はなぜ辞世の句を詠まなかったのか』
●11月9日発売 日本経済新聞出版・日経プレミアシリーズ
『地形で読む日本 都・城・町は、なぜそこにできたのか』金田章裕『地形で読む日本 都・城・町は、なぜそこにできたのか』
●11月10日発売 イースト・プレス・イースト新書Q
『鎌倉幕府と執権北条氏の謎99』中丸満『鎌倉幕府と執権北条氏の謎99』
●11月10日発売 新典社
『大和の古代文化』寺川眞知夫、上野誠他『大和の古代文化』
●11月10日発売 宝島社・宝島社新書
『葬られた古代王朝 高志国と継体天皇の謎』宮崎正弘『葬られた古代王朝 高志国と継体天皇の謎』
●11月11日発売 講談社
『ヌルハチ 朔北の将星』小前亮『ヌルハチ 朔北の将星』
●11月11日発売 講談社・講談社選書メチエ
『〈芸道〉の生成 世阿弥と利休』大橋良介『〈芸道〉の生成 世阿弥と利休』
●11月12日発売 朝日新聞出版・朝日新書
『頼朝の武士団 鎌倉殿・御家人たちと本拠地「鎌倉」』細川重男『頼朝の武士団 鎌倉殿・御家人たちと本拠地「鎌倉」』
●11月12日発売 平凡社
『名ごりの夢: 蘭医桂川家に生れて』今泉みね『名ごりの夢: 蘭医桂川家に生れて』
●11月15日発売 角川春樹事務所
『北斗の邦へ翔べ』谷津矢車『北斗の邦へ翔べ』
●11月16日発売 幻冬舎
『法隆寺は燃えているか 日本書紀の完全犯罪』中村真弓『法隆寺は燃えているか 日本書紀の完全犯罪』
●11月17日発売 講談社・講談社現代新書
『頼朝と義時 武家政権の誕生』呉座勇一『頼朝と義時 武家政権の誕生』
●11月17日発売 集英社
『小説すばる 2021年 12 月号』『小説すばる 2021年 12 月号』
●11月17日発売 講談社
『ミチクサ先生 上』伊集院静『ミチクサ先生 上』
『ミチクサ先生 下』伊集院静『ミチクサ先生 下』
●11月18日発売 KADOKAWA
『家康と家臣団の城』加藤理文『家康と家臣団の城』
●11月18日発売 新潮社
『采女の怨霊』高田崇史『采女の怨霊』
●11月18日発売 中央公論新社
『蚕の王』安東能明『蚕の王』
●11月18日発売 中央公論新社・中公新書
『古代中国の24時間-秦漢時代の衣食住から性愛まで』柿沼陽平『古代中国の24時間-秦漢時代の衣食住から性愛まで』
『国造―大和政権と地方豪族』篠川賢『国造―大和政権と地方豪族』
『親孝行の日本史-道徳と政治の1400年』勝又基『親孝行の日本史-道徳と政治の1400年』
●11月18日発売 文藝春秋・文春新書
『北条氏の時代』本郷和人『北条氏の時代』
『明治日本はアメリカから何を学んだのか 米国留学生と『坂の上の雲』の時代』小川原正道『明治日本はアメリカから何を学んだのか 米国留学生と『坂の上の雲』の時代』
●11月18日発売 ブイツーソリューション
『江戸暦(上) (北天を翔けるシリーズ)』伊藤英俊『江戸暦(上) (北天を翔けるシリーズ)』
●11月18日発売 ウェッジ
『執権義時に消された13人ー闘争と粛清で読む「承久の乱」前史』
→記事:鎌倉殿の時代に、執権北条義時が一人勝ちできた理由とは
榎本秋『執権義時に消された13人ー闘争と粛清で読む「承久の乱」前史』
●11月19日発売 朝日新聞出版
『キーパーソンと時代の流れで一気にわかる 鎌倉・室町時代』本郷和人監修『キーパーソンと時代の流れで一気にわかる 鎌倉・室町時代』
●11月19日発売 徳間書店
『底惚れ』青山文平『底惚れ』
●11月22日発売 KADOKAWA
『ラノベ古事記 日本の建国と初国シラス物語』小野寺優『ラノベ古事記 日本の建国と初国シラス物語』
●11月22日発売 岩波書店・岩波新書
『江戸の学びと思想家たち』辻本雅史『江戸の学びと思想家たち』
●11月22日発売 祥伝社
『小説NON 2021年 12 月号』『小説NON 2021年 12 月号』
●11月22日発売 文藝春秋
『夜叉の都』
→記事:「2021年11月の新刊(単行本)」をアップ
伊東潤『夜叉の都』
『李王家の縁談』林真理子『李王家の縁談』
『オール讀物2021年12月号』『オール讀物2021年12月号』
●11月22日発売 講談社
『小説現代 2021年 12 月号』『小説現代 2021年 12 月号』
●11月22日発売 新潮社
『小説新潮 2021年 12 月号』『小説新潮 2021年 12 月号』
●11月22日発売 光文社
『小説宝石 2021年 12月号』『小説宝石 2021年 12月号』
●11月23日発売 いそっぷ社
『池波正太郎が通った〔店〕増補改訂版』馬場啓一『池波正太郎が通った〔店〕増補改訂版』
●11月24日発売 KADOKAWA
『吾妻おもかげ』梶よう子『吾妻おもかげ』
●11月24日発売 光文社
『かすてぼうろ 越前台所衆 於くらの覚書』武川佑『かすてぼうろ 越前台所衆 於くらの覚書』
●11月24日発売 文藝春秋・文藝春秋企画出版
『風呼ぶ狐 西南戦争の潜入警察官』天堂晋助『風呼ぶ狐 西南戦争の潜入警察官』
●11月25日発売 而立書房
『鷗外の怪談』永井愛『鷗外の怪談』
●11月25日発売 河出書房新社
『江戸釣百物語 ; 将軍から庶民まで』長辻象平『江戸釣百物語 ; 将軍から庶民まで』
●11月26日発売 集英社
『チンギス紀 十二 不羈』北方謙三『チンギス紀 十二 不羈』
『黄金の刻 小説 服部金太郎』楡周平『黄金の刻 小説 服部金太郎』
●11月26日発売 星海社・星海社新書
『倭寇・人身売買・奴隷の戦国日本史』渡邊大門『倭寇・人身売買・奴隷の戦国日本史』
●11月26日発売 養徳社
『花のなごり -奈良奉行・川路聖謨-』出久根達郎『花のなごり -奈良奉行・川路聖謨-』
●11月26日発売 マイナビ出版
『教養として学んでおきたい三国志』渡邉義浩『教養として学んでおきたい三国志』
●11月27日発売 双葉社
『小説推理 2022年1月号』
●11月27日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2021年 12 月号』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2021年10月の新刊

文庫●2021年11月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年11月上旬の新刊(1日→10日) 2021年11月1日から11月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...