単行本★2021年10月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2021年10月の新刊(1日→末日)

2021年10月1日から10月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

あさの あつこさんの『舞風のごとく』
『火群のごとく』『もう一枝あれかし』『飛雲のごとく』に続く、六万石の小舞藩を舞台にした、青春時代小説。小舞藩が城下の半分近く焼ける大火に見舞われました……。

稲田幸久さんの『駆ける 少年騎馬遊撃隊』
吉川元春に拾われ馬術を見出された少年・小六と、尼子再興を願う猛将・山中鹿之助が、戦場で相まみえることに……。第13回角川春樹小説賞を受賞した、歴史エンターテイメント。

矢野隆さんの『戦神の裔』
生まれた時から平氏に家族と、自らの自由を奪われた源九郎義経。「平氏以外は人ではない」という世の中に強い憤りを覚えるも、兵の一人も持たない己の無力さを痛感していました。男の意地と仲間たちが無力な若武者を変える、痛快歴史小説。

浮穴みみさんの『小さい予言者』
『鳳凰の船』、『楡の墓』に続く、明治から昭和に至る北海道開拓期を背景に描いた短編集の第3作。炭鉱の光と影を浮き彫りにした表題作など全五編を収載。

今村翔吾さんの『塞王の楯』
戦で父母と妹を失った匡介は、石垣作りの職人集団、穴太衆の頭目源斎に助けられ育てられました。どんな攻めをもはね返す石垣。どんな守りをも、打ち破る鉄砲。戦国・大津城を舞台に、「最強の楯」と「至高の矛」の対決を描く、戦国小説。

真保裕一さんの『真・慶安太平記』
幕府に恨みを抱く牢人があふれる江戸市中に現れた一人の兵法者由比正雪。正雪が幕府へのクーデターを企てた「慶安の変」の裏で、何があったのでしょうか。綿密な取材と大胆な仮説を元に描いた真保版「慶安太平記」。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●10月1日発売 捕物出版
『若さま侍捕物手帖第三十三巻 謎文がらみ』城昌幸『若さま侍捕物手帖第三十三巻 謎文がらみ』
●10月1日発売 メイツ出版
『詩人別でわかる 漢詩の読み方・楽しみ方 時代や作風で深める読解のコツ35』鷲野正明監修『詩人別でわかる 漢詩の読み方・楽しみ方 時代や作風で深める読解のコツ35』
●10月2日発売 青春出版社・青春新書
『「ヨーロッパ王室」から見た世界史』内藤博文『「ヨーロッパ王室」から見た世界史』
●10月4日発売 東京図書出版
『堤中納言物語を楽しむ』半澤トシ『堤中納言物語を楽しむ』
●10月6日発売 ABCアーク
『歴史人 2021年11月号』『歴史人 2021年11月号』
●10月6日発売 PHP研究所
『歴史街道2021年11月号』『歴史街道2021年11月号』
●10月6日発売 エムディエヌコーポレーション・MdN新書
『日本の呪術』繁田信一『日本の呪術』
●10月7日発売 実業之日本社
『国萌ゆる 小説 原敬』平谷美樹『国萌ゆる 小説 原敬』
●10月7日発売 集英社インターナショナル・インターナショナル新書
『新書版 性差の日本史』国立歴史民俗博物館監修『新書版 性差の日本史』
●10月7日発売 筑摩書房・ちくま新書
『まんが訳 稲生物怪録』大塚英志監修
●10月8日発売 中央公論新社
『歴史というもの』井上靖『歴史というもの』
●10月8日発売 文藝春秋
『舞風のごとく』あさの あつこ『舞風のごとく』
●10月13日発売 朝日新聞出版・朝日新書
『データサイエンスが解く邪馬台国 北部九州説はゆるがない』安本美典『データサイエンスが解く邪馬台国 北部九州説はゆるがない』
『江戸の旅行の裏事情 大名・将軍・庶民 それぞれのお楽しみ』安藤優一郎『江戸の旅行の裏事情 大名・将軍・庶民 それぞれのお楽しみ』
●10月14日発売 文学通信
『日本の歴史を描き直す: 信越地域の歴史像』地方史研究協議会編集『日本の歴史を描き直す: 信越地域の歴史像』
●10月15日発売 角川春樹事務所
『駆ける 少年騎馬遊撃隊』稲田幸久『駆ける 少年騎馬遊撃隊』
●10月18日発売 中央公論新社
『史書を旅する』読売新聞文化部編集『史書を旅する』
『戦神の裔』矢野隆『戦神の裔』
●10月18日発売 中央公論新社・中公新書
『三好一族―戦国最初の「天下人」』天野忠幸『三好一族―戦国最初の「天下人」』
『宗教図像学入門-十字架、神殿から仏像、怪獣まで』中村圭志『宗教図像学入門-十字架、神殿から仏像、怪獣まで』
『南北朝時代―五胡十六国から隋の統一まで』会田大輔『南北朝時代―五胡十六国から隋の統一まで』
●10月19日発売 ウェッジ
『芭蕉の風景 上』小澤實『芭蕉の風景 上』
『芭蕉の風景 下』小澤實『芭蕉の風景 下』
●10月20日発売 河出書房新社・KAWADE夢新書
『関所で読みとく日本史: 古代・中世・近世、1200年の歴史』河合敦『関所で読みとく日本史: 古代・中世・近世、1200年の歴史』
●10月20日発売 駒草出版
『なまめかし -奈良・平安の文学と日本のこころ』加藤要『なまめかし -奈良・平安の文学と日本のこころ』
●10月20日発売 講談社・講談社現代新書
『酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史』家近良樹
『遊廓と日本人』田中優子『遊廓と日本人』
●10月21日発売 双葉社
『鬼人幻燈抄 大正編 紫陽花の日々』中西 モトオ『鬼人幻燈抄 大正編 紫陽花の日々』
『小さい予言者』浮穴みみ『小さい予言者』
『歴史はバーで作られる(2)-徳川埋蔵金はここにある』鯨統一郎『歴史はバーで作られる(2)-徳川埋蔵金はここにある』
●10月22日発売 岩波書店・岩波新書
『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』師茂樹
●10月22日発売 祥伝社
『小説NON 2021年 11 月号』
●10月22日発売 文藝春秋
『オール讀物2021年11月号 (第101回オール讀物新人賞発表)』
●10月26日発売 集英社
『ご機嫌剛爺 人生は、面白く楽しく!』逢坂剛『ご機嫌剛爺 人生は、面白く楽しく!』
『幻の旗の下に』堂場瞬一
『塞王の楯』
→記事:「2021年10月の新刊(単行本)」をアップ
今村翔吾『塞王の楯』
●10月27日発売 双葉社
『小説推理 2021年12月号』
●10月28日発売 講談社
『真・慶安太平記』真保裕一
●10月29日発売 KADOKAWA
『家康と家臣団の城』加藤理文
●10月29日発売 風間書房
『平安和歌・物語に詠まれた日本の四季』柏木由夫

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2021年9月の新刊

文庫●2021年10月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年10月上旬の新刊(1日→10日) 2021年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...