2019年12月の新刊 中

時代小説 文庫新刊情報

2019年12月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2019/12/20

2019年12月11日から12月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

双葉文庫から、千野隆司さんの『おれは一万石(11)-繰綿の幻』が出ます。
下総高岡藩の藩主世子の井上正紀が、崖っぷちの一万石の藩政を守るため、獅子奮迅の活躍をする、人気シリーズの第11弾です。問題山積の藩財政の中、家来の不始末に正紀の下した決断とは……。

祥伝社文庫の新刊も楽しみです。
喜安幸夫さんの『幽霊奉行』は、水野忠邦に盾突き、鳥居耀蔵に嵌められて、死して抗議した矢部定謙を描きます。

辻堂魁さんの『希みの文 風の市兵衛 弐』では、唐木市兵衛に返り討ちにされた刺客の一族が、復讐を誓い市兵衛の身辺探索を始めた。そして、己の居場所を刺客に突き止められた市兵衛は、自ら死の罠に飛び込み、“風の剣”で立ち向かいます。

須賀しのぶさんの『また、桜の国で』は、第二次世界大戦勃発。ナチス・ドイツに蹂躙されるポーランドを舞台に、日本人外交書記生とポーランド人の友情を描いた感動作の待望の文庫化です。

講談社文庫も食指が動く新刊が勢ぞろいしました。

上田秀人さんの『愚劣 百万石の留守居役(十四)』では、加賀百万石の留守居役・瀬能数馬は岳父の宿老・本多政長から薫陶を受けます。一方、宿老不在の加賀でも、あらたな難題が……。

葉室麟さんの『津軽双花』では、徳川家康の姪・満天姫、石田三成の娘・辰姫、ともに津軽家に嫁入りした二人の姫の因縁の戦いを描きます。

山田正紀さんの『大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え』は、時代活劇エンターテインメント。シリーズ第2弾。表の顔は同心、その裏に隠された素顔は川衆頭領。川瀬若菜率いる川衆の反撃が始まります。

泉ゆたかさんの『お師匠さま、整いました!』は、『髪結百花』で第一回日本歴史時代作家協会賞新人賞を受賞した新鋭のデビュー作の待望の文庫化です。

時代小説文庫の新刊も大いに気になります。

柴田よしきさんの『お勝手のあん』は、著者初の時代小説シリーズです。品川宿の老舗宿屋に引き取られた女童・おやすは、日々を過ごすなかで、人間として、女性として、料理人として成長していきます。

宮本紀子さんの『妹の縁談 小間もの丸藤看板姉妹(二)』は、日本橋の老舗小間物商をもり立てる姉妹の物語、大好評第二作です。

集英社文庫からは、篠綾子さんの『岐山の蝶』が出ます。

明智光秀に愛され、織田信長の妻となった「濃姫」。強く美しく生き抜いた戦国時代の強き女性の生涯を鮮やかに描く文庫書き下ろし作品です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

<

●12月11日発売 双葉社・双葉文庫
『はぐれ長屋の用心棒(47)-幽鬼の剣』鳥羽亮『はぐれ長屋の用心棒(47)-幽鬼の剣』
『おれは一万石(11)-繰綿の幻』千野隆司『おれは一万石(11)-繰綿の幻』
『銭形平次捕物控 傑作集三-暗号・謎解き篇』野村胡堂『銭形平次捕物控 傑作集三-暗号・謎解き篇』
●12月11日発売 河出書房新社・KAWADE夢文庫
『日本史をつくった刀剣50: 天下五剣から戦国英傑の愛刀 徳川家の宝刀まで』三浦竜『日本史をつくった刀剣50: 天下五剣から戦国英傑の愛刀 徳川家の宝刀まで』
●12月11日発売 東京創元社・創元推理文庫
『妖たちの祝いの品は 妖怪の子預かります 9』廣嶋玲子『妖たちの祝いの品は 妖怪の子預かります 9』
●12月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『英雄伝説の日本史』関幸彦『英雄伝説の日本史』
『世阿弥』北川忠彦『世阿弥』
●12月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『幽霊奉行』喜安幸夫『幽霊奉行』
『必殺闇同心』黒崎裕一郎『必殺闇同心』
『希みの文 風の市兵衛 弐』辻堂魁『希みの文 風の市兵衛 弐』
『また、桜の国で』須賀しのぶ『また、桜の国で』
『本能寺の変 生きていた光秀』井上慶雪『本能寺の変 生きていた光秀』
●12月13日発売 講談社・講談社文庫
『愚劣 百万石の留守居役(十四)』上田秀人『愚劣 百万石の留守居役(十四)』
『津軽双花』葉室麟『津軽双花』
『うちの旦那が甘ちゃんで 6』神楽坂淳『うちの旦那が甘ちゃんで 6』
『大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え』山田正紀『大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え』
『お師匠さま、整いました!』泉ゆたか『お師匠さま、整いました!』
●12月15日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2020.1・2』「文蔵」編集部編『文蔵 2020.1・2』
●12月15日発売 岩波書店・岩波現代文庫
『「鎖国」を見直す』荒野泰典『「鎖国」を見直す』
●12月16日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『お勝手のあん』柴田よしき『お勝手のあん』
『妹の縁談 小間もの丸藤看板姉妹(二)』宮本紀子『妹の縁談 小間もの丸藤看板姉妹(二)』
●12月19日発売 集英社・集英社文庫
『大塩平八郎の逆襲 浮世奉行と三悪人』田中啓文『大塩平八郎の逆襲 浮世奉行と三悪人』
『はしたかの鈴 法師陰陽師異聞』美奈川護『はしたかの鈴 法師陰陽師異聞』
『岐山の蝶』篠綾子『岐山の蝶』
●12月20日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『琉球の舞姫 剣客大名 柳生俊平14』麻倉一矢『琉球の舞姫 剣客大名 柳生俊平14』
『捨て身の大芝居 大仕掛け 悪党狩り3』沖田正午『捨て身の大芝居 大仕掛け 悪党狩り3』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年12月の新刊 上(1日→10日)2019年12月の新刊 下(21日→月末) →