2019年12月の新刊 上

時代小説 文庫新刊情報

2019年12月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2019/12/10

2019年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

文春文庫から、高殿円さんの『主君 井伊の赤鬼・直政伝』が刊行されます。

井伊直虎を描いた『剣と紅』に続く、井伊家第17代当主・井伊直政の生涯を描いた長編歴史小説です。直政は、家康に寵愛され、その苛烈さから「赤鬼」と呼ばれていました、徳川四天王の一人。

奥山景布子さんの『葵の残葉』は。徳川の分家筋・高須に生まれた四兄弟の幕末を描いた物語。尾張、一橋、会津、桑名を継いで維新と佐幕に分かれて対立していきます。

実業之日本社文庫の新刊も大注目です。

仁木英之さんの『鉄舟の剣 幕末三舟青雲録』。山岡鉄舟、勝海舟、高橋泥舟の幕末の三舟の熱い闘いを描いた時代活劇です。単行本『三舟、奔る』を改題したもの。

太田満明さんの『光秀夢幻』。信長を将軍に戴くための朝廷工作を秘密裏に始める光秀。本能寺の変に至る光秀の戦いとその心理的葛藤を描く、デビュー作です。

田牧大和さんの『かっぱ先生ないしょ話 お江戸手習塾控帳』。診療所兼手習い塾を営む美貌の町医者・斎藤涼水は、「かっぱ先生」と呼ばれ、貧しい患者、孤児など、複雑な境遇の子どもたちに尽くしています……。

幻冬舎時代小説文庫の新刊も充実しています。

金子成人さんの『追われもの四 再会』は、島抜けした元博徒・丹次が失踪した兄と家業の乾物問屋を潰した兄嫁の行方を追うシリーズの最終巻となります。

鳥羽亮さんの『飛猿彦次人情噺 血染めの宝船』は、怪盗「飛猿」という裏の顔をもつ彦次が、老剣客・玄沢とともに、自身の盗みを真似た事件の下手人を追う、シリーズ第2弾です。

松井今朝子さんの『料理通異聞』は、「八百善」を江戸一の料亭にし、料理を文化にした男、栗山善四郎の一代記です。

天野純希さんの『蝮の孫』は、《美濃のマムシ》と呼ばれた名将・斎藤道三の孫、美濃の戦国大名・斎藤龍興の生涯を描いた戦国時代小説です。

朝日文庫からは、山本一力さんの『たすけ鍼 立夏の水菓子』が出ます。

江戸深川で鍼灸師を営む染谷は、市井の人々の抱える痛みに向き合い、人助けや世直しに奔走する日々を送ります。長編『たすけ鍼』の続編。一力節が冴える市井人情小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月1日発売 文芸社
『新水滸伝 蠢動編』久田孝司『新水滸伝 蠢動編』
『漂流の碑』柿崎一『漂流の碑』
●12月5日発売 文藝春秋・文春文庫
『野分ノ灘 居眠り磐音(二十)決定版』佐伯泰英『野分ノ灘 居眠り磐音(二十)決定版』
『鯖雲ノ城 居眠り磐音(二十一)決定版』佐伯泰英『鯖雲ノ城 居眠り磐音(二十一)決定版』
『忍び恋 新・秋山久蔵御用控(六)』藤井邦夫『忍び恋 新・秋山久蔵御用控(六)』
『切り絵図屋清七 冬の虹』藤原緋沙子『切り絵図屋清七 冬の虹』
『主君 井伊の赤鬼・直政伝』高殿円『主君 井伊の赤鬼・直政伝』
『さかのぼり日本史 なぜ武士は生まれたのか』本郷和人『さかのぼり日本史 なぜ武士は生まれたのか』
『葵の残葉』奥山景布子『葵の残葉』
『その男(一)』池波正太郎『その男(一)』
『その男(ニ)』池波正太郎『その男(ニ)』
『その男(三)』池波正太郎『その男(三)』
●12月5日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『怪盗鼠推参 四』稲葉稔『怪盗鼠推参 四』
『追われもの四 再会』金子成人『追われもの四 再会』
『料理通異聞』松井今朝子『料理通異聞』
『飛猿彦次人情噺 血染めの宝船』鳥羽亮『飛猿彦次人情噺 血染めの宝船』
『天竺茶碗 義賊・神田小僧』小杉健治『天竺茶碗 義賊・神田小僧』
『居酒屋お夏 十 祝い酒』岡本さとる『居酒屋お夏 十 祝い酒』
『蝮の孫』天野純希『蝮の孫』
●12月5日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『ダブルエージェント 明智光秀』波多野聖『ダブルエージェント 明智光秀』
●12月5日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『鉄舟の剣 幕末三舟青雲録』仁木英之『鉄舟の剣 幕末三舟青雲録』
『光秀夢幻』太田満明『光秀夢幻』
『かっぱ先生ないしょ話 お江戸手習塾控帳』田牧大和『かっぱ先生ないしょ話 お江戸手習塾控帳』
『桃太郎姫暴れ大奥』井川香四郎『桃太郎姫暴れ大奥』
●12月5日発売 河出書房新社・河出文庫
『文豪のきもの』近藤富枝『文豪のきもの』
●12月5日発売 草思社・草思社文庫
『山本五十六の乾坤一擲』鳥居民『山本五十六の乾坤一擲』
●12月6日発売 小学館・小学館文庫
『突きの鬼一 雪崩』鈴木英治『突きの鬼一 雪崩』
『陽だまり翔馬平学記 独眼龍の夢』早見俊『陽だまり翔馬平学記 独眼龍の夢』
『恋する仕立屋』和久田正明『恋する仕立屋』
『ツタよ、ツタ』大島真寿美『ツタよ、ツタ』
●12月6日発売 徳間書店・徳間文庫
『火盗改宇佐見伸介 我らの流儀』志木沢郁『火盗改宇佐見伸介 我らの流儀』
『婿殿開眼五 南町事変』牧秀彦『婿殿開眼五 南町事変』
『問答無用 陽炎の刺客 〈新装版〉』稲葉稔『問答無用 陽炎の刺客 〈新装版〉』
●12月6日発売 光文社・光文社知恵の森文庫
『古代史が面白くなる「地名」の秘密』八幡和郎『古代史が面白くなる「地名」の秘密』
●12月6日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『たすけ鍼 立夏の水菓子』山本一力『たすけ鍼 立夏の水菓子』
『鬼と人と (上) 信長と光秀』堺屋太一『鬼と人と (上) 信長と光秀』
『鬼と人と (下) 信長と光秀』堺屋太一『鬼と人と (下) 信長と光秀』
●12月9日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『図説 探検地図の歴史: 大航海時代から極地探検まで』R.A.スケルトン『図説 探検地図の歴史: 大航海時代から極地探検まで』
『風姿花伝 』世阿弥『風姿花伝 』
●12月10日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『乱愛剣法: 魔忍者軍団を斬れ!』鳴海丈
『新装版 同心亀無剣之介: わかれの花』風野真知雄
『ひらり圭次郎 腕貸し稼業 隠し目付』氷月葵
『裏・町奉行闇仕置: 決戦隠れ忍び (第4巻)』倉阪鬼一郎
『あっぱれ春馬 正義剣: 江戸の梁山泊』藤村与一郎
●12月10日発売 光文社・光文社文庫
『黒幕 鬼役(二十八)』坂岡真『黒幕 鬼役(二十八)』
『駆ける稲妻: 人情同心 神鳴り源蔵』小杉健治『駆ける稲妻: 人情同心 神鳴り源蔵』
『鬼灯ほろほろ: 九十九字ふしぎ屋 商い中』霜島けい『鬼灯ほろほろ: 九十九字ふしぎ屋 商い中』
『それぞれの陽だまり: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(五)』中島久枝『それぞれの陽だまり: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(五)』
『糸切れ凧 決定版: 研ぎ師人情始末(二)』稲葉稔『糸切れ凧 決定版: 研ぎ師人情始末(二)』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年11月の新刊 下(21日→月末)2019年12月の新刊 中(11日→20日) →