単行本★2019年12月の新刊

時代小説 単行本新刊情報

2019年12月の新刊(1日→末)

2019年12月1日から12月31日の間に、単行本で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

谷津矢車さんの『桔梗の旗 明智光秀と光慶』は、明智光秀の息子、十五郎(光慶)と女婿・左馬助(秀満)から見た、光秀を描いた長編小説。明智家二代の父子の物語です。

浅田次郎さんの『大名倒産』上・下は、笑いと涙の経済エンターテインメント時代小説。大借金に嫌気のさした先代は縁の薄い末息子に腹を切らせて御家幕引きを謀る、計画的な「大名倒産」を画策しますが、跡を継いだ若殿は……。

宮部みゆきさんの『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』は、江戸は神田の袋物屋・三島屋で続く、一風変わった百物語の第6弾。聞き手がおちかに代わり、三島屋の次男・富次郎に。

植松三十里さんの『梅と水仙』は、新五千円札の肖像に選ばれた津田塾大学の創設者・津田梅子とその父津田仙の波瀾の生涯を描いた長編小説です。

澤田瞳子さんの『能楽ものがたり 稚児桜』は、能の曲目のストーリーを下敷きにした短編小説八編を収録しています。茶道美術図書出版の淡交社から刊行されている月刊誌『なごみ』に連載された小説の単行本化です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●12月5日発売 PHP研究所
『武蔵』黒鉄ヒロシ『武蔵』
●12月5日発売 潮出版社
『桔梗の旗 明智光秀と光慶』谷津矢車『桔梗の旗 明智光秀と光慶』
●12月5日発売 吉川弘文館
『戦国大名北条氏の歴史: 小田原開府五百年のあゆみ』小田原城総合管理事務所編集『戦国大名北条氏の歴史: 小田原開府五百年のあゆみ』
●12月5日発売 トランスビュー
『信長: 「歴史的人間」とは何か』本郷和人『信長: 「歴史的人間」とは何か』
●12月6日発売 文藝春秋
『大名倒産 上』浅田次郎『大名倒産 上』
『大名倒産 下』浅田次郎『大名倒産 下』
●12月6日発売 中央公論新社
『コロンビア商人がみた維新後の日本』ニコラス・タンコ・アルメロ著、寺澤辰麿訳『コロンビア商人がみた維新後の日本』
●12月7日発売 毎日新聞出版
『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』宮部みゆき『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』
●12月7日発売 ユニプラン
『明智光秀 劇場百一場~「本能寺」への足取りを追う~』鳥越一朗『明智光秀 劇場百一場~「本能寺」への足取りを追う~』
●12月9日発売 小学館
『忠臣蔵の姫 阿久利』佐々木裕一『忠臣蔵の姫 阿久利』
●12月12日発売 吉川弘文館
『軍需物資から見た戦国合戦』盛本昌広『軍需物資から見た戦国合戦』
●12月13日発売 徳間書店
『目指せ! 全国制覇 御城印ガイド お城版“御朱印”をもらおう!』萩原さちこ『目指せ! 全国制覇 御城印ガイド お城版“御朱印
●12月15日発売 PHP研究所
『梅と水仙』植松三十里『梅と水仙』
●12月16日発売 牧野出版
『光秀の言い分 明智光秀好きなので。』岳真也『光秀の言い分 明智光秀好きなので。』
●12月17日発売 実業之日本社
『武士道 鍋島直茂』近衛龍春『武士道 鍋島直茂』
●12月17日発売 ミネルヴァ書房
『足利義輝・義昭:天下諸侍、御主に候』山田康弘『足利義輝・義昭:天下諸侍、御主に候』
●12月17日発売 晶文社
『本能寺の変に謎はあるのか?: 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』渡邊大門『本能寺の変に謎はあるのか?: 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』
●12月18日発売 プレジデント社
『野村克也、明智光秀を語る』野村克也『野村克也、明智光秀を語る』
●12月18日発売 吉川弘文館
『戦国大名毛利家の英才教育: 元就・隆元・輝元と妻たち』五條小枝子『戦国大名毛利家の英才教育: 元就・隆元・輝元と妻たち』
●12月19日発売 春陽堂書店
『完本 人形佐七捕物帳 一』横溝正史『完本 人形佐七捕物帳 一』
●12月19日発売 学研プラス
『図説 一冊で学び直せる戦国史の本』後藤武士監修『図説 一冊で学び直せる戦国史の本』
●12月20日発売 飛鳥新社
『ざんねんな万葉集』岡本梨奈『ざんねんな万葉集』
●12月20日発売 淡交社
『能楽ものがたり 稚児桜』澤田瞳子『能楽ものがたり 稚児桜』
●12月20日発売 KADOKAWA
『首』北野武『首』
●12月21日発売 朝日出版社
『藤沢周平の読書遍歴』鯨井佑士『藤沢周平の読書遍歴』
●12月24日発売 吉川弘文館
『藤原俊成 中世和歌の先導者』久保田淳『藤原俊成 中世和歌の先導者』
●12月24日発売 新潮社
『新潮日本古典集成〈新装版〉 東海道四谷怪談』郡司正勝校注『新潮日本古典集成〈新装版〉 東海道四谷怪談』
●12月24日発売 鉱脈社
『おらんだ貞』古川久師『おらんだ貞』
●12月24日発売 河出書房新社
『明智家の末裔たち: 本能寺からはじまった闘いの記憶』明智憲三郎『明智家の末裔たち: 本能寺からはじまった闘いの記憶』
●12月24日発売 学研プラス
『ワイド&パノラマ 日本の城 天守・櫓・門と御殿』三浦正幸監修『ワイド&パノラマ 日本の城 天守・櫓・門と御殿』
●12月25日発売 PHP研究所
『中国古典 名著の読みどころ、使いどころ 人生とビジネスに効く原理原則』守屋淳『中国古典 名著の読みどころ、使いどころ 人生とビジネスに効く原理原則』
●12月25日発売 春陽堂書店
『伝記小説 渋沢栄一 財界のフロンティア』山田克郎『伝記小説 渋沢栄一 財界のフロンティア』
●12月26日発売 幻冬舎
『夢駆ける草莽の志士、伊牟田尚平』郷原建樹『夢駆ける草莽の志士、伊牟田尚平』
●12月27日発売 論創社
『猿飛佐助 (立川文庫セレクション)』雪花山人『猿飛佐助 (立川文庫セレクション)』
●12月27日発売 コールサック社
『万葉の語る天平の動乱と仲麻呂の恋』中津攸子『万葉の語る天平の動乱と仲麻呂の恋』
●12月27日発売 長崎文献社
『日本の名城紀行』原口茂樹『日本の名城紀行』
●12月27日発売 ハーベスト出版
『土佐の山城-山城50選と発掘された23城跡』松田直則編『土佐の山城-山城50選と発掘された23城跡』
●12月30日発売 彩図社
『百万都市を俯瞰する 江戸の間取り』安藤優一郎『百万都市を俯瞰する 江戸の間取り』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2019年11月の新刊(単行本)2020年1月の新刊 →

2019年12月の新刊 上
時代小説 文庫新刊情報 2019年12月の新刊 上(1日→10日) 更新日:2019/12/10 2019年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.j...