シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

織田信長の正室・帰蝶の謎に包まれた生涯を描く

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

帰蝶光秀の従妹にして信長の正室、帰蝶〈濃姫〉。大胆な推理を交えて、波瀾に満ちた生涯を描く、諸田玲子さんの『帰蝶』がPHP研究所より刊行されました。

“美濃のマムシ”こと、斎藤道三の娘で、明智光秀の従妹。美濃衆の期待を一身に集めて織田信長に嫁いだ帰蝶〈濃姫〉。天下人へと近づくにつれて残虐さをあらわにしていく夫におびえながらも、織田家の奥を仕切り、たくましく生きていくが……。

女性の目線から、信長の天下布武と本能寺の変を描いた長編。

信長の正室は、『国盗り物語』の影響から濃姫の名で知られています。濃姫は、美濃から嫁いできた高貴な女性という意味で、結婚後のものと言われています。帰蝶(濃姫)は、嫁入り時のエピソードが強烈なせいか、道三が早くに亡くなったせいか、結婚後を時代小説で描かれることが少ないように思います。

■Amazon.co.jp
『帰蝶』

→PHP研究所|帰蝶