田牧大和さんの新作時代小説『鯖猫長屋ふしぎ草紙』が発売

鯖猫長屋ふしぎ草紙田牧大和さんの新刊『鯖猫長屋ふしぎ草紙』(単行本)がPHP研究所から発売になった。

江戸の根津宮永町。鯖縞模様の三毛猫が一番いばっている長屋があった。人呼んで「鯖猫長屋」。猫の名はサバで、飼い主は三十半ばの売れない絵師青井亭拾楽。なぜサバが一番えらいかって? それはサバが永代橋が落ちることを予見し、長屋の面々を救ったから。

そんな猫様が仕切る長屋で次々と起こる不思議な事件。大江戸謎解き人情話。

→PHP INTERFACE 『鯖猫長屋ふしぎ草紙』(田牧大和)

コメント