どうしたら、時代小説の読書録を更新できるか?

今月に入って、「時代小説SHOW」の読書録を更新できていない。この間、アクセスしていただいた人には大変申し訳ないと思っている。そのことが自分の中にストレスとして溜まっている。

さて、いったいどうしたら、「時代小説SHOW」を更新できるようになるのか? 更新の障害になっているものを書き出し、それに対する処方を考えてみた。

1.楽しくない。そういえば、昔のような楽しい感じがなくなっている

→どうすれば楽しくなるのか?

・好きなことが書ける(読者のことを気にしすぎているかも)

・アクセスが増える(反響があることが励みになる)

・アフィリエイトで副収入が入る(やっぱり実益?)

・自分のためになる(文章力がつく、読書記録となる)

要は、客観的に効果を実感したいのかな。

2.時間がない。確かに少し忙しくなってきて自分の時間をもちにくくなっているが…。

→何に時間がかかっているのか?

・あらすじ→あらすじを書く時間(タイミング)を決めよう

・時代と場所→小説の背景データだが、時代のみにしよう

・感想→ブログの流用+メモパッドに書き残そう

・表紙画像→オンラインブックストアからダウンロード

→読書録を短期間で書く方法は?

・Accessに登録してある書籍データの活用

・「積読コーナー」のデータの流用

・テンプレートの作成

・ブログの流用

→時間を有効に使う方法

・細切れ時間を活用する(メモパッドの利用)

・昼休みの利用

・読書録を書く時間の確保(毎日30分)

まずは、システムを駆使することで、簡便に書く方法を見つけよう。早速、本日から少しずつ読書録をアップしていこう。

現在の読みかけ:『武士の家計簿』

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

コメント

  1. 三田主水 より:

    理流さんこんにちは。いつも楽しく拝見しています。確かにblogとサイトを同時に更新していくのは(特に内容が重なる点がある場合には)大変ですね。私のサイトでは、感想はblogのみにして、サイトの方では本のデータのみ載せることにしています。それでもかなり手間はかかりますが…

  2. jidai-show より:

    三田主水さん、コメントありがとうございます。HP「妖々日本史」とブログの「主水血笑録」をどのように更新されているのか、気になっていたのですが、使い分けていたんですね。参考になりました。