「しゃばけ」のウェブサイト

畠中惠さんの大人気の痛快人情推理小説「しゃばけ」の世界がウェブサイトになった。「しゃばけ倶楽部~バーチャル長崎屋~」が新潮社のサイト内にできた。鳴家ほか、「しゃばけ」のおなじみキャラクターたちも登場する。

サイトに「しゃばけ」四方山話として畠中さんが個人的に発注された「鳴家ラスク」の写真が載っていてパッケージがかわいくて欲しくなった。商品化すれば売れそうなのに。また、ラジオドラマとして2002年4月に『しゃばけ』がNHKで放送された話も紹介されていた。若だんな役は金子貴俊さんだったらしい。イメージに合っている気がする。ぜひ、再放送してほしいな。

シリーズの装画と挿絵を担当されたイラストレーターの柴田ゆうさんの個展が、2006年1月には原宿で開催されるそうだ。柴田さんは、米村圭伍さんの「退屈姫君」シリーズの画も担当されいて、最近気になる画家だ。個展は、広重の名所江戸百景をもとにしているということで、ちょっとのぞいてみたい気がする。

しゃばけ倶楽部~バーチャル長崎屋~

畠中恵「しゃばけ」新潮社公式サイト

柴田ゆう個展「迷所江戸百景」

2006年1月27日(金)~2月1日(水)

HBギャラリー

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1F

電話: 03-5474-2325

しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)

退屈姫君伝 (新潮文庫)

退屈姫君伝 (新潮文庫)

コメント

  1. るりこ より:

    金子貴俊さんのしゃばけ聞きましたよ!すごくよかったですよ~