大久保党と本多父子

岳宏一郎さんの『御家の狗 (講談社文庫)』を入手する。家康政権を支えた、金山奉行の大久保長安(おおくぼながやす)と、側近であり、懐刀ともいうべき本多正信、正純父子を主人公とする3つの作品を収めた短篇集。

岳さんというと、『群雲、関ヶ原へ〈上〉 (新潮文庫)(下)』『天正十年夏ノ記 (講談社文庫)』『軍師 官兵衛〈上〉 (講談社文庫)(下)』(単行本刊行時の題名は『乱世が好き』)など、戦国武将の生き様を新感覚で描く長編歴史ものの名手。

大久保長安といえば、隆慶一郎さんの『捨て童子・松平忠輝(上) (講談社文庫)(中)(下)』で、存在感のある脇役として登場する、江戸初期を代表する怪人。彼が属するすが大久保党で、リーダーの大久保忠隣(おおくぼただちか)は、本多正信、正純父子の謀略によって失脚したといわれている。

短篇とはいえ、この3人を中心に展開する作品集ということで、食指をそそられた。

御家の狗 (講談社文庫)

御家の狗 (講談社文庫)