2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

単行本★2022年3月の新刊

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

単行本★時代小説新刊情報|2022年3月の新刊(1日→末日)

2022年3月1日から3月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

澤田瞳子さんの『漆花ひとつ』
平安時代末期を舞台に、中・下層の人々を活写した五編の短編を収録した作品集。長編が多い作家には珍しい短編集で、武士の世の到来を予感させる、時代を切り取り描いているのか、興味深い1冊です。

岡田秀文さんの『維新の終曲』
箱館で幕府軍として最後まで戦った元旗本の中野梧一と、元農民の奇兵隊士・卓介。維新後の新しい世の中で翻弄される二人の男を描く歴史ミステリーです。

新直木賞作家、今村翔吾さんの『幸村を討て』
大坂の陣では、昌幸、信之、幸村の真田父子と、徳川家康、織田有楽斎、南条元忠、後藤又兵衛、伊達政宗、毛利勝永らの思惑が交錯しました。男たちを通して、誰も知らない真田幸村の謎を明らかにします。

村木嵐さんの『阿茶』
美貌も有力な後ろ盾もない阿茶には、男を凌ぐ知恵がありました。夫亡き後徳川家康の側室に収まり、その才を生かし織田・豊臣の天下を生き延びます。阿茶の知られざる真実に迫る歴史小説です。

北方謙三さんの『チンギス紀 十三 陽炎』
ダライ・ノールでひと冬を過ごしたチンギス・カンは、返礼としてホラズム国に大規模な使節団を派遣します。彼らはホラズム国のオトラルを経て、サマルカンドに向かおうとしていました。ところがその使節団は途中で襲われてしまいます。運命を分かつ事件が起きる第13巻。

藤原緋沙子さんの『菜の花の道 千成屋お吟』
日本橋で「大江戸よろず案内所」の看板を掲げる『千成屋』の女将・お吟が、大金強奪とこじれた嫁姑の仲を解く、人情時代小説シリーズ第2弾です。江戸で生きる人々の心を癒します。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●3月1日発売 東京図書出版
『史観物語 武蔵燃ゆ』高垣直澄『史観物語 武蔵燃ゆ』
●3月1日発売 文芸社
『居神 三浦大介荒次郎御伽話』今井則道『居神 三浦大介荒次郎御伽話』
『勢州田丸 萬歳留ものがたり』松田實靱『勢州田丸 萬歳留ものがたり』
●3月1日発売 捕物出版
『柳生石舟齋 第四巻』五味康祐『柳生石舟齋 第四巻』
●3月2日発売 講談社
『漆花ひとつ』澤田瞳子『漆花ひとつ』
●3月4日発売 ABCアーク
『歴史人 2022年4月号』『歴史人 2022年4月号』
●3月4日発売 PHP研究所
『歴史街道2022年4月号』『歴史街道2022年4月号』
●3月4日発売 朝日新聞出版
『歴史道 Vol.20 (週刊朝日ムック)』『歴史道 Vol.20 (週刊朝日ムック)』
●3月4日発売 潮出版社・潮新書
『横山光輝で読む三国志』渡邉義浩『横山光輝で読む三国志』
●3月8日発売 文学通信・日本史史料研究会ブックス
『論考 日本中世史: 武士たちの行動・武士たちの思想』細川重男『論考 日本中世史: 武士たちの行動・武士たちの思想』
●3月9日発売 ポプラ社・ポプラ新書
『徳川15代将軍 解体新書』河合敦『徳川15代将軍 解体新書』
●3月9日発売 中央公論新社・中公新書ラクレ
『「合戦」の日本史-城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル』本郷和人『「合戦」の日本史-城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル』
●3月10日発売 祥伝社
『戦をせんとや生まれけむ』若木未生『戦をせんとや生まれけむ』
●3月10日発売 徳間書店
『時代考証家が行く 瀬戸内海の島探訪「せとうち津々浦々」』山田順子『時代考証家が行く 瀬戸内海の島探訪「せとうち津々浦々」』
●3月10日発売 宝島社・宝島社新書
『カラー版 地形と地理でわかる神社仏閣の謎 』古川順弘、青木康『カラー版 地形と地理でわかる神社仏閣の謎 』
●3月11日発売 新典社
『漱石最後の〈笑い〉 『明暗』の凡常』細谷博『漱石最後の〈笑い〉 『明暗』の凡常』
『平安貴族を襲う悪霊の風―『栄花物語』異聞―』福寛美『平安貴族を襲う悪霊の風―『栄花物語』異聞―』
●3月11日発売 パレード
『とべない天狗とひなの旅』ちはやれいめい『とべない天狗とひなの旅』
●3月15日発売 郁朋社
『高瀬川-角倉了以伝(続)』西野喬『高瀬川-角倉了以伝(続)』
●3月16日発売 光文社・光文社新書
『鎌倉幕府と室町幕府 最新研究でわかった実像』山田徹 、谷口雄太他『鎌倉幕府と室町幕府 最新研究でわかった実像』
●3月17日発売 実業之日本社
『逆転 シェイクスピア四大悲劇』野口卓『逆転 シェイクスピア四大悲劇』
●3月17日発売 集英社・集英社新書
『江戸の宇宙論』池内了『江戸の宇宙論』
●3月17日発売 双葉社
『維新の終曲』
→記事:「2022年3月の新刊(単行本)」をアップ
岡田秀文『維新の終曲』
●3月17日発売 朝日新聞出版
『小説 TRIPPER (トリッパー) 2022年 春号』『小説 TRIPPER (トリッパー) 2022年 春号』
●3月17日発売 論創社
『神州無頼街 (K.Nakashima selection)』中島かずき『神州無頼街 (K.Nakashima selection)』
●3月17日発売 平凡社・平凡社新書
『「おくのほそ道」をたどる旅: 路線バスと徒歩で行く1612 キロ』下川裕治『「おくのほそ道」をたどる旅: 路線バスと徒歩で行く1612 キロ』
●3月20日発売 捕物出版
『鏡屋おかく捕物帖』
→記事:秘所に蟹の刺青。江戸の女捕物師おかくの活躍を描く連作小説
土師清二『鏡屋おかく捕物帖』
●3月22日発売 光文社
『小説宝石 2022年 04 月号』『小説宝石 2022年 04 月号』
●3月22日発売 中央公論新社
『幸村を討て』
→記事:大坂の陣で家康を震撼させ、最も輝いた幸村と信之の真田愛
今村翔吾『幸村を討て』
●3月22日発売 中央公論新社・中公新書
『戦国日本の軍事革命-鉄炮が一変させた戦場と統治』藤田達生『戦国日本の軍事革命-鉄炮が一変させた戦場と統治』
●3月22日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『司馬遼太郎 もうひとつの幕末史』『司馬遼太郎 もうひとつの幕末史』
●3月22日発売 新潮社
『小説新潮 2022年 04 月号』『小説新潮 2022年 04 月号』
●3月22日発売 講談社
『小説現代 2022年 04 月号』『小説現代 2022年 04 月号』
●3月22日発売 祥伝社
『小説NON 2022年 04 月号』『小説NON 2022年 04 月号』
●3月24日発売 幻冬舎
『阿茶』村木嵐『阿茶』
●3月24日発売 集英社
『チンギス紀 十三 陽炎』北方謙三『チンギス紀 十三 陽炎』
●3月24日発売 星海社・星海社新書
『南北朝の動乱 主要合戦全録』渡邊大門編『南北朝の動乱 主要合戦全録』
●3月25日発売 文藝春秋
『完全読解 司馬遼太郎『坂の上の雲』』佐藤優、片山杜秀『完全読解 司馬遼太郎『坂の上の雲』』
●3月26日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2022年4月号』『小説幻冬 2022年4月号』
●3月28日発売 朝日新聞出版
『京都たのしい社寺さんぽ』朝日新聞出版編『京都たのしい社寺さんぽ』
●3月29日発売 彩図社
『教科書には載っていない 維新直後の日本』
→記事:人口激減、テロ、内乱、腐敗…、明治政府はいきなり崩壊寸前
安藤優一郎『教科書には載っていない 維新直後の日本』
●3月30日発売 KADOKAWA
『菜の花の道 千成屋お吟』藤原緋沙子『菜の花の道 千成屋お吟』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2022年2月の新刊(単行本)2022年4月の新刊 →

文庫●2022年3月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2022年3月上旬の新刊(1日→10日) 2022年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...