単行本★2021年3月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2021年3月の新刊(1日→末日)

2021年3月1日から3月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

伊東潤さんの『覇王の神殿 日本を造った男・蘇我馬子』
蘇我氏と物部氏の争いを描き、史上初の女帝推古天皇に、厩戸王子(聖徳太子)と、飛鳥ロマンが堪能できる古代歴史小説。“悪役”といわれることが多い蘇我馬子をいかに描くか興味深い一冊です。

熊谷達也さんの『無刑人 芦東山』
江戸時代中期、一関藩で生まれた芦東山。儒学者として引き立てられるながらも、学問所建設をめぐる騒動で藩に譴責され、24年間もの幽閉生活を送りました。刑法思想書『無刑録』を著した儒学者の生涯を描きます。

青山文平さんの『泳ぐ者』
徒目付の片岡直人はある事件の「真相」を確信しますが、最悪の事態に。折も折、耳に入る奇妙な噂。毎日決まった時刻に、冷たい大川を不恰好に泳ぐ男がいると。一体何のために? 時代ミステリー。

逢坂剛さんの『道連れ彦輔 居直り道中』
道連れ稼業の鹿角彦輔は正体不明の”美少年”を長崎まで護衛するワケありの依頼を受けました。無事遂行できるのでしょうか? 江戸の旅情が楽しめる時代小説です。

あさのあつこさんの『花下に舞う』
口入屋の隠居と若女房が殺されました。北定町廻り同心、木暮信次郎は、岡っ引、伊佐治、遠野屋清之介とともに、江戸に蔓延る闇を暴いてきます。「弥勒」シリーズ最新作。

宮部みゆきさんの『魂手形 三島屋変調百物語七之続』
江戸は神田の三島屋で行われている百物語。美丈夫の勤番武士が語る、国元の不思議な「火消し」の話をはじめ、穫れたての江戸の怪談が楽しめます。

梶よう子さんの『本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦』
幕末の江戸城下、大久保の地。泰平の世が長く続き、鉄砲同心たちは火薬の原料を転用したつつじ栽培の内職に励みました。鉄砲同心の礫家の一家を中心に繰り広げられる、温かなお江戸家族小説です。

北方謙三さんの『チンギス紀 十 星芒』
草原の覇者チンギス・カンは、従来の騎馬隊に加えて、歩兵部隊、工兵部隊を整備し、西夏の城郭へと軍を動かそうとします。新たな幕開けを予感させる、好評シリーズ第10巻。

武川佑さんの『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』
峠で茶屋の給仕をする娘・小鼓は、都から来た高僧・青蓮院義圓(のちの足利義教)が振るう刀によって、左腕を失うことになります。突如としてこの世の理不尽な渦に巻き込まれた小鼓は、義圓への復讐心を育てていきます。

★2021/03/13追記
鳴神響一さんの『風巻【しまき】: 伊豆春嵐譜』
明治7年、伊豆入間村の漁師・達吉は嵐の海から異人を救いました。〈ニール号沈没〉の悲劇の中から生まれた、国を超えた友情を描く歴史小説。

★2021/03/26追記
白井喬二さんの『小説捕物にっぽん志』
昭和の大衆文学の巨匠による、古代から明治までの奇想の捕物術史。初出から約60年を経て、初の単行本化です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●3月1日発売 講談社
『ニッポン第1号ものがたり』楠木誠一郎『ニッポン第1号ものがたり』
●3月1日発売 産経新聞出版・産経セレクト
『「違和感」の日本史』本郷和人『「違和感」の日本史』
●3月1日発売 祥伝社・祥伝社新書
『謎の九州王権』若井敏明『謎の九州王権』
●3月1日発売 文芸社
『くちなしの志士 ~淵上郁太郎の幕末~』松崎紀之介『くちなしの志士 ~淵上郁太郎の幕末~』
●3月1日発売 捕物出版
『若さま侍捕物手帖第二十六巻 卍むらさき』城昌幸『若さま侍捕物手帖第二十六巻 卍むらさき』
●3月2日発売 KADOKAWA・角川選書
『江戸のことば絵事典 『訓蒙図彙』の世界』石上阿希『江戸のことば絵事典 『訓蒙図彙』の世界』
『鎌倉仏教』平岡聡『鎌倉仏教』
●3月2日発売 ワン・パブリッシング・歴史群像シリーズ
『知る・見る・歩く! 江戸城』
→記事:時代小説、時代劇がもっと楽しめる、究極の江戸城探訪ガイド
加藤理文監修『知る・見る・歩く! 江戸城』
●3月4日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(22) 2021年 3/11 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(22) 2021年 3/11 号』
●3月4日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『歴史道 Vol.14』『歴史道 Vol.14』
●3月5日発売 PHP研究所
『歴史街道2021年4月号』『歴史街道2021年4月号』
●3月5日発売 ABCアーク
『歴史人 2021年4月号』『歴史人 2021年4月号』
●3月5日発売 朝日新聞出版
『卑弥呼とよばれた少女』森山光太郎『卑弥呼とよばれた少女』
●3月5日発売 潮出版社
『覇王の神殿 日本を造った男・蘇我馬子』伊東潤『覇王の神殿 日本を造った男・蘇我馬子』
『無刑人 芦東山』熊谷達也『無刑人 芦東山』
●3月6日発売 中央公論新社
『ワイド版 マンガ日本の古典18-太平記 上』さいとう・たかを『ワイド版 マンガ日本の古典18-太平記 上』
『ワイド版 マンガ日本の古典19-太平記 中』さいとう・たかを『ワイド版 マンガ日本の古典19-太平記 中』
『ワイド版 マンガ日本の古典20-太平記 下』さいとう・たかを『ワイド版 マンガ日本の古典20-太平記 下』
『ワイド版 マンガ日本の古典21-御伽草子』やまだ紫『ワイド版 マンガ日本の古典21-御伽草子』
『ワイド版 マンガ日本の古典22-信長公記』小島剛夕『ワイド版 マンガ日本の古典22-信長公記』
●3月6日発売 中央公論新社・中公新書ラクレ
『「失敗」の日本史』本郷和人『「失敗」の日本史』
●3月8日発売 筑摩書房・ちくま新書
『女帝の古代王権史』義江明子『女帝の古代王権史』
『血の日本思想史 ――穢れから生命力の象徴へ』西田知己『血の日本思想史 ――穢れから生命力の象徴へ』
●3月8日発売 東洋出版
『西鶴 その定説はくつがえる』水野一正『西鶴 その定説はくつがえる』
●3月9日発売 日本経済新聞出版・日経プレミアシリーズ
『お殿様の定年後』安藤優一郎『お殿様の定年後』
『絶品・日本の歴史建築[東日本編]』磯達雄、宮沢洋『絶品・日本の歴史建築[東日本編]』
●3月10日発売 イースト・プレス・イースト新書Q
『「物語」と「景観」で読む日本の城100』かみゆ歴史編集部『「物語」と「景観」で読む日本の城100』
●3月10日発売 文藝春秋
『嘘かまことか』平岩弓枝『嘘かまことか』
●3月10日発売 宝島社・宝島社新書
『武田信玄 500年目の真実』井沢元彦『武田信玄 500年目の真実』
『カラー版 鳥獣戯画の世界』上野憲示監修『カラー版 鳥獣戯画の世界』
『カラー版&重ね地図 地形と地理でわかる大江戸の謎』大石学監修『カラー版&重ね地図 地形と地理でわかる大江戸の謎』
●3月11日発売 講談社・講談社選書メチエ
『日本近現代建築の歴史 明治維新から現代まで』日埜直彦『日本近現代建築の歴史 明治維新から現代まで』
●3月11日発売 春陽堂書店
『完本 人形佐七捕物帳 八』横溝正史『完本 人形佐七捕物帳 八』
●3月11日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(23) 2021年 3/18 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(23) 2021年 3/18 号』
●3月13日発売 KADOKAWA
『小説 野性時代 第209号 2021年4月号』小説野性時代編集部編『小説 野性時代 第209号 2021年4月号』
●3月13日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『司馬遼太郎の戦国』『司馬遼太郎の戦国』
●3月15日発売 講談社
『映画ノベライズ 天外者』小松江里子『映画ノベライズ 天外者』
●3月16日発売 光文社・光文社新書
『カラー版 王室外交物語 紀元前14世紀から現代まで』君塚直隆『カラー版 王室外交物語 紀元前14世紀から現代まで』
●3月17日発売 PHP研究所・PHP新書
『若冲のひみつ 奇想の絵師はなぜ海外で人気があるのか』山口桂『若冲のひみつ 奇想の絵師はなぜ海外で人気があるのか』
●3月17日発売 幻冬舎
『方丈平家物語』伊藤俊也『方丈平家物語』
●3月17日発売 講談社・講談社現代新書
『戦争の中国古代史』佐藤信弥
『百人一首 うたものがたり』水原紫苑『百人一首 うたものがたり』
●3月17日発売 新潮社
『泳ぐ者』青山文平『泳ぐ者』
●3月17日発売 新潮社・新潮新書
『毒親の日本史』大塚ひかり『毒親の日本史』
●3月17日発売 筑摩書房・筑摩選書
『乱歩とモダン東京 ――通俗長編の戦略と方法』藤井淑禎『乱歩とモダン東京 ――通俗長編の戦略と方法』
●3月17日発売 天夢人
『日本の川 読み歩き 百冊の時代小説で楽しむ』岡村直樹『日本の川 読み歩き 百冊の時代小説で楽しむ』
●3月17日発売 集英社
『小説すばる2021年4月号』『小説すばる2021年4月号』
●3月17日発売 早川書房
『風巻【しまき】: 伊豆春嵐譜』
→記事:若き漁師達吉は命をかけて異人を助ける、ニール号沈没異聞
鳴神響一『風巻【しまき】: 伊豆春嵐譜』
●3月18日発売 朝日新聞出版
『小説 TRIPPER (トリッパー) 2021年 春号』『小説 TRIPPER (トリッパー) 2021年 春号』
●3月18日発売 文藝春秋・文春新書
『三国志入門』宮城谷昌光『三国志入門』
●3月18日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(24) 2021年 3/25 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(24) 2021年 3/25 号』
●3月19日発売 講談社・講談社ノベルス
『QED 源氏の神霊』高田崇史『QED 源氏の神霊』
●3月20日発売 中央公論新社
『歌麿春画で江戸かなを学ぶ』車浮代『歌麿春画で江戸かなを学ぶ』
●3月20日発売 中央公論新社・中公新書
『歴代天皇総覧 増補版-皇位はどう継承されたか』笠原英彦『歴代天皇総覧 増補版-皇位はどう継承されたか』
『古代日本の官僚-天皇に仕えた怠惰な面々』虎尾達哉『古代日本の官僚-天皇に仕えた怠惰な面々』
●3月20日発売 捕物出版
『小説 捕物にっぽん志』
→記事:大衆文学巨匠による奇想の捕物術史、60年経て初の単行本化
白井喬二『小説 捕物にっぽん志』
●3月22日発売 祥伝社
『小説NON 2021年 04 月号』『小説NON 2021年 04 月号』
●3月22日発売 朝日新聞出版
『【ビジュアル版鑑賞ガイド】地形がわかる東海道五十三次』大石学監修『【ビジュアル版鑑賞ガイド】地形がわかる東海道五十三次』
●3月22日発売 毎日新聞出版
『道連れ彦輔 居直り道中』逢坂剛『道連れ彦輔 居直り道中』
●3月22日発売 講談社
『小説現代 2021年 04 月号』『小説現代 2021年 04 月号』
●3月22日発売 新潮社
『小説新潮 2021年 04 月号』『小説新潮 2021年 04 月号』
●3月24日発売 光文社
『花下に舞う』あさのあつこ『花下に舞う』
●3月24日発売 講談社
『危機の日本史 近代日本150年を読み解く』佐藤優、富岡幸一郎『危機の日本史 近代日本150年を読み解く』
●3月25日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(25) 2021年 4/1 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(25) 2021年 4/1 号』
●3月26日発売 KADOKAWA
『魂手形 三島屋変調百物語七之続』宮部みゆき『魂手形 三島屋変調百物語七之続』
●3月26日発売 集英社
『本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦』梶よう子『本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦』
『チンギス紀 十 星芒』北方謙三『チンギス紀 十 星芒』
●3月26日発売 新潮社
『謎解き 鳥獣戯画』芸術新潮編集部編『謎解き 鳥獣戯画』
『やまとかたり: 古事記をうたう』大小田さくら子『やまとかたり: 古事記をうたう』
●3月26日発売 文学通信
『日本の歴史を問いかける: 山形県〈庄内〉からの挑戦』地方史研究協議会編『日本の歴史を問いかける: 山形県〈庄内〉からの挑戦』
●3月26日発売 文藝春秋
『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』
→記事:「2021年3月の新刊(単行本)」をアップ
→記事:万人恐怖の将軍と隻腕の天才兵法少女が、室町の戦場を駆ける
武川佑『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2021年2月の新刊(単行本)2021年4月の新刊 →

文庫●2021年3月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年3月上旬の新刊(1日→10日) 2021年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています...