単行本★2021年2月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2021年2月の新刊(1日→末日)

2021年2月1日から2月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

吉川永青さんの『ぜにざむらい』
金もうけが大好きで、戦はめっぽう強く、伊達政宗を打ち破ったこともあります。蒲生氏、上杉氏に仕えた、武将、岡左内の痛快な半生を描いた長編。

夏山かほるさんの『源氏五十五帖』
昨年、第11回日経小説大賞受賞した『新・紫式部日記』の続編。「源氏物語」に残された最大の謎に迫ります。

佐藤賢一さんの『日蓮』
日蓮生誕800年。変地異や疫病、飢饉……災難が続く鎌倉中期、苦しむ民を救うため、権力者たちと戦い続けた、日蓮の半生を描いた長編。

天津佳之さんの『利生の人 尊氏と正成』
第12回日経小説大賞受賞作。足利尊氏、楠木正成、そして後醍醐天皇の三人を中心に、鎌倉末期から南北朝時代へ移る混沌とした世を描く人間ドラマ。

岩井三四二さんの『田中家の三十二万石』
貧しい百姓から、運と度胸と冷静さで筑後三十二万石の大名へと出世していく田中吉政。戦国武将で関ヶ原の戦いでは東軍に属して、戦後、筑後一国柳川城を与えられ、国持ち大名となりましたが、歴史小説では地味な存在で脇役に甘んじています。

畠中恵さんの『いわいごと』
江戸町名主の跡取り息子・高橋麻之助のもとに縁談が三つも舞い込みました。しかし、どの縁談も妙なところがあるようで……。果たして縁談の行方は!? 『まんまこと』シリーズ第8弾。

山本一力さんの『湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳』
家宝の天眼鏡で謎を見通す。お江戸日本橋を舞台に知恵と人情で謎を解く、村田屋長兵衛が活躍する、江戸人情ミステリ待望の第2弾。

坂井希久子さん著、柳家喬太郎さん監修の『小説 品川心中』
気鋭の作家が、古典落語を小説化するシリーズ第5作。心中ものの代表的な咄のひとつ『品川心中』。主人公・お染は、もともと板頭とよばれる最上位の遊女であったが、加齢には勝てず板頭でなくなり、心中をしようと考えます。

★2021/04/29追記
伊吹亜門さんの『雨と短銃』
2019年、デビュー作『刀と傘』で第19回本格ミステリ大賞を受賞した著者の長編時代ミステリー。幕末の京都、尾張藩士と坂本龍馬が薩長協約を揺るがす、ひとつの不可能犯罪を追います。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

>

●2月1日発売 小学館・小学館新書
『病気の日本近代史: 幕末からコロナ禍まで』秦郁彦『病気の日本近代史: 幕末からコロナ禍まで』
●2月1日発売 捕物出版
『若さま侍捕物手帖第二十五巻 おぼろ草紙』城昌幸『若さま侍捕物手帖第二十五巻 おぼろ草紙』
●2月2日発売 KADOKAWA
『乃公出でずんば 渋沢栄一伝』北康利『乃公出でずんば 渋沢栄一伝』
●2月4日発売 エムディエヌコーポレーション ・MdN新書
『歪められた江戸時代』古川愛哲『歪められた江戸時代』
●2月4日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(18) 2021年 2/11 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(18) 2021年 2/11 号』
●2月4日発売 JTBパブリッシング・JTBのムック
『NHK大河ドラマスペシャル るるぶ青天を衝け』『NHK大河ドラマスペシャル るるぶ青天を衝け』
●2月5日発売 PHP研究所
『歴史街道2021年3月号』『歴史街道2021年3月号』
●2月5日発売 ABCアーク
『歴史人 2021年3月号』『歴史人 2021年3月号』
●2月5日発売 集英社インターナショナル・インターナショナル新書
『明治十四年の政変』久保田哲『明治十四年の政変』
●2月5日発売 朝日新聞出版
『ぜにざむらい』吉川永青『ぜにざむらい』
●2月6日発売 SBクリエイティブ・SB新書
『新説の日本史』亀田俊和、河内春人他『新説の日本史』
●2月6日発売 中央公論新社
『胡蝶は夢なのか-知っておきたい中国故事』佐藤利行、越智光夫『胡蝶は夢なのか-知っておきたい中国故事』
『文明の庫 I 静止から運動へ』芳賀徹『文明の庫 I 静止から運動へ』
『文明の庫 II 夷狄の国へ』芳賀徹『文明の庫 II 夷狄の国へ』
●2月9日発売 文藝春秋・文春ムック
『文春ムック 渋沢栄一 道徳的であることが最も経済的である』鹿島茂編著『文春ムック 渋沢栄一 道徳的であることが最も経済的である』
『コミック新選組血風録』司馬遼太郎著、森秀樹イラスト『コミック新選組血風録』
●2月10日発売 幻冬舎
『渋沢栄一『論語と算盤』を読む』原口泉『渋沢栄一『論語と算盤』を読む』
●2月10日発売 朝日新聞出版・朝日選書
『人がつなぐ源氏物語』伊井春樹『人がつなぐ源氏物語』
●2月10日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(19) 2021年 2/18 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(19) 2021年 2/18 号』
●2月11日発売 日本経済新聞出版
『源氏五十五帖』
→記事:「2021年2月の新刊(単行本)」をアップ
→記事:藤原道長の命運を握る「源氏物語」幻の一帖を求めて
夏山かほる『源氏五十五帖』
●2月12日発売 講談社・講談社選書メチエ
『『論語』 孔子の言葉はいかにつくられたか』渡邉義浩『『論語』 孔子の言葉はいかにつくられたか』
●2月13日発売 KADOKAWA
『小説 野性時代 第208号 2021年3月号』小説野性時代編集部編集『小説 野性時代 第208号 2021年3月号』
●2月16日発売 新潮社
『日蓮』佐藤賢一『日蓮』
●2月16日発売 光文社・光文社新書
『渋沢栄一に学ぶ大転換期の乗り越え方』田口佳史『渋沢栄一に学ぶ大転換期の乗り越え方』
●2月17日発売 双葉社
『鬼人幻燈抄 明治編 夏宵蜃気楼』中西モトオ『鬼人幻燈抄 明治編 夏宵蜃気楼』
●2月18日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(20) 2021年 2/25 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(20) 2021年 2/25 号』
●2月19日発売 講談社
『走れ、若き五右衛門』小嵐九八郎『走れ、若き五右衛門』
●2月19日発売 日本経済新聞出版
『利生の人 尊氏と正成』
→記事:「利生」の国を成すために戦う後醍醐帝と正成、そして尊氏
天津佳之『利生の人 尊氏と正成』
●2月19日発売 文藝春秋・文春新書
『歴史探偵 忘れ残りの記』半藤一利『歴史探偵 忘れ残りの記』
●2月20日発売 中央公論新社
『大名の「定年後」-江戸の物見遊山』青木宏一郎『大名の「定年後」-江戸の物見遊山』
●2月20日発売 中央公論新社・中公新書
『日本の歴史的建造物-社寺・城郭・近代建築の保存と活用』光井渉『日本の歴史的建造物-社寺・城郭・近代建築の保存と活用』
●2月20日発売 捕物出版
『浜野晋介捕物控』
→記事:幕末横浜を舞台にした捕物小説。作者の正体不明のミステリ
楠田稔『浜野晋介捕物控』
●2月22日発売 祥伝社
『小説NON 2021年 03 月号』『小説NON 2021年 03 月号』
●2月22日発売 鳥影社
『清親の百五日』碧居泰守『清親の百五日』
●2月22日発売 文藝春秋
『オール讀物2021年3・4月合併号』『オール讀物2021年3・4月合併号』
●2月22日発売 光文社
『小説宝石 2021年3 月号』『小説宝石 2021年3 月号』
●2月22日発売 新潮社
『小説新潮 2021年 03 月号』『小説新潮 2021年 03 月号』
●2月22日発売 講談社
『小説現代 2021年 03 月号』『小説現代 2021年 03 月号』
●2月22日発売 東京創元社・ミステリ・フロンティア
『雨と短銃』伊吹亜門『雨と短銃』
●2月23日発売 光文社
『図解版 日本史は逆から学べ』河合敦『図解版 日本史は逆から学べ』
●2月23日発売 光文社
『田中家の三十二万石』
→記事:戦国武将の最終兵器、百姓から三十二万石の大名に成り上がり
岩井三四二『田中家の三十二万石』
●2月25日発売 文藝春秋
『帝国の弔砲』佐々木譲『帝国の弔砲』
『いわいごと』畠中恵『いわいごと』
●2月25日発売 小学館
『週刊ニッポンの浮世絵100(21) 2021年 3/4 号』『週刊ニッポンの浮世絵100(21) 2021年 3/4 号』
●2月26日発売 KADOKAWA
『湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳』山本一力『湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳』
●2月26日発売 二見書房
『小説 品川心中』坂井希久子著、柳家喬太郎監修『小説 品川心中』
●2月27日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2021年 03 月号』『小説幻冬 2021年 03 月号』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2021年1月の新刊(単行本)2021年3月の新刊 →

文庫●2021年2月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年2月上旬の新刊(1日→10日) 2021年2月1日から2月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています...