スポンサーリンク

文庫●2023年1月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2023年1月中旬の新刊(11日→20日)

2023年1月11日から1月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

PHP文芸文庫
五十嵐貴久さんの『天保十四年のキャリーオーバー』
天保十四年。七代目市川團十郎は、自分を追放した南町奉行・鳥居耀蔵への復讐に燃えていました。團十郎と同じく鳥居への復讐を誓う鶴松ととその仲間から、ある計画を聞きます。鳥居は富くじの裏で百万両を溜め込んでいるらしく、それを根こそぎ奪おうというものでした。果たしてその方法とは? 一気読み必至の時代エンターテインメント。

植松三十里さんの『帝国ホテル建築物語』
1923年に完成した帝国ホテル二代目本館は、通称「ライト館」と呼ばれる“世界一美しいホテル”として絶賛された名建築です。完成までの道のりは、想像を絶するものがありました。二十世紀を代表する米国人建築家、フランク・ロイド・ライトによる飽くなきこだわり、現場との対立、難航する作業、襲い来る天災……。ライト館の建築に懸けた者たちの熱い闘いを描いた、長編小説。

双葉文庫
門井慶喜さんの『自由は死せず (上)(下)』
土佐藩の上級武士の家に生まれ、若い頃は時世に興味がなかった板垣退助。藩主山内容堂に”最悪”と評された男は、幕末の動乱を経て武器を捨て、言論で生きる道を歩みます。「誰もが政治に参加できる世の中に!」と主張し、自由民権運動を推し進めた板垣退助。西郷隆盛、江藤新平、後藤象二郎らと幕末維新を駆け抜けた波乱万丈の生涯を描きます。

馳月基矢さんの『拙者、妹がおりまして(8)』
鼠小僧が江戸に舞い戻り、不正な金を懐にしている奸賊から盗みを働きました。勇実の筆子たちは、鼠小僧に憧れ、勢い込んで自分たちの「身近な不正」を暴こうといきり立ちます。他愛もない探索ごっこでしたが、勇実も龍治も痛くもない腹を探られて苦笑しきり。ところが、勇実にしても龍治にしても、このところドギマギすることが。筆子たちの活躍で、さらに恋模様が進むシリーズ第8弾

徳間文庫
新美健さんの『満洲コンフィデンシャル』
昭和十五年、海軍を追われ満鉄調査部に飛ばされてきた、元士官候補生・湊春雄は大連港に到着しました。彼にはあの甘粕正彦を内偵するという秘密任務が与えられていました。阿片、映画、革命運動…幻の理想郷・満洲国を舞台に華やかな夢と権謀術数が渦巻くノンストップ冒険特務大活劇。

時代小説文庫
坂井希久子さんの『市松師匠幕末ろまん 黒髪』
駕籠屋「瓢屋」の三女であるおりんには三味線で身を立てるという密かな夢がありました。そのために師事する市松師匠は腕前はもちろん、その名の通り人形のように白く整った顔をした絶世の美女で、おりんの憧れの的。ところが、ある日の稽古帰り、忘れ物を取りに稽古場へ戻ったおりんは想像だにしない事態を目にします……。謎が謎を呼ぶシリーズ第1弾。

講談社文庫
矢野隆、木下昌輝 他さんの『風雲 戦国アンソロジー』
黒田官兵衛、前田利家、松永久秀……、野望うずまく乱世を描く、傑作小説集
矢野隆さん、木下昌輝さん、天野純希、武川佑さん、澤田瞳子さん、今村翔吾さんという、第一線で活躍する歴史時代小説家の競演が楽しめます。
本書は単行本『戦国の教科書』収録の短編小説を再録したアンソロジーです。

上田秀人、稲田幸久他さんの『どうした、家康』
幼少で母と生き別れ、少年時代は人質として各地を転々とした徳川家康。戦国の世を勝ち抜き、天下人として幕府を開くまでに、何度も訪れる人生の節目で、都度難しい選択を迫られました。歴史時代小説の精鋭13人が趣向を凝らす、歴史改変もありの文庫オリジナル超短編集。

中公文庫
坂岡真さんの『うぽっぽ同心終活指南(一)』
臨時廻り同心の長尾勘兵衛は、還暦になった今も江戸市中を歩きまわっていました。同年配の同心たちはほとんど隠居したが“うぽっぽ”は変わらず、弱者のために一命を惜しみません。十数年前に島送りとなった男の帰りを娘に伝えるか逡巡していた勘兵衛は、偶さか居合わせた若い侍から自身の潔白を訴える最期のことばを託され……。傑作捕物帳、新章開幕。

潮文庫
鷹井伶さんの『家康さまの薬師』
幼いころに徳川家康の家臣・服部半蔵に命を救われた瑠璃。その時、半蔵が見せた薬草の使い方に興味を持ち、師匠から本草学の書籍をもらい受け、薬師になる夢を膨らませます。その後、家康の祖母に小間使いとして仕え、本草学の知識を生かして体に良い茶を煎じる日々を過ごします。半蔵もそんな瑠璃を気にかけ、何度も様子を見に来ていました。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●1月11日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『天保十四年のキャリーオーバー』
→記事:「2023年1月中旬の新刊(文庫)」をアップ
五十嵐貴久『天保十四年のキャリーオーバー』
『帝国ホテル建築物語』植松三十里『帝国ホテル建築物語』
●1月11日発売 宝島社・宝島SUGOI文庫
『「日本史」の最新裏常識 目からウロコの100』日本史研究会『「日本史」の最新裏常識 目からウロコの100』
●1月11日発売 光文社・光文社文庫
『未決 吉原裏同心(19) 決定版』佐伯泰英『未決 吉原裏同心(19) 決定版』
『髪結 吉原裏同心(20) 決定版』佐伯泰英『髪結 吉原裏同心(20) 決定版』
『ふたり道 父子十手捕物日記』鈴木英治『ふたり道 父子十手捕物日記』
『獄門待ち 隠密船頭(十)』稲葉稔『獄門待ち 隠密船頭(十)』
●1月12日発売 双葉社・双葉文庫
『自由は死せず (上)』門井慶喜『自由は死せず (上)』
『自由は死せず (下)』門井慶喜『自由は死せず (下)』
『後宮の花は偽りでつなぐ』天城智尋『後宮の花は偽りでつなぐ』
『口入屋用心棒(49) 隠し船の館』鈴木英治『口入屋用心棒(49) 隠し船の館』
『新・知らぬが半兵衛手控帖(18) お多福』藤井邦夫『新・知らぬが半兵衛手控帖(18) お多福』
『拙者、妹がおりまして(8)』
→記事:千紘を嫉妬させる新キャラ登場。勇実と菊香の仲も急進展!?
馳月基矢『拙者、妹がおりまして(8)』
『若さま同心 徳川竜之助【十三】 最後の剣<新装版>』風野真知雄『若さま同心 徳川竜之助【十三】 最後の剣<新装版>』
『浪人若さま 新見左近 決定版 【十】 江戸城の闇』佐々木裕一『浪人若さま 新見左近 決定版 【十】 江戸城の闇』
●1月12日発売 大和書房・だいわ文庫
『徳川15代の通信簿』小和田哲男『徳川15代の通信簿』
●1月12日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『朝鮮の膳/朝鮮陶磁名考』浅川巧『朝鮮の膳/朝鮮陶磁名考』
●1月12日発売 徳間書店・徳間文庫
『大久保家の人びと 直参旗本の娘の結婚』井川香四郎『大久保家の人びと 直参旗本の娘の結婚』
『義輝異聞 将軍の星 〈新装版〉』宮本昌孝『義輝異聞 将軍の星 〈新装版〉』
『満洲コンフィデンシャル』新美健『満洲コンフィデンシャル』
●1月13日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『はぐれ奉行 龍虎の剣 呪いの館』早見俊『はぐれ奉行 龍虎の剣 呪いの館』
『同心若さま 流星剣 無敵の本所三人衆』中岡潤一郎『同心若さま 流星剣 無敵の本所三人衆』
『あかね淫法帖 片恋の果てに』睦月影郎『あかね淫法帖 片恋の果てに』
『鬼辰閻魔帳 仕置きの花道』沢里裕二『鬼辰閻魔帳 仕置きの花道』
●1月13日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『日雇い浪人生活録(十四) 金の足掻』上田秀人『日雇い浪人生活録(十四) 金の足掻』
『菖蒲ちまき 木挽町芝居茶屋事件帖』篠綾子『菖蒲ちまき 木挽町芝居茶屋事件帖』
●1月13日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『番所医はちきん先生 休診録五 悪い奴ら』井川香四郎『番所医はちきん先生 休診録五 悪い奴ら』
『市松師匠幕末ろまん 黒髪』坂井希久子『市松師匠幕末ろまん 黒髪』
『花人始末 椿の花嫁』和田はつ子『花人始末 椿の花嫁』
●1月13日発売 講談社・講談社学術文庫
『中国の神話 神々の誕生』貝塚茂樹『中国の神話 神々の誕生』
『独立のすすめ 福沢諭吉演説集』小川原正道編『独立のすすめ 福沢諭吉演説集』
●1月13日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『第六天魔王信長 消されたキリシタン王国』加治将一『第六天魔王信長 消されたキリシタン王国』
『桜の下で 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『桜の下で 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『十日えびす 〈新装版〉』宇江佐真理『十日えびす 〈新装版〉』
●1月13日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『文物に現れた北朝隋唐の仏教』礪波護『文物に現れた北朝隋唐の仏教』
●1月14日発売 KADOKAWA・富士見L文庫
『帝都の鶴 優しき婚約者と薔薇屋敷の謎』崎浦和希『帝都の鶴 優しき婚約者と薔薇屋敷の謎』
『平安後宮占菓抄 恋より甘いものが欲しい占い師、求婚される』藤宮彩貴『平安後宮占菓抄 恋より甘いものが欲しい占い師、求婚される』
●1月17日発売 講談社・講談社文庫
『風雲 戦国アンソロジー』矢野隆、木下昌輝 他『風雲 戦国アンソロジー』
『祟り神 怪談飯屋古狸』輪渡颯介『祟り神 怪談飯屋古狸』
『霊獣紀 蛟龍の書(上)』篠原悠希『霊獣紀 蛟龍の書(上)』
『すらすら読める源氏物語(上)』瀬戸内寂聴『すらすら読める源氏物語(上)』
『どうした、家康』上田秀人、稲田幸久他『どうした、家康』
『漫画版 徳川家康 1』横山光輝著、山岡荘八原著『漫画版 徳川家康 1』
『絞首商會』夕木春央『絞首商會』
●1月18日発売 河出書房新社・KAWADE夢文庫
『消えた地名から読む世界史』内藤博文『消えた地名から読む世界史』
●1月20日発売 彩図社
『本当にヤバい中世ヨーロッパの暗黒時代』歴史ミステリー研究会編『本当にヤバい中世ヨーロッパの暗黒時代』
●1月20日発売 集英社・集英社オレンジ文庫
『仮面後宮 女東宮の誕生』松田志乃ぶ『仮面後宮 女東宮の誕生』
●1月20日発売 集英社・集英社文庫
『国盗り合戦 1』稲葉稔『国盗り合戦 1』
『遠の眠りの』谷崎由依『遠の眠りの』
『新しい光 めおと相談屋奮闘記』野口卓『新しい光 めおと相談屋奮闘記』
●1月20日発売 中央公論新社・中公文庫
『剣神 風を斬る-神夢想流林崎甚助4』岩室忍『剣神 風を斬る-神夢想流林崎甚助4』
『華国神記1-名を盗られし神は少女となりて』九条菜月『華国神記1-名を盗られし神は少女となりて』
『うぽっぽ同心終活指南(一)』坂岡真『うぽっぽ同心終活指南(一)』
●1月20日発売 潮出版社・潮文庫
『家康さまの薬師』鷹井伶『家康さまの薬師』

↑ 新刊情報Topへ← 2023年1月の新刊 上(1日→10日)2023年1月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2023年1月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年1月の新刊(1日→末日) 2023年1月1日から1月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...