スポンサーリンク

文庫●2023年1月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2023年1月上旬の新刊(1日→10日)

2023年1月1日から1月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

文春文庫
畠中恵さんの『わが殿 上』
畠中恵さんの『わが殿 下』
幕末期、ほとんどの藩が財政赤字に喘ぐ中、大野藩も例外ではありません。
藩主・土井利忠は、様々な藩政改革を断行し、多額の借金を抱える藩財政を立て直そうと考えます。その執行役として白羽の矢が立てられたのが、若干八十石の内山家の長男である七郎右衛門良休。
四歳年下の殿の人柄と才覚に惚れきった七郎右衛門は、己の生涯を懸けて利忠と向き合い、時には反発しながらも、大野藩の再生に奔走します。
『しゃばけ』『まんまこと』の著者が初めて実在の人物を描いた新感覚の歴史小説です。

夢枕獏さんの『陰陽師 鼻の上人』
妙法寺の僧、善智内供の悩みは、顎の下まで垂れ下がる、赤く腫れた長い鼻。ある時、蘆屋道満が連れて来た女童が、その鼻を吸って吐き出せば、九十九匹の色とりどりの虫が出てくる、出てきました。道満いわく「百に、あと一匹足りぬ」と。
晴明と博雅のシリーズ百本目を寿ぐ、神と人と眷族の優しい物語です。
村上豊さん追悼の「文庫あとがき」も収録。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●1月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『雛嫁 若松賤子と巌本善次の青春』田所茉莉『雛嫁 若松賤子と巌本善次の青春』
●1月1日発売 文芸社
『方斎の秘薬 家康の謀』今成訪『方斎の秘薬 家康の謀』
●1月4日発売 文藝春秋・文春文庫
『荒ぶるや 空也十番勝負(九)』佐伯泰英『荒ぶるや 空也十番勝負(九)』
『耳袋秘帖 南町奉行と犬神の家』風野真知雄『耳袋秘帖 南町奉行と犬神の家』
『陰陽師 鼻の上人』夢枕獏『陰陽師 鼻の上人』
『わが殿 上』
→記事:「2023年1月上旬の新刊(文庫)」をアップ
畠中恵『わが殿 上』
『わが殿 下』畠中恵『わが殿 下』
『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇』出口治明『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇』
『ずばり池波正太郎』里中哲彦『ずばり池波正太郎』
●1月4日発売 ポプラ社・ポプラ文庫ピュアフル
『今昔ばけもの奇譚 五代目晴明と五代目頼光、百鬼夜行に挑むこと』峰守ひろかず『今昔ばけもの奇譚 五代目晴明と五代目頼光、百鬼夜行に挑むこと』
●1月6日発売 河出書房新社・河出文庫
『完本 チャンバラ時代劇講座 1』橋本治『完本 チャンバラ時代劇講座 1』
『完本 チャンバラ時代劇講座 2』橋本治『完本 チャンバラ時代劇講座 2』
●1月6日発売 小学館・小学館文庫
『北斗』遠藤遼『北斗』
●1月10日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『牧野富太郎の恋』長尾剛『牧野富太郎の恋』
『家康の軍師 (3) 白虎の巻』岩室忍『家康の軍師 (3) 白虎の巻』
『家康の軍師 (4) 玄武の巻』岩室忍『家康の軍師 (4) 玄武の巻』
●1月11日発売 宝島社・宝島SUGOI文庫
『「日本史」の最新裏常識 目からウロコの100』日本史研究会『「日本史」の最新裏常識 目からウロコの100』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年12月の新刊 下(21日→月末)2023年1月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2023年1月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年1月の新刊(1日→末日) 2023年1月1日から1月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...