スポンサーリンク

文庫●2021年12月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年12月上旬の新刊(1日→10日)

2021年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

高橋直樹さんの『北条義時 我、鎌倉にて天運を待つ』が、潮文庫から出ます。
鎌倉武士を活写した中短編集『鎌倉擾乱』で中山義秀文学賞を受賞した、歴史小説の名手による、大河ドラマの主人公北条義時を描く、書き下ろし長編。

実業之日本社文庫の新刊、平谷美樹さんの『柳は萌ゆる』は、幕末維新の動乱に立ち向かった盛岡藩の若き家老楢山佐渡の激烈なる生きざまを描く歴史長編。盛岡藩にもこんな傑物がいたんですねえ。

文芸社文庫からは、白蔵盈太さんの『討ち入りたくない内蔵助』が出ます。
松の廊下刃傷事件の目撃者として、浅野内匠頭と吉良上野介の間に入ってしまった男、梶川与惣兵衛を描いた、『あの日、松の廊下で』で注目を集めた著者の、待望の第2作。

文春文庫の新刊にも注目しています。

葉室麟さんの『約束』
平成の高校生が明治六年に転生し、維新直後を生きる青年らの体に入り込むという、エキサイティングな未発表小説が、いきなり文庫で登場します。

田牧大和さんの『古道具おもかげ屋』
古道具「おもかげ屋」店主の柚之助はめっぽういい男だが古道具にしか興味がない。商いに精を出さずに、古道具にまつわる客の「困りごと」を解決してくれると江戸で噂です。
金子成人さんの『付添い屋・六平太 河童の巻 噛みつき娘』小学館文庫から刊行されます。
材木商の娘らが徒党を組む「いかず連」に付添うことになった六平太。その会食の席に酔った若侍が乗り込み、狼藉を働きます。意趣返しを警戒した六平太は若侍に接触することに……。

徳間文庫からは、六道慧さんの『新・御算用日記 美なるを知らず』が出ます。
経理に明るい若き侍・生田数之進は幕府の御算用者で、身分を隠して諸藩に勘定方として入り込んで内情を探る役目を持っています。人気シリーズ「御算用日記」の生田数之進が再始動します。

幻冬舎時代小説文庫の新刊では、杉山大二郎さんの『信長の血涙』が気になります。
「俺に力を貸せ! この地獄の世を、新しき天下に変えるのだ」涙もろく情に厚い熱血、若き日のまったく新しい織田信長を描く歴史長編。『嵐を呼ぶ男!』を全改題し、大幅改稿して文庫化したもの。

祥伝社文庫から出る、有馬美季子さんの『つごもり淡雪そば 冬花の出前草紙』
「はないちもんめ」と「はたご雪月花」で、第10回日本歴史時代小説協会賞シリーズ賞(文庫書き下ろし)を受賞した著者の、新「江戸人情料理帖」シリーズ。美人女将冬花のおもてなしで、寒い冬にほっこり。

今月は、ハヤカワ時代ミステリ文庫からも新刊が出ます。

鷹井伶さんの『天下小僧壱之助 五宝争奪』
義経の弓矢、信長の髑髏水晶、淀殿の涙、独眼竜の虎目石、天草四郎の観音。義賊天下小僧と美しき仇敵が五つの宝をめぐって対決するエンタメ時代小説。アオジマイコさんの表紙装画にもそそられます。

伍代圭佑さんの『江戸留守居役 浦会 火盗対浦会』
秘かに江戸の治安を守る〈浦会〉と決別した高瀬桜之助は、白河の世を騒がす似せ絵の怪に巻き込まれ、火盗と対立することになりました。シリーズ第2弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『蓮華 仏を探す』佐藤正幸『蓮華 仏を探す』
『家康公にえどの地を教えた男』秋山芳雄『家康公にえどの地を教えた男』
●12月3日発売 PHP研究所・PHP文庫
『邪馬台国とヤマト建国の謎』関裕二『邪馬台国とヤマト建国の謎』
『日本人だけが知らない「本当の世界史」古代編』倉山満『日本人だけが知らない「本当の世界史」古代編』
●12月3日発売 潮出版社・潮文庫
『北条義時 我、鎌倉にて天運を待つ』高橋直樹『北条義時 我、鎌倉にて天運を待つ』
●12月3日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『柳は萌ゆる』平谷美樹『柳は萌ゆる』
『北町奉行所前腰掛け茶屋 朝月夜』吉田雄亮『北町奉行所前腰掛け茶屋 朝月夜』
●12月4日発売 河出書房新社・河出文庫
『四天王寺の鷹 ; 謎の秦氏と物部氏を追って』谷川健一『四天王寺の鷹 ; 謎の秦氏と物部氏を追って』
『戦国の日本語 ; 五百年前の読む・書く・話す』今野真二『戦国の日本語 ; 五百年前の読む・書く・話す』
●12月5日発売 文芸社・文芸社文庫
『討ち入りたくない内蔵助』
→記事:本当は討ち入りしたくなかった!? 忠臣・大石内蔵助を描く
白蔵盈太『討ち入りたくない内蔵助』
●12月7日発売 文藝春秋・文春文庫
『約束』
→記事:「2021年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ
葉室麟『約束』
『未だ行ならず 上 空也十番勝負(五)決定版』佐伯泰英『未だ行ならず 上 空也十番勝負(五)決定版』
『未だ行ならず 下 空也十番勝負(五)決定版』佐伯泰英『未だ行ならず 下 空也十番勝負(五)決定版』
『古道具おもかげ屋』田牧大和『古道具おもかげ屋』
『凶状持 新・秋山久蔵御用控(十ニ)』藤井邦夫『凶状持 新・秋山久蔵御用控(十ニ)』
『耳袋秘帖 南町奉行と深泥沼』風野真知雄『耳袋秘帖 南町奉行と深泥沼』
『江戸 うまいもの歳時記』青木直己『江戸 うまいもの歳時記』
●12月7日発売 文藝春秋・文春学藝ライブラリー
『新版 頼朝の時代 1180年代内乱史』河内祥輔『新版 頼朝の時代 1180年代内乱史』
●12月7日発売 小学館・小学館文庫
『桃殿の姫、鬼を婿にすること 暁の巻』深山くのえ『桃殿の姫、鬼を婿にすること 暁の巻』
『蟲愛づる姫君 王子は暁に旅立つ』宮野美嘉『蟲愛づる姫君 王子は暁に旅立つ』
『付添い屋・六平太 河童の巻 噛みつき娘』金子成人『付添い屋・六平太 河童の巻 噛みつき娘』
●12月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『源頼朝の世界』永井路子『源頼朝の世界』
『新年の二つの別れ 新装版』池波正太郎『新年の二つの別れ 新装版』
『一年の風景 新装版』池波正太郎『一年の風景 新装版』
●12月8日発売 徳間書店・徳間文庫
『新・御算用日記 美なるを知らず』六道慧『新・御算用日記 美なるを知らず』
『麗しき花実』乙川優三郎『麗しき花実』
●12月9日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『鰻と甘酒 居酒屋お夏 春夏秋冬』岡本 さとる『鰻と甘酒 居酒屋お夏 春夏秋冬』
『狐の眉刷毛 小烏神社奇譚』篠綾子『狐の眉刷毛 小烏神社奇譚』
『番所医はちきん先生 休診録二 眠らぬ猫』井川香四郎『番所医はちきん先生 休診録二 眠らぬ猫』
『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ 春の炎』山本巧次『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ 春の炎』
『光と風の国で お江戸甘味処 谷中はつねや』倉阪鬼一郎『光と風の国で お江戸甘味処 谷中はつねや』
『儚き名刀 義賊・神田小僧』小杉健治『儚き名刀 義賊・神田小僧』
『信長の血涙』
→記事:荒れ果てた戦国を変えようと熱き涙を流す、若き日の織田信長
杉山大二郎『信長の血涙』
●12月9日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『ピースメーカー 天海』波多野聖『ピースメーカー 天海』
●12月9日発売 東京創元社・創元推理文庫
『妖怪の子、育てます』廣嶋玲子『妖怪の子、育てます』
●12月9日発売 講談社・講談社学術文庫
『自然真営道』安藤昌益『自然真営道』
『砂漠と草原の遺宝 中央アジアの文化と歴史』香山陽坪『砂漠と草原の遺宝 中央アジアの文化と歴史』
●12月10日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『初代北町奉行 米津勘兵衛 臥月の竜』岩室忍『初代北町奉行 米津勘兵衛 臥月の竜』
『つごもり淡雪そば 冬花の出前草紙』有馬美季子『つごもり淡雪そば 冬花の出前草紙』
『冗談じゃねえや(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『冗談じゃねえや(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
『冗談じゃねえや(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『冗談じゃねえや(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
●12月10日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『日本人なら知っておきたい 日本史の授業』金谷俊一郎『日本人なら知っておきたい 日本史の授業』
●12月10日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『花売り剣客 罪深き刃』八神淳一
『お助け同心 尾形左門次』笹沢左保『お助け同心 尾形左門次』
『ぶらり平蔵 剣客参上【決定版】 (第1巻) 』吉岡道夫『ぶらり平蔵 剣客参上【決定版】 (第1巻) 』
『ぶらり平蔵 魔刃疾る【決定版】 (第2巻)』吉岡道夫『ぶらり平蔵 魔刃疾る【決定版】 (第2巻)』
●12月10日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『天下小僧壱之助 五宝争奪』
→記事:天下を求める英傑たちゆかりの五宝を狙う、義賊天下小僧
鷹井伶『天下小僧壱之助 五宝争奪』
『江戸留守居役 浦会 火盗対浦会』
→記事:江戸を震撼させる怪事をめぐり、対峙する桜之助と長谷川平蔵
伍代圭佑『江戸留守居役 浦会 火盗対浦会』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年11月の新刊 下(21日→月末)2021年12月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2021年12月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年12月の新刊(1日→末日) 2021年12月1日から12月12月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細...