文庫●2021年6月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年6月中旬の新刊(11日→20日)

2021年6月11日から6月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

祥伝社文庫からは、岩室忍さんの『初代北町奉行 米津勘兵衛 満月の奏』が出ます。
家康が直々に奉行に任じた男、米津勘兵衛を主人公に描く、捕物小説シリーズ第2弾。
押込むや皆殺しにして火を放つという凶悪な盗賊「鬼火の紀左衛門」の一網打尽の策を練る、勘兵衛。

今月は、講談社文庫の新刊に注目しています。

上田秀人さんの『要訣 百万石の留守居役(十七)』
加賀百万石の留守居役・瀬能数馬が、各藩留守居役との駆け引きをして成長していく人気シリーズの第17弾は、最終巻。加賀百万石の筆頭宿老・本多政長は将軍・徳川綱吉に謁見後もなお、江戸に留まっていることから、さらなる騒動が……。

浅田次郎さんの『天子蒙塵 3』『天子蒙塵 4』
政争に敗れ欧州に渡った張学良が帰国の途につきます。一方、満洲国皇帝に即位する日を待ち望む溥儀の心中は? 「蒼穹の昴」シリーズ第5部。

矢野隆さんの『戦百景 長篠の戦い』
戦国最強の騎馬軍団を膨大な数の鉄砲で打ち負かしたとされる「長篠の戦い」。そこには、それぞれの武将の深い思惑がありました。長篠城の奥平信昌、内藤・馬場・山県ら武田の勇将たち、家康・酒井忠次主従、信長と勝頼、奥平勢の足軽・鳥居強右衛門を描く書き下ろし歴史小説。

三國青葉さんの『損料屋見鬼控え 2』
霊が見える又十郎と声が聞こえる天音の義兄妹が、家族と死別してもらわれてきた天音が、以前住んでいた長屋を訪れました。幽霊を見ることができる、損料屋の惣領息子・又十郎がそこで見た者は? ファンタジー人情小説第2弾。

角川文庫の新刊では、千野隆司さんの『新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(一)』が楽しみです。
今年の作柄も良いと、善太郎たちが喜んでいた矢先、打越屋の銀兵衛が相談に来ました。その話に隠された陰謀とは……。新章突入。

柴田よしきさんの『あんのまごころ お勝手のあん』時代小説文庫から刊行されます。
おやすは、品川宿の宿屋「紅屋」見習いから、台所付きの女中として正式に雇われることとなりました。同輩のおちよが日に日に元気がなくなっていき……。青春人情小説「お勝手のあん」シリーズ、第4弾。

光文社文庫の新刊も気になります。

佐伯泰英さんの『出絞と花かんざし』
京の北山杉の里・雲ケ畑で、六歳のかえでは母を知らず、父の岩男、犬のヤマと共に暮らしていました。京見峠へ遠出したかえでは、ある人物と運命的な出会いを果たします。
一冊読切の長編小説。

喜安幸夫さんの『潮騒の町  新・木戸番影始末(一)』
己の過去を暴かれるのを恐れ、住み慣れた両国を出た杢之助。能力を見込まれ、高輪大木戸近く、泉岳寺門前町の木戸番小屋に入ることになりました。新シリーズ始動。

集英社文庫の新刊も強力です。

葉室麟さんの『蝶のゆくへ』
旧仙台藩士の三女として生まれた星りょう(後の相馬黒光)を主人公に、明治女学校に集う、新しい生き方を希求する明治の女性たちを描いた、長編小説です。

(公社)日本文藝家協会編の『時代小説 ザ・ベスト2021』
河治和香さん、夢枕獏さん、米澤穂信さん、佐藤巖太郎さん、宮本紀子さん、植松三十里さん、武川佑さん、浮穴みみさん、今村翔吾さん、奥山景布子さん、澤田瞳子さん。新鋭から熟達の作家まで傑作12編を収録したアンソロジー。

木下昌輝さんの『絵金、闇を塗る』
幕末に土佐に生まれ、幼少より絵の才能を発揮し、狩野派の技法を信じがたい短期間で習得した天才絵師、絵金(えきん)。その絵に魅入られ人生を左右された男たちを描いた時代小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●6月11日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『初代北町奉行 米津勘兵衛 満月の奏』岩室忍『初代北町奉行 米津勘兵衛 満月の奏』
『金四郎の妻ですが3』神楽坂淳『金四郎の妻ですが3』
●6月11日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『「世界史」で読み解けば日本史がわかる』神野正史『「世界史」で読み解けば日本史がわかる』
●6月14日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『山岡鉄舟先生正伝: おれの師匠』小倉鉄樹『山岡鉄舟先生正伝: おれの師匠』
『修験道入門』五来重『修験道入門』
『戦国乱世を生きる力』神田千里『戦国乱世を生きる力』
●6月15日発売 講談社・講談社文庫
『要訣 百万石の留守居役(十七)』
→記事:「2021年6月中旬の新刊(文庫)」をアップ
上田秀人『要訣 百万石の留守居役(十七)』
『天子蒙塵 3』浅田次郎『天子蒙塵 3』
『天子蒙塵 4』浅田次郎『天子蒙塵 4』
『暴れ公卿 公家武者信平ことはじめ(四)』佐々木裕一『暴れ公卿 公家武者信平ことはじめ(四)』
『大地の宝玉 黒翼の夢』中村ふみ『大地の宝玉 黒翼の夢』
『戦百景 長篠の戦い』矢野隆『戦百景 長篠の戦い』
『損料屋見鬼控え 2』三國青葉『損料屋見鬼控え 2』
『マンガ 老荘の思想』蔡志忠『マンガ 老荘の思想』
●6月15日発売 KADOKAWA・角川文庫
『新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(一)』千野隆司『新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(一)』
『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版』城山三郎『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版』
『雲神様の箱 花の窟と双子の媛』円堂豆子『雲神様の箱 花の窟と双子の媛』
●6月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『あんのまごころ お勝手のあん』柴田よしき『あんのまごころ お勝手のあん』
『焼き天ぷら 料理人季蔵捕物控』和田はつ子『焼き天ぷら 料理人季蔵捕物控』
『決戦 熱血一刀流(四)』岡本さとる『決戦 熱血一刀流(四)』
『大江戸少女カゲキ団(四)』中島要『大江戸少女カゲキ団(四)』
●6月16日発売 光文社・光文社文庫
『出絞と花かんざし』佐伯泰英『出絞と花かんざし』
『潮騒の町  新・木戸番影始末(一)』喜安幸夫『潮騒の町  新・木戸番影始末(一)』
『濡れぎぬ 決定版 研ぎ師人情始末(十一)』稲葉稔『濡れぎぬ 決定版 研ぎ師人情始末(十一)』
『お蔭騒動 闇御庭番(八)』早見俊『お蔭騒動 闇御庭番(八)』
『斬鬼狩り 船宿事件帳』鳥羽亮『斬鬼狩り 船宿事件帳』
●6月16日発売 光文社・光文社知恵の森文庫
『日本人なら知っておきたい空海と真言宗』山折哲雄監修『日本人なら知っておきたい空海と真言宗』
●6月17日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2021.7・8』
→記事:『文蔵2021.7・8』特集、小説に見る日本のおじさんたち
「文蔵」編集部編『文蔵2021.7・8』
●6月17日発売 彩図社
『吉田松陰に学ぶ リーダーになる100のルール』沢辺有司『吉田松陰に学ぶ リーダーになる100のルール』
●6月18日発売 集英社・集英社文庫
『蝶のゆくへ』葉室麟『蝶のゆくへ』
『時代小説 ザ・ベスト2021』(公社)日本文藝家協会編『時代小説 ザ・ベスト2021』
『眠狂四郎無情控 上』柴田錬三郎『眠狂四郎無情控 上』
『眠狂四郎無情控 下』柴田錬三郎『眠狂四郎無情控 下』
『絵金、闇を塗る』木下昌輝『絵金、闇を塗る』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年6月の新刊 上(1日→10日)

単行本★2021年6月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年6月の新刊(1日→末日) 2021年6月1日から6月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...