本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

鈴木輝一郎|時代小説ガイド

[す] 鈴木輝一郎|すずききいちろう|時代小説・作家

1960年、岐阜県生まれ。日本大学経済学部卒業。
1991年、『情断!』でデビュー。
1994年、『めんどうみてあげるね』で第47回日本推理作家協会賞受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

義昭か、信長か。本能寺の変の10年前の、光秀の選択とは
『光秀の選択』 鈴木輝一郎さんの長編歴史小説、『光秀の選択』(毎日新聞出版)を入手しました。 大河ドラマ「麒麟がくる」のおかげで、明智光秀を描く歴史時代小説が多く刊行されて、時代小説ファンとしては、喜ばしいばかりです。 光秀本...
時代小説家でカリスマ講師が明かす、「時代小説」の舞台裏
『新・時代小説が書きたい!』 鈴木輝一郎さんの小説技法の解説書、『新・時代小説が書きたい!』(河出書房新社)を入手しました。 著者は、『浅井長政正伝』『金ヶ崎の四人 信長、秀吉、光秀、家康』など歴史時代小説作品を多数発表されている時...

■時代小説ブックガイド 読書リスト
『国書偽造』(新潮社・新潮文庫) [武家] おすすめ度:★★★★
『美男忠臣蔵』(新潮社) [忠臣蔵] おすすめ度:★★★★☆☆
『狂気の父を敬え』(新潮社) [戦国] おすすめ度:★★★★☆
『はぐれ五右衛門』(双葉社) [伝奇] おすすめ度:★★★★
『白浪五人男』(双葉社) [ピカレスク] おすすめ度:★★★☆☆☆
『片桐且元』(小学館) [戦国] おすすめ度:★★★☆☆☆
『時代小説が書きたい!』(河出書房新社) [時代小説入門]

■著者のホームページ
小説家鈴木輝一郎(すずき きいちろう)公式サイト
鈴木輝一郎@「桶狭間の四人」7/15発売 (@kiichiros) | Twitter

時代小説作家リストへ戻る