市井

蒼龍(2)

異動になりGW明けから、新しい仕事に取り組むことになった。異動はサラリーマンには付き物だが、仕事の内容が大きく変わり、不安と期待感、緊張感がないまぜになった不思議な心境だ。 山本一力さんの『蒼龍 (文春文庫)』(タイトルの「竜」の字は「龍...
剣豪

けんか凧―暴れ旗本八代目(2)

今よりも自由に使える時間が多かった4、5年前までは、ハードカバーでお気に入りの作家の新作が出るたびに購入していた。また、大きな書店の歴史・時代小説コーナーで、ちょっと古めの発行日のもので、文庫化されていない掘り出し物を探すのも好きだった。...
剣豪

乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡(1)

最近、HPづくりに時間がかかり過ぎて少し悩んでいた。時代小説を読まないことには、コンテンツが作れないということもあり、ウイークデーは読書に時間を使うようにして、週末にHP更新と決めていたが、なかなかちゃんとこなせていない。平均すると、2週...
剣豪

けんか凧―暴れ旗本八代目(1)

井川香四郎さんの『けんか凧―暴れ旗本八代目 (徳間文庫)』を読み始める。井川さんというと、『くらがり同心裁許帳』シリーズなどで活躍する時代小説作家。「銭形平次」や「暴れん坊将軍」「八丁堀の七人」などのTV時代劇の脚本家としても活躍されてき...
捕物

黒く塗れ 髪結い伊三次捕物余話(1)

土曜の夜、時間がまとまって取れたことと、読み味がよかったことから、『黒く塗れ―髪結い伊三次捕物余話』を一気に読了した。伊三次の女房、お文が妊娠中ということもあり、作中で江戸の出産について触れられている箇所があり、興味深かった。 … 「困...
伝奇

続巷説百物語(1)

最近、寝る前に30分ほど読み続けていた、京極夏彦さんの『続巷説百物語 (角川文庫)』を読了した。文庫版とはいえ、760ページ余りの分厚い本なので、布団の中で読むのには適しているとはいえない。しかも、妖怪をモチーフにしているので、就寝前の読...
用語

時代小説用語辞典(1)

アマゾンのローテーションのおすすめ本で見てから気になっていた『時代小説用語辞典』を購入した。「鯉口を切る」とか「股立を取る」とか、時代小説を読んでいると、よく出ることばを解説したガイドブックだ。説明用のイラストも多くわかりやすい。電子辞書...
芸道

利休遺偈(1)

日本の伝統的な芸術の一つ、茶道。戦国時代に武将や豪商の間で、茶の湯として隆盛を極め、織田信長や豊臣秀吉の時代を描いた時代小説では、題材として描かれることが多い。しかし、徳川家康が、茶道に関心が薄かったせいか、江戸時代を舞台にしたものでは、...
市井

蒼龍(1)

昨夜、たまたま付けたTVで、作家の山本一力さんが登場して、池波正太郎さんのダンディズムについて語っておられた。私も池波ファンのはしくれで、かつてそのエッセーに魅了された一人で、池波さんの教えが懐かしく思い出された。富岡八幡宮だろうか、神社...
伝奇

御町見役うずら伝右衛門・町歩き(3)

『御町見役うずら伝右衛門・町あるき (講談社文庫)』を読了。感想は後日、の方にアップします。尾張藩主徳川宗春と八代将軍吉宗の対立を描く時代小説は多いが、このシリーズはどちらかが一方的に悪いという形になっていないので、気持ち読める。 「町あ...