シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

最新投稿記事

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク
森から抜け出せ! 戦慄のノンストップ・ホラーミステリー
「大衆文芸」夏号の西村京太郎三回忌特集と編集人平野周さん
第13回日本歴史時代作家協会賞の候補作品が発表されました
「時代小説●2024年6月下旬の新刊情報(文庫)」をアップ
堀切村の花菖蒲で「義兄にもちょっかいは無用にて」の急展開
この世の全て知り尽くす、南方熊楠の数奇な運命を描く
ここは人生の雨宿りをする場所。女たちの縁切寺、徳川満徳寺
東京新聞で、今村翔吾さんの『海を破る者』を紹介
第171回直木賞候補に、岩井圭也さんの『われは熊楠』含む5作
「時代小説●2024年6月中旬の新刊情報(文庫)」をアップ
稀代の数寄者の瓢仙と怪談売りの銀次の痛快もののけ譚、開幕
三人の王朝女性たちの恋と、紫式部の娘・賢子の波瀾の生涯
なぜ人は争うのか? 元寇に立ち向かう、鎌倉御家人河野通有
自分を苦しめた相手を救えるか?お葉が挑む、医療の険しい道
黒い桜から生まれた桜姫・陽桜李は、桜の呪いを解けるか?
「時代小説★2024年6月の新刊情報(単行本)」をアップ
「時代小説●2024年6月上旬の新刊情報(文庫)」をアップ
今度は三成と対峙。八丁堀同心、豊臣政権下で殺人事件の探索
夫の仇を討つため、義父と二人、江戸深川で暮らす武家女
若手女子編集者がタイムスリップして、江戸でベストセラー