シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

大河ドラマで話題! 静岡市へ家康に会いに行く

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

静岡市歴史博物館週末、2023年1月にグランドオープンしたばかりの静岡市歴史博物館や「どうする家康」の大河ドラマ館ができて、家康公一色に染まった静岡市に先週末に、静岡市行ってきました。

エントランスには、「戦国時代末期の道と石垣」の遺構が、発掘現場そのままに展示されて、家康の生きた時代に思いをはせることができそうです。

駿府(静岡)は、家康が今川の人質として少年から青年にかけて多感な時期を送り、天下人となり、大御所となって終の棲家に選んだのもこの地でした。75年の生涯の三分の一を過ごしたことになります。
何かが晩年の家康を惹きつけたのでしょうか?

秘密を解く鍵は、静岡市歴史博物館の3階に。
展望ラウンジから、お濠越しに望む富士山の絶景にあるよう思いました。
富士山
博物館は、家康だけでなく、駿府の発展に寄与した今川氏の歴史も学べます。

なお、静岡市歴史博物館は事前に日時指定予約(Web予約)が必要です。

静岡市歴史博物館 | 歴史文化から静岡の未来をつくる
静岡市歴史博物館は、静岡で育まれた大切な歴史の価値と魅力を発信する拠点です。この施設は、市民の皆さんが歴史をより深く学び、子どもたちに郷土を愛する気持ちをかきたてるという大きな役割を担っています。市民だけでなく、訪れる多くの人に静岡市の歴史...

駿河国総社の静岡浅間神社。
木之花咲耶姫命 (このはなのさくやひめのみこと)を祀った浅間神社 (あさまじんじゃ)、大己貴命 (おおなむちのみこと)を祀った神部神社 (かんべじんじゃ)、大歳御祖命(おおとしみおやのみこと)を祀った大歳御祖神社 (おおとしみおやじんじゃ)の三社が鎮座しています。

静岡浅間神社

現在、ここに「どうする家康」の大河ドラマ館が期間限定で設置され、ドラマのPRをしています。

https://www.shizuoka-ieyasu.jp/drama.html

静岡のお土産に、「しずおか東海道ご縁めぐりスタンプラリー」のハンカチと、かわいい「徳川四天王」の絵ハガキをゲットしました。

ハンカチは、スタンプラリーの台紙代わりとなっています。コップにかけると富士山になる見立ても気に入っています。

戦国から江戸にかけての駿府(静岡)が楽しめる時代小説として、気鋭の歴史時代作家が結集したオリジナルアンソロジー『アンソロジーしずおか 戦国の城』と大御所時代の家康に光を当てた歴史小説『家康の海』をおすすめします。

■Amazon.co.jp
『アンソロジーしずおか 戦国の城』(芦辺拓、永井紗耶子ほか・静岡新聞社)
『家康の海』(植松三十里・PHP研究所)