「2020年12月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『殉教者』|加賀乙彦|講談社文庫

殉教者2020年12月11日から12月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年12月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、加賀乙彦さんの長編歴史小説、『殉教者』(講談社文庫)を取り上げてみました。

1614年、2代将軍徳川秀忠がキリシタン禁教令を発布した。キリシタンへの迫害、拷問、殺戮が頻発し、岐部は殉教者の記録を集める。翌年、28歳の岐部はエスパニア人修道士と共に長崎から船出、40日の航海の後にマニラ港に着く。そこで入手した地図には、双六のように、マニラを振り出しに、マカオ、マラッカ、コーチン、ゴア、ポルトガルの要塞のあるホルムズ島、さらにペルシャ砂漠、シリア砂漠、遂にはエルサレムに到達する道筋がこまかく描かれていた。岐部は自らの信仰を強くすることと、イエスの苦難を追体験することを思い、胸を躍らせた。
(『殉教者(講談社文庫)』Amazonの内容紹介より)

本書は、キリシタン禁教下で、殉教した日本人キリスト教司祭・ペトロ岐部カスイの信仰に生きた苛酷な生涯を描いた作品です。

2代将軍徳川秀忠により、キリシタン禁教令を発布された翌年、岐部は長崎から船出して、5年の歳月をかけて、海路で1万4500キロ、徒歩で3万8000キロの旅の末にローマにたどり着きました。

そこで岐部は、4日間にわたる試験を受け合格、イエズス会への入会を許され、ローマとリスボンで2年間の修練を経て、帰国の許可を得た岐部は、キリシタン弾圧の荒れ狂う日本に向けて殉教の旅路につきました。

何故に、戻れば殺されることが必至の日本に向かうのでしょうか。

ペドロ岐部は、隠れキリシタンの村を描いた大河小説、帚木蓬生さんの『守教』にも登場して、気になる人物の一人でした。

著者は医学者、精神科医のかたわら、小説家としても活躍されています。(1929年生まれということなので、この作品が単行本で発表された2016年には85歳!)

本書のほかに、『高山右近』『ザビエルとその弟子』など、キリシタン殉教者を描いた歴史小説も発表されています。

文庫●2020年12月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年12月中旬の新刊(11日→20日) 2020年12月11日から12月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張...

■Amazon.co.jp
『殉教者』(加賀乙彦・講談社文庫)
『新装版 高山右近』(加賀乙彦・講談社文庫)
『守教(上)』(帚木蓬生・新潮文庫)

加賀乙彦|時代小説ガイド
加賀乙彦|かがおとひこ|作家・医師 1929年東京都生まれ。東京大学医学部卒業後、精神科医として勤務のかたわら、小説の執筆を始める。 1968年、『フランドルの冬』で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。 1973年、『帰らざる夏』で第9回...