『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』

長屋に忍び寄る女盗賊の魔の手、サバと拾楽は動き出す

鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)PHP文芸文庫より刊行された、田牧大和(たまきやまと)さんの文庫書き下ろし時代小説、『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』を紹介します。

長屋で一番偉い猫サバと飼い主の拾楽が暮らす「鯖猫長屋」に、「二キのご隠居」がやって来る。皆に一目置かれる臨時廻同心で、昔馴染みの女盗賊と決着をつけるため、拾楽に協力を依頼してきたのだが、その女盗賊は拾楽とも因縁があり……。やがて長屋の家主・お智の饅頭屋で事件が起きる。拾楽、定廻同心・掛井、サバがそれぞれ動きだす。

江戸は根津宮永町の長屋が舞台の「鯖猫長屋ふしぎ草紙」シリーズの第五弾です。

 根津門前、宮永町の「鯖猫長屋」には、猫が暮らしている。
 一匹は長屋の通り名の元になった、鯖縞柄で鮮やかな縞三毛。大層珍しい、雄の三毛猫だ。名はサバ。美猫で威張りん坊、長屋の主と化していて、飼い主よりも、店子よりも、差配、家主よりも偉い。
 もう一匹は、サバの妹分の子猫で、さくらという。こちらは子供の縞三毛で、日に日に大きくなっていて、飼い主が手をやくほどお転婆だ。
 
(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』P.13より)

よく似た柄の二匹の猫と、その飼い主、青井亭拾楽という売れない画描き、そして「鯖猫長屋」の店子たちが繰り広げる、人情時代小説の始まりです。

「鯖猫長屋」の元店子で、ひょんなことから家主となったお智。そのお智が仁王門前町で営む饅頭屋「美晴屋」で新しく工夫した饅頭が大人気になり、やがて大きな騒動に巻き込まれます。

 隠居が、再び切れ者の同心の気配を纏う。
「儂は、あれと決着を付けたいだけだよ。そのためだけに、おいぼれになっても臨時廻を拝命しておる」
 拾楽は、確かめた。
「太市坊の為、ですか」
 太市に聞かせたくない話、つまり太市が深く関わっている、ということだ。
「お前さんは、話が早くて助かるよ。小賢しさが、ちょいと鼻に付くけどね」

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』P.55より)

「鯖猫長屋」の拾楽のもとを、「二キのご隠居」と呼ばれている、深川住まいの臨時廻り同心の菊池喜左衛門が太市少年と一緒に訪ねてきます。

「見晴屋」に現れた、昔馴染みの女盗賊のあざみと決着を付けるために、拾楽の力を借りたいと言います。しかも、あざみは、幼い太市を置き去りにした母親でした。

また、「客から金をとって、望みのものを盗み取る女盗賊」として知られる、あざみは、かつて「ひょっとこ」という名をもつ怪盗だった拾楽にとっても因縁のある旧知の間柄でありました。

「『見晴屋』が、拙いことになった」
 おてるが、掛井に詰め寄る。
「拙いって、どういうことです。成田屋の旦那」
 掛井は宥めるように、掌をおてるへ向けた。
「『蓬長寿饅頭』を食って、腹が痛くなったと訴える客が出た」
「なんですって」
 勢い込んだおてるを、拾楽は「おてるさん」と諌めた。

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』P.91より)

通称「成田屋の旦那」と呼ばれる、北町定廻同心掛井十四郎が、「鯖猫長屋」にやって来ました。長屋を仕切る女房のおてると拾楽に、料理屋の主が「見晴屋」の「蓬長寿饅頭」を食べて腹痛を起こすという事件が起こったことを報せます。

饅頭に使った蓬に毒のある草が混入したのか? 拾楽とサバ、さくらは、掛井と一緒に事件を調べ始めます。

「お智さん、人を疑うってことを知らないねぇ。こんな危ない女を捕まえて『姉さんができたよう』なんて言っちまうんだから。育ちがいいってのは、危なっかしいもんだ。ちゃんと守っておやりよ、猫の先生」
「お智に近づくな」
「御免だね。あのお嬢さんは、お前さんに裏切られないための、大事な手駒だよ」

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』P.161より)

「見晴屋」が災難に見舞われる中、女盗賊のあざみは「常磐津の師匠」と称して客になり、お智に近づきます……。

拾楽は、「鯖猫長屋」にとって大切な人を、あざみの毒牙から守れるのか?

 初めての子で、徳三は産婆や手伝いの女達に「邪魔だ」と邪険にされ、落ち着いてはいられないもののどうしていいかも分からない。おくさの苦しむ声を聞きながら、ただ庭をうろついていた。
 下駄を履いた足に、ふいに温かく湿った何かが触れ、「うぎゃあ」と悲鳴を上げた。
 飛びのきながら視線をやると、丸々と肥えた真っ白い子犬が、嬉しそうに尾を振っていた。

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』P.179より)

本書では、美猫で威張りん坊のサバは謎に満ちたふしぎな行動を取ります。可愛さMAXのさくらは、鯖猫長屋をめぐる人たちに愛されています。
主役級の猫たちに加えて、今回は、まるという名の犬が登場する話「迷子の犬」も収録されています。

下谷坂本町の植木屋「植徳」の亭主徳三の女房、おくさが産気づいたときに現れた白い子犬まる。その時生まれた男の子松吉と一緒に兄弟同然に育てられます。

ところが、それから三年。松吉は母親と出掛けた小野照崎神社の縁日で、神隠しに遭い行き方知れずになってしまいます。

さらに、四年が経ち、いなくなった息子の代わりに育てられたまるが行き方知れずになってしまいました。

猫が人間以上に存在感を持って描かれるちょっと不思議でハートウォーミングな捕物話に、胸がキュンとする愛犬物語の要素も加わって、心癒されるひとときが満喫できます。

◎書誌データ
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』
出版:PHP研究所・PHP文芸文庫
著者:田牧大和

装丁:泉沢光雄
装画:丹地陽子

第1版1刷:2018年9月21日
760円+税
300ページ

本書は文庫書き下ろしです。

●目次
其の一 隠居の覚悟
其の二 見晴屋の災難
其の三 迷子の犬
其の四 盗人の打ち明け話

■Amazon.co.jp
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第5作)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第4作)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(三)』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第3作)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(二)』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第2作)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第1作)