スポンサーリンク

『文蔵 2014.8』の特集は、「田舎の魅力が詰まった小説」

『文蔵 2014.8』
『文蔵 2014.8』(PHP研究所・PHP文芸文庫)は、のんびり、ゆったり……だけじゃない!?  田舎の魅力が詰まった小説

夏休みシーズンということで、帰省や海や山でのレジャーなど、田舎を想起することが多い。そこで、田舎ならではの「ふれあい」が生み出す物語、「村おこし」というエンターテインメントというテーマで本を紹介。。

荒山徹さんの古代の倭、新羅、百済、高句麗を描く時代小説「白村江(はくそんこう)」は連載第2回。

⇒『文蔵』ホームページ