『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

やっぱりシミタツが読みたい

久しぶりにはてなダイアリーの「記事を書く」の画面を開いたら、シンプルなデザインが変わっていて、ちょっと戸惑う。

妻の探していたTOEICの本を買いに、紀伊國屋書店の渋谷店を訪れる。目当ての本は買えたが、つい文庫コーナーに立ち寄り、志水辰夫さんの新刊『みのたけの春』を買ってしまう。図書購入費を絞っているので、控えていたのだが…。

この人の書くテーマは昔から自分の琴線に触れる。冒険小説から時代小説に変わっても、読まずにはいられなくなってしまう。

みのたけの春 (集英社文庫)

みのたけの春 (集英社文庫)

コメント