時代小説ヒーローの金銭感覚と懐事情

歴史家・安藤優一郎さんの『鬼平の給与明細』を読みました。鬼平について触れられているのは第1章のみですが、鬼平を導入にしたことでとっつきやすく、武士の金銭感覚、懐事情を明らかにしていく試みで一気に読めました。 この本の読書録は、「ほぼ日刊時代小説」に移しました。 …

大火が変えた人生模様を描く捕物小説

北原亞以子さんの『消えた人達』を読みました。十手持ちで鰻屋の若旦那の爽太が活躍する捕物シリーズ「爽太捕物帖」の第2弾ですが、1作目の『昨日の恋』を読んでいなくても楽しめる作品になっています。 この本の読書録は「ほぼ日刊時代小説」に移しました。 http://d …

「鎌倉河岸捕物控」の最新作とドラマ化

佐伯泰英さんの人気シリーズ「鎌倉河岸捕物控」がNHK土曜時代劇でドラマ化されます。「まっつぐ――鎌倉河岸捕物控」のタイトルで、本日(2010年4月17日)、総合テレビ午後7時30分~8時45分まで放送されます。 鎌倉河岸は、現在の内神田1丁目から2丁目にかけて …

武士の金銭事情を解き明かす歴史読み物

歴史家の安藤優一郎さんが、KKベストセラーズのベスト新書から『鬼平の給与明細』を発行されました。 鬼平こと長谷川平蔵がタイトル名に入り、時代劇・時代小説のファンには食指の動く本です。 第一章では、鬼平の素顔を金銭事情から紹介しています。第二章、第三章では、江戸 …