『文蔵』でお気に入りの新人作家探し

『文蔵 2010.4』(PHP文庫)が家に届いていました。今月号の特集は、「将来の人気作家にいち早く注目!! 「新人作家」を青田買い!」ということで、社会に期待の「ルーキー」たちが登場する季節にあわせて、小説の世界の将来有望な新人を紹介する企画です。




時代小説のジャンルでは、古代史(古墳時代)を描いた『駒、玉のちりとなり』でデビューした、藤ノ木陵(ふじのきりょう)さんをインタビューで記事で取り上げていました。



また、連載記事「話題の著者に聞く」のコーナーで、冲方 丁(うぶかた とう)さんへのインタビューが面白かったです。冲方さんは、江戸の天文学者・渋川春海(しぶかわはるみ)を主人公にした『天地明察』の著者。ちょうど、この作品を読もうと思っていたところなので、執筆の背景がわかり参考になりました。




『江戸・東京の歴史と地理』の超雑学

歴史家の安藤優一郎さんが、『超雑学 読んだら話したくなる 江戸・東京の歴史と地理』を日本実業出版社から刊行されました。

本書は、江戸の歴史と地理についての超入門書です。江戸の土地の特徴、明治以降の東京の歴史、江戸・東京のインフラ・建物の変遷、現在の東京の知恵名のルーツなど、「へぇ~」と膝を叩き、薀蓄(雑学)として話したくなるような話がたくさん載っています。

しかも、巻末には、取り上げた各スポットをたどり、江戸の名残りが楽しめる「街歩きガイド」が付いています。



非試衛館派の新選組裏表録

木内昇(きうちのぼり)さんの『新選組裏表録 地虫鳴く(しんせんぐみうらろく・じむしなく)』を読み始めました。木内さんというと、新選組の主要人物16人を語り手に、それぞれの視点から激動の時代と新選組の姿を浮き彫りにした、『新選組 幕末の青嵐』がとても面白くて続編を読みたいと思っていました。



『幕末の青嵐』で陽の当たるところにいた新選組の面々にスポットを当てたのに対して、この『地虫鳴く』では新選組の物語では傍役扱いになる男たちを描いています。それは、非試衛館道場派(すなわち近藤や土方の昔からの仲間たち)とは異なる、芹沢鴨派でもない、新選組ができてから隊に加わった男たちです。



新選組の群像を描いた作品では、司馬遼太郎さんの『新選組血風録』や子母澤寛さんの『新選組始末記』などが頭に浮かびますが、この『地虫鳴く』も期待感大です。





追記:
書名を間違えていました(記述訂正済み)。ごめんなさい
正しくは、『新選組裏表録 地虫鳴く』(しんせんぐみうらうえろく・じむしなく)でした。裏だけでなく裏を通して表も描かれています。(2010.4.1)


CSSとXHTMLの知識が必要

WordPressを使って、サイトのリニューアル作業を進めているが、想定以上に手間取っています。原因は、CSSデザインの知識が不足していること。初期のHTMLはしっかり勉強したのですが、その後のCSSデザインについては基本を習得しないまま、コピペと見よう見まねで乗り切ってきたところです。

そのため、WordPressのテーマのカスタマイズでわからないところが出てきて、その都度滞ってしまうという状況でした。急がば回れというように、このあたりで、XHTMLとCSSについて、基本から勉強しておきたいと思った次第です。

まずは以下の本を買ってみましたが、実践的なので、XHTMLについてもう少し基本的なことも書かれた本も買うべきだったと思っています。


話題の『フリー』を読んで

今週末は時代小説から離れて、ビジネス書でベストセラーになっている『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(クリス・アンダーソン著、小林弘人監修・解説、高橋則明訳)を読みました。

『ロングテール』の著者であり、Wiredの編集長の話題作ということで、仕事上からも気になっていた本。新しいことを考え始めていたタイミングであり、いろいろとヒントになることがあり、面白く読むことができました。

「フリー(無料化)」の持つ意味を解き明かしていく過程で、ITとWebビジネスを進化論的に記述していく部分は優れたノンフィクションのようにスリリングであり、ネットとリアルの対比およびWebと雑誌のハイブリッドについての言及はうなづける部分が多かったです。

用意周到にデジタル以前の「フリー」(無料)の歴史から入り、デジタル世界でのフリー化とMicrosoft、Yahoo!、Googleの「フリー」への対応ぶりを例示し、最後には「フリー」に対する疑念を見事に晴らす、その構成も見事です。

既存のビジネスモデルを無料化することで壊し、新しいビジネスモデルができそうな気にさせてくれる、これからの人には勇気を与える一冊です。エスタブリッシュメント(成功者)には、不安を与える怖い本といえるかもしれません。



今日、買い物に出かけた電車で隣りに座った会社員風(オフ)の男性も読んでいました。電車の中で同じ本を読んでいると、つい、すごく売れているんだなと思ってしまいます。