映画「梟の城 Owl’s Castle」レビュー

映画「梟の城」公開初日の第1回上映に合わせて、新宿ビレッジ1に出かける。5分前に劇場に入るが満員で最前列に座る。こんな場所で観るのは初めてで見上げるような位置で、戸惑う。あんまり映画を観ないほうなので、これほど、映画の始まりを楽しみにしたのは、ホント久しぶりだ。

司馬遼太郎に捧ぐ―
のクレジットで映画は始まる。原作を大切にしている姿勢がうかがえて何となく安心する。

とにかく、コンピュータ・グラフィックスを駆使した映像が素晴らしい。CGはNHK大河ドラマでも最近よく見かけるが、劇場のスクリーンだとその効果はすごい。これを昔のようにセットで作ろうとすると、制作費はバブル級になるであろう。CGのおかげで今まであきらめていたシーンも可能になった。時代劇に新時代到来か。実は映画を観終わった後、これを使えば、白石一郎さんの『海狼伝』も映画化できるんじゃないかと思ってしまった。

この映画を観ようと思ったのは、キャスティングがいいからだ。主演の4人(中井貴一さん、鶴田真由さん、上川隆也さん、葉月里緒菜さん)がイメージ通りでよかった。それぞれおいしいシーンが用意されている。アメリカで活躍中の俳優マコ・イワマツさんが豊臣秀吉を演じているのは必見。うんうん、秀吉ってこんな感じだ。ほかにも名優が脇を固めているが、掘り出し物は、五奉行の一人、前田玄以役の津村鷹志さんだ。不思議な存在感と、体の動きの見事さのアンバランスなところが大きなスクリーンの中で光っていた。

秀吉は高野詣で太閤能を上演するが、その場面で観世榮夫さんが能を舞うのが豪華。豪華といえば、舞台美術家の朝倉摂さんが担当する衣装も安土桃山時代の雰囲気を伝えるキラビヤカさだ。作品全体が贅沢に思えてくる。東宝では、この後に『雨あがる』『どら平太』と時代劇が続くが、そのトップバッターにふさわしい華々しいオープニングになっている。この作品なら、海外にも通用するのではないだろうか。

STORY
天正九年(1581)、織田信長が伊賀を攻め、五万の軍勢が伊賀全土を焼き払い、大虐殺を行った…。それから十年、時は太閤秀吉の天下。
生き残りの伊賀忍者・葛籠重蔵のもとへ、かつての師匠・下柘植次郎左衛門がやってきて、太閤秀吉暗殺の任務を与えた…。

CAST
葛籠重蔵(中井貴一):伊賀の忍者
小萩(鶴田真由):今井宗休の養女
木さる(葉月里緒菜):伊賀の女忍者で重蔵の幼なじみ
風間五平(上川隆也):伊賀の下忍で重蔵の幼なじみ
摩利支天洞玄(永澤俊矢):甲賀の忍者
服部半蔵(根津甚八):徳川家康配下の忍び
下柘植次郎左衛門(山本學):重蔵の元の師匠
黒阿弥(火野正平):重蔵の下忍
前田玄以(津村鷹志):京都奉行
豊臣秀吉(マコ・イワマツ):太閤
今井宗久(小沢昭一):堺の豪商
徳川家康(中尾彬):
葛籠太郎兵衛(中村敦夫):伊賀忍者の棟梁。ナレーターも
北政所(岩下志麻):秀吉の正室

(1999.11.05・理流)

純情ももいろ日記と中田雅喜さんのこと

『純情ももいろ日記』
『純情ももいろ日記』中田雅喜(Aki Nakata)


今回は、時代小説でも時代マンガでもなく、「月形龍之介HP」の作者で、マンガ家の中田雅喜(なかたあき)さんが、コミックエッセーを刊行されたので紹介する。

この本を読むまで、迂闊なことにこの本のこと、知らなかった。「ももいろ日記」は、1985年~90年にかけて『リイドコミック』の巻末を飾り、90年に単行本になり、当時、女の子がごく自然体でその日その日に感じたことを日記風に綴ったHマンガということで、ずいぶん話題になったそう。(カマトトぶっているわけではないが、「少年マガジン」一辺倒で、青年誌を全く読まなかったので。)読者の方がモキモキモッキリのさつまいもを編集部に送りつけられたり、テレビのワイドショーに出られたりと…。で、その伝説の本が、当時、一読者だった編集者によって今回、文庫化されたんだそう。そんなわけで、いよいよ本と初体面となるわけだが、夜遅くにしか自宅に帰らないので、会社で本を受け取ることにしました。スキあらば、空き時間にでも読もうと目論んだわけだが…。

しかし、仕事場のデスクの前で、ももいろの表紙を開いて唖然、パラパラとページをめくって、あたりをキョロキョロ見まわして、サッとカバンにしまい込んだ。(あとで、作者に「ほんとにね。会社に送れなんて、度胸あると思ってた」と言われてしまった)

そして、期待しつつ、家に帰って、早速、じっくり読んだ。

「女性にも性欲はある」という女性のホンネが、開けっぴろげに、関西人特有の「面白く生きる」ためのエッセンス=笑いとサービス精神を交えて描かれている。同棲中の方や結婚を控えている方、妊娠中のカップルにはとくにおすすめ。うんうんってうなずきたくなるエピソードがある。

青年誌に連載されたので、Hなシーン(お約束)も多いのだが、登場人物たちが個性的でおもしろい。(とくに作者のご両親がいい味を出している、思わず、田舎の母を思い出した)。絵が親しみやすくて読みやすいせいか、イヤラシイ感じがなく、楽しい語り口とあいまって読了感はよかった。

京都出身の作者が描く、京都人の暮らしぶり、生態も興味深かった。以前に、土方歳三を描いた、北原亞以子さんの短編小説『降りしきる』(講談社文庫)を読んでいて、うまくイメージできなかった、「おけら火」で新年の雑煮をつくるというシーンが、『純情ももいろ日記』にも描かれていて、やっと解決した。

京都育ちって、時代小説(コミックも)を書くうえでも、時代劇をつくるうえでも大きなアドバンテージだなって思った。作者の中田さんは、今、月形龍之介と坂東妻三郎を中心に映画創成期の人々の物語をマンガ化するべく、奔走中とのこと。『純情ももいろ日記』を読んで、ますます作者の夢が一日も早く実現することを願う次第だ。と、同時に制作日記にも期待したい。
1999/10/18
◎月形龍之介HP http://homepage1.nifty.com/bikenshi/

ふるほん文庫やさんの奇跡

ふるほん文庫やさんの奇跡学生の頃は、お金がなかったので、読むのは文庫ばかりだったが、最近、ぼくは、さほど熱心な文庫ファンではない。面白そうなたたずまいのある時代小説を前にすると、すっかり抑えが利かなくなってしまっているのだ。といっても、本体価格が1,400円以上の本が相手の場合、売り場でしばしの葛藤があるのだが…。近い将来、自分は果たして、この本を必要とするか? また、版元(出版社)は、この本を文庫にしてくれるだろうか? “文庫落ち”って呼ぶ人もいるようだが、この言葉は文庫に対して失礼な感じがする。

しかし、文庫化によりダウンサイジングし、求めやすくなり携帯性が高まり、ありがたい反面、単価が安くなるために、大量に流通しつづけなければならない宿命をもってしまう。そのために文庫の在庫サイクルが非常に短くなっている。売行きの鈍いものは、書店の棚から放逐され、版元側でも不良在庫を嫌い、品切れ(在庫をゼロにすること)、絶版(増刷をしない旨を公言すること)扱いにされてしまう。版元、取次店(トーハンや日販のような本の問屋さん)、大型書店のコンピューター導入により、その在庫管理はますますシビアになっている。講談社文庫や新潮文庫の書店の品揃えを定点観測していると、何となく雰囲気がつかめると思う。

今や、文庫本は雑誌のようなサイクルで、出版されては消費されて消えていく。ごく一部の人気作家(さしずめ赤川次郎さんや宮部みゆきさんか)を除いては、すべての作品を在庫でそろえておく店は少ない。刊行されたとき、気になったら買ってしまうしかないような状況だ。しかも、一時期、人気作家としてもてはやされても安泰ではない。小学校の頃に、書店のコーナーを席巻し、妙な名前が気になっていた源氏鶏太さんの本はもう見かけない。角川文庫から50点以上、文庫本を出して、学生の頃、初めてはまった都筑道夫さんの本も、今では光文社文庫からちらほら出ているぐらいだ。5年前まで、ありふれていた本がいつの間にか消えてしまうこともある。

ある文庫本と同じ時代を過ごしながら、そのときは関心がなくて読まずに、その後、何かのきっかけで関心をもったときには、その本はもう流通していないときの悔しさといったらない。こないだまで、この辺の棚にあったのに…。こんなときに出会ったのが、《ふるほん文庫やさん》だった。文庫本の古本というと、古本屋さんの店先にボックスに入って、1冊100円で売られているイメージが強い。こんな本だれが売ったんだろうというような本が並んでるやつだ。しかし、インターネットで知った《ふるほん文庫やさん》は、そのマイナスのイメージを払拭してくれた。

古本なので、古いのは確かなのだが、意外にきれいなのだ。しかも、通販で送られてくる文庫本は、ボール紙で折れたりしないように、梱包されて送られてくる。本を包装するチラシの端紙に何とも言えない愛情を感じてしまう。メジャーな作品ばかりでなく、澤田ふじ子さんや皆川博子さんの昔の作品といった少し偏った注文にも対応してくれるのがうれしい。《ふるほん文庫やさん》は、とても忙しいようで、ちょっと、時間がかかってしまうが、気を長く持って心待ちにしている。

前置きがしっかり長くなってしまったが、そんな《ふるほん文庫やさん》の会長の谷口雅男さんが本を出した。『ふるほん文庫やさんの奇跡』(ダイヤモンド社)がそのタイトルだ。例によって、オンラインで注文を入れる。5日ほどで、会長のサイン入りの本が送られてきた。《ふるほん文庫やさん》の店内(北九州に実際にお店があるらしい)の完全イラストが表紙に描かれている。カバー帯の文字が凄い。「地獄の底で文庫に出会った! 誰もが無謀と言った文庫古本業をゼロから立ち上げ、独創的な営業アイデア連発で、世界最大・40万冊のビジネスに。元・化粧品セールス日本一の凄腕、今や文庫の鬼が、壮絶な生き方を全てさらけ出した半生記。」 ウーム、これはもう読むしかない。

《ふるほん文庫やさん》の会長の怒涛のドキュメントが250ページ以上(しかも2段組)にわたって、ものすごいスピード感溢れて展開されていく。闘病中に文庫本と出会い、1日1冊のペースで読破し、「よし、文庫専門古書店をやる!!」と決意し、パチンコ屋の店員として、1日240円の食費で7年半の開業準備。寮を侵食する文庫本の山々。そして開店、多くの協力者たちとの出会い…。

読み始めたのが、大晦日だった。アムロちゃんの歌声も、除夜の鐘も遠くに聞いていた。途中何度か涙がこぼれた。時代小説とサッカー以外で最近、こんなに感動したことはなかったのだが…。そして読み終わったのが新しい年だった。

ふるほん文庫やさんの奇跡
(株)ふるほん文庫やさん会長
谷口雅男
ダイヤモンド社
1,600円+税

平成を駆け抜ける人
評論家・紀田順一郎(カバー帯より) 

 

このスペースは、時代小説に関するサイトですが、新しい年の、新しいスタートに素敵な本と出会った喜びを皆さんに伝えたくて、例外的に紹介させていただきました。

1999/01/01

■ふるほん文庫やさん:http://www.bunkoyasan.com/

インプレッション:「野望と夏草」

演劇「野望と夏草」約10年ぶりぐらいの観劇だった。最後に観たものは鴻上尚史さん演出のものだったと思う。というわけで、新国立劇場(東京・初台)も初めて。隣接するオペラシティタワーには、仕事で何回か訪れたことはあったのが…。折りからのクリスマス・イルミネーションのせいもあり、ロマンティックなたたずまいのある建造物で、演劇を観る雰囲気を盛り上げてくれる。

『野望と夏草』は、平安後期に君臨した後白河帝と平清盛の相克をダイナミックに描く歴史劇。作者の山崎正和さんは、『世阿彌』で、岸田國士戯曲賞(新劇界の直木賞に相当する)を受賞し、劇作家、評論家、大学教授として活躍されている。大学生の頃に、山崎さんの本を読んだ記憶があるのだが、題名を失念した。今回は、1970年の劇団雲の初演以来、30年ぶりの久々の上演だという。初演では、芥川比呂志さんが後白河帝を、小池朝雄(刑事コロンボの声優)さんが平清盛に扮し、山崎努さんや岸田今日子さん、北村総一郎さんらが登場したという。

ものがたり
平安後期、白河帝を皮切りに、引退した先帝が政治の実権を握る院政が行われていた。1156年、藤原信西、平清盛、源義朝らが、後白河帝による親政を旗印に、崇徳上皇の院政に対して反乱を起こす(保元の乱)。後白河帝側の勝利に終わるが、同時に血族が敵味方に分かれた戦いでもあった。この乱後、藤原信西が政事の中心になるが、同時に武士の力も強まっていく。後白河帝は早々に譲位し、院政を始めるが…。 
キャスト
津嘉山正種(つかやままさね):後白河帝
井上純一(いのうえじゅんいち):源義朝
たかお鷹(たかおたか):九郎
清郷流号(きよさとりゅうごう):徳大寺
青山良吉(あおやまりょうきち):崇徳上皇
尾崎右宗(おざきうそう):二条天皇
金久美子(きむくみじゃ):平時子
高橋紀恵(たかはしのりえ):阿波内侍
内野聖陽(うちのまさあき):平清盛
三木敏彦(みきとしひこ):藤原信西
村田則男(むらたのりお):源為義
松野健一(まつのけんいち):平忠正
鷲生功(わしゅういさお):堅田三郎
竹下明子(たけしたあきこ):いち
弥生みつき(やよいみつき):平徳子(建礼門院)
12月12日(土)の夜の部(ソワレ)を観た。2階の一番後ろの席で、ちょうど舞台関係者が観るような場所で、リラックスできた。小劇場でしかも前後の席に段差があるために、どの席からもよく見えるようになっていた。上演中に非常口の電光表示が消えるのもよかった。

『ふたりっ子』や『ラブ・ジェネレーション』などTVドラマで活躍する若手俳優の内野聖陽さんが主演ということで、女性の観客が目立った。劇場で芝居を観る層というと、小劇場を除いては比較的年配の方が多いように思われる。入場したばかりのときには、久々ということもあり、ちょっと戸惑った。

芝居が始まると、もう、舞台に目と耳が釘付けになってしまった。保元の乱で敗れ、 縛につく平忠正役の松野さんの口説の確かさ。今までの平清盛像を覆す、若々しい内野さんの熱演。そして、後白河帝のしたたかな人間性を巧みに演じ、舞台の成否の鍵を握る津嘉山さん。この人の演技が生で観れただけでも、入場料を払う価値はある。

意外な(?)収穫といえば、今様(平安時代の流行歌といったところか)の芸人・九郎役のたかお鷹さんの声の良さだ。シェイクスピア劇の阿呆役のように、硬質化しがちな劇にアクセントを加える働きと、その歌と踊りで舞台を明るくしている。その存在は、混乱の世を生き抜く庶民の象徴といったところか個人的には、昔、よく観た「夢の遊眠社」の主要メンバーの竹下明子さんが今様芸人・九郎の相方を務め、軽快な演技をしていたのがとてもうれしかった。

新国立劇場では、1999年1月11日(月)~26日(火)より、『新・雨月物語』を上演する。江戸後期に書かれた上田秋成の短編集を題材に、川口松太郎が創り上げた小説で、溝口健二が映画化したことで知られる作品だ。気鋭の劇作家・鐘下辰男が新感覚で大胆に脚色し、風間杜夫、石田ひかり、常田富士男らが主演する。戦国時代の大和国吉野が舞台ということで、楽しみにしたい。

演劇「野望と夏草」

1998年12月2日(水)~12月20日(日)
新国立劇場小劇場 [THE PIT]


作:山崎正和
演出:西川信廣

(1998/12/16)

「司馬遼太郎展」を見て

司馬遼太郎展後期から晩年にかけての文化人としての活躍ぶりから、どうも司馬遼太郎さんには近寄りがたさを感じていた。そして、司馬さんが伝奇的でエンターテインメント性の強い時代小説から、ビジネスマンの必読の書のような歴史小説へ、著作物を変えていったことで、時代小説が歴史小説よりも低いものというような見方をマスコミや一般の人々に与えた功罪も大きいように思っていた。

ホームページ開設当時(1996年5月)は、こんな思いで、時代小説と歴史小説を分けて考え、時代小説の振興を願っていた。最近では、ページを訪れる多くの時代小説サポーターの声を聞き、大きな勇気をいただき、もう、時代小説や歴史小説という言葉にこだわらなくてもいいのかなと思うようになっている。

実は、初めて読んだ歴史小説は、司馬遼太郎さんの『国盗り物語』だった。小学校高学年ぐらいだったと思う。田舎に住んでいたので、母に連れられて町の本屋さんに買いに行ったのを覚えている。NHKの大河ドラマ「国盗り物語」の影響で読みたいと思ったわけだ。小学生のうちから司馬さんを読んでいたというのが、その後のちょっとして自慢だった。

その後に、司馬作品を読みなおしたのは、隆慶一郎さんの『吉原御免状』を読んだとき、解説に隆さんが映画「梟の城」の脚本を書かれていたことや、初期の作品には伝奇色の強い作品があったということを知ってからだった。

日本橋・高島屋で開催された司馬遼太郎展に行ってきた。午前中の早目の時間にもかかわらず盛況で、改めて司馬さんの人気の高さを感じる。『竜馬がゆく』『菜の花の沖』『坂の上の雲』の三作品を中心に企画が構成されていた。ただ、司馬さんの熱心ではない読者で、『竜馬がゆく』ぐらいしか読んでいない者としては、いささか肩身の狭い場でもあった。

展示品の中で、『菜の花の沖』の主人公・高田屋嘉兵衛関係の史料に興味深いものが多くてうれしくなった。北前船の模型や船箪笥,矢立など、今後、この小説を読むとき細部まで頭に思い浮かべることができそう。

産経新聞の記者時代にスクープした、金閣寺放火事件の記事は、司馬さんの若い頃の別の面が垣間見ることができて得した感じがした。ともかく、司馬ぎらいが払拭できたのは大きな収穫。

司馬遼太郎展
十九世紀の青春群像

1998年10月29日(木)~11月10日(火)
日本橋高島屋8階ホール
主催:産経新聞社/NHKサービスセンター
後援:NHK/サンケイスポーツ/夕刊フジ/サンケイリビング新聞社
特別協力:(財)司馬遼太郎記念財団
協力:文藝春秋