町名主の跡取りを主人公にしたユーモア時代小説

畠中恵(はたけなかめぐみ)さんの『まんまこと』を読了しました。江戸は神田で八つの支配町を持つ古町名主、高橋宗右衛門の跡取り麻之助が、町に起こった事件解決に立ち向かう連作形式の時代小説。

ある日、女好きの悪友・清十郎が「念者のふりをしてくれ」と麻之助に言ってきた。嫁入り前の娘にできた子供の父親にされそうだという。清十郎は娘と口を利いたこともなく、子供ができるはずがない。本当の父親は誰なのか?

主人公の麻之助は筋金入りの遊び人で“お気楽もの”というキャラクター。それに加えて彼の悪友で、同じ町名主の跡取りの“超イケメン”の八木清十郎と堅物で同心見習いの相馬吉五郎のトリオでの掛け合いが漫才っぽくて楽しい。「静心なく」の話でのスラップスティックな展開など、作者の真骨頂というべきところ。見所のひとつです。

町名主の家を舞台にした時代小説は、意外に少ないように思います。「江戸名所図会」で知られる斎藤月岑の家を描いた、杉本章子さんの『名主の裔(なぬしのすえ)』のほかに思い出せません。




しかしながら、江戸における町名主の役割は大きなもので、町内の揉め事を調停するお役目をもっていて、町内に住む住人の生活を左右するといっても過言ではないでしょう。

この作品では、町名主に着目したばかりでなく、半襟や万年青、鈴木越後の羊羹、ペットなど、江戸の風俗・流行を巧みに物語の中に取り入れています。そのため、読者も容易に江戸にタイムスリップできます。

■目次
まんまこと
柿の実を半分
万年、青いやつ
吾が子か、他の子か、誰の子か
こけ未練
静心なく
解説 吉田伸子

『まんまこと』
畠中恵著
文春文庫
2010年3月10日 第1刷
P.356
552円+税

装幀:南伸坊
時代:寛政元年が十年と少し前のころ
場所:神田、深川、日本橋、愛宕山


映画「山桜」と「花のあと」

今日は時間が空いたので、先日録画しておいた「山桜」を見ました。藤沢周平さんの短編小説の映画化だが、原作の持ち味を生かしながらも映画としてのオリジナリティが楽しめました。鶴岡の四季、とくに雪と桜の季節の美しさが映画の魅力を引き出し手居るように思われます。

映画「山桜」公式サイト
http://yamazakura-movie.com/


CMが流されたこともあり、現在上映中の「花のあと」も見てみたいなあと思いました。
映画「花のあと」公式サイト

http://www.hananoato.com/

畠中恵さんの「まんまこと」シリーズ

「しゃばけ」シリーズで人気の畠中恵(はたけなかめぐみ)さんの新シリーズの第1作『まんまこと』を読み始めました。

町名主の跡取り息子・麻之助が江戸・神田で活躍する時代小説。杉浦日向子さんの描くような“お気楽な若者”の代表のような主人公がどのような活躍をしていくか、楽しみです。

 そういう事柄、例えば金の貸し借りや住人同士の揉め事など、奉行所に届け出るまでもない案件は、町を預かる名主が屋敷の玄関先で調停をした。そのため名主の家には必ず玄関があり、そこに揉め事を起こした当人達や差配などが呼ばれ、決着がつけられた。ゆえに町名主は『げんか』などと呼ばれている。
(『まんまこと』P.22より)



iPhoneにdocomoの電話帳を移行

iPhoneの「連絡先」に、docomoのケータイの電話帳のデータを移行しました。

移行先:iPhone 3G
移行元:docomo D704i
USBケーブルなし
microSDカードあり
PC: Windows XP


電話帳の移行方法についてネットで調べてみたら、USBデータケーブルと
ドコモケータイdatalink(ドコモが提供しているフリーソフト)を使って取り出した電話帳データを、Microsoft Outlook 2003(2007)にインポートして、iTunesでiPhoneに同期させる、というような手順が書かれていました。
http://ch00288.kitaguni.tv/e584623.html

ケータイにつなげるUSBデータケーブルがなかったので、以下のような方法で電話帳データの移行を行いました。

      ケータイの電話帳データを「データバックアップ」でmicroSDカードへバックアップする
      microSDカードにバックアップしたデータ(.vcf形式のファイルができる)をPC(Windows XP)の「Windowsアドレス帳」にインポートする
      PCのiTunesを起動し、iPhoneとUSBケーブルで接続する
      iTunesのデバイスからiPhoneを開き、「情報」のタブを開き、「連絡先」の「□連絡先を同期」にチェックを入れて、「Windowsアドレス帳」を選ぶと、同期が始まる
      同期が完了すると、iPhoneの「連絡先」にケータイの電話帳が取り込める。
ただし、ふりがなデータが取り込めなかったのか、漢字表記のものはあいうえお順には取り込めませんでした。













江戸の旬と人情が堪能できる、料理時代小説

高田郁(たかだかおる)さんの『想い雲』を読み終えた。シリーズ第3弾で、さまざまな苦楽をともにすることを通じて、培われた「つる家」ファミリーのチームワークがなんとも快いです。

土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。そんなある日、戯作者の清右衛門が版元の坂村堂嘉久を連れて「つる家」を訪れた。食道楽の坂村堂は、澪の料理に感心し、自ら雇い入れている上方の料理人にぜひこの味を覚えさせたい請う。

翌日、坂村堂が連れてきた料理人は、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だった。澪と佐兵衛の母・芳は、佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった…。

今回、新登場の坂村堂がいい味を出している。食通ぶりと曲亭馬琴を想起させる戯作者・清右衛門との掛け合いがたのしい。澪の作る料理のおいしさが的確に伝わってくる。

とくに、表題作の話の中で、澪が鱧の料理に立ち向かうシーンが緊張感と凛とした美しさがあって、気に入っています。

この本を読んで、江戸の人たちが季節と旬の食材を大事にしていることが実感できました。自分が季節感のない食生活を送っていることに少し反省しています。

「読売のことは嬉しくなかったのか」
 そう声をかけられて、澪は躊躇いながらこう答えた。
「読売に書かれた言葉よりも、この店に足を運び、食べてくださるお客さんの美味しそうな顔の方が、私には大切なんです」
(『想い雲』P.207より)


「どんな時にも乱れない包丁捌きと味付けで、美味しい料理を提供し続ける。天賦の才はなくとも、そうした努力を続ける料理人こそが、真の料理人だとあたしゃ思いますよ」
(『想い雲』P.249より)


澪の作る料理がおいしくさせるのが、食べてくれる人のことを思いやる気持ちがしっかり込められているから。

●目次
豊年星――「う」尽くし
想い雲――ふっくら鱧の葛叩き
花一輪――ふわり菊花雪
初雁――こんがり焼き柿
巻末付録 澪の料理帖


『想い雲 みをつくし料理帖』
2010年3月18日第1刷
571円+税
281ページ
装画:卯月みゆき
装幀:西村真紀子(albireo)
★★★★☆