がいなもん 松浦武四郎一代

北海道の名付け親、人間愛に満ちた冒険家の生涯 河治和香(かわじわか)さんの時代小説、『がいなもん 松浦武四郎一代』(小学館)を紹介します。 著者の河治さんは、東京都葛飾区柴又生まれで日本大学芸術学部卒業。日本映画監督協会に勤めるかたわら、三谷一馬氏に師事して江 …

「2018年7月の新刊 上」をアップ

2018年7月1日から7月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年7月の新刊 上」を掲載しました。 今回注目している新刊は、朝日文庫から刊行される、細谷正充・編の『朝日文庫時代小説アンソロジー 思慕・恋情編 悲恋』です。 2017年1 …

初めての助産師体験。おいち、女のための医者を目指す

あさのあつこさんの『おいち不思議がたり 火花散る』(PHP研究所)は、不思議な能力をもつ娘おいちが活躍する、青春「時代」ミステリーの第4弾です。 おいちには、この世に伝えたいことがあるのに誰も気が付いてくれない、気づいてもらえない、そんな亡くなった人たちの声が …

「菩薩」と崇められる火消の光と影を描く

今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『菩薩花 羽州ぼろ鳶組』を紹介します。 方角火消桜田組をつとめる新庄藩の火消組頭取・松永源吾が活躍する、大人気の「羽州ぼろ鳶組」シリーズの第5作です。 方角火消とは、大名火消の一種で、担当区域に火事が発生すると駆けつけて消 …