本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人

大目付の非道と対決する、「武家の鑑」十人目付 二見時代小説文庫から刊行された、藤木桂(ふじきかつら)さんの文庫書き下ろし時代小説、『本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人』を紹介します。 早朝、大名の行列と旗本の一行がお城近くで鉢合わせ、旗本方の中間がけがをしたのだ …

「2018年9月の新刊 中」をアップ

2018年9月11日から9月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年9月の新刊 中」を掲載しました。 今回は、講談社文庫から刊行される、知野みさき(ちのみさき)さんの『江戸は浅草』に注目しています。 雷門で掏摸に遇い路頭に迷っていた真 …

戊辰戦争150年。『峠』が役所広司さん主演で映画化、2020年公開

司馬遼太郎さんの名作『峠』が映画化され、「峠 最後のサムライ」のタイトルで2020年に公開されます。 『峠』は、幕府にも新政府軍にも味方せず、中立・独立という壮大な野心を藩の運命に賭して幕末の動乱期を生き、戦った、越後長岡藩の河井継之助(かわいつぎのすけ)を描 …

大友二階崩れ

大友家への「義」一筋の兄と、姫への一途な「愛」を貫く弟 日本経済新聞出版社から刊行された、赤神諒(あかがみりょう)さんの戦国時代小説、『大友二階崩れ』を紹介します。 天文十九年(一五五〇)、九州豊後の戦国大名、大友氏に出来した政変「二階崩れの変」。時の当主・大 …

おれは一万石 一揆の声

米の不作が伝えられる中、高岡藩一万石に一揆勃発 双葉文庫から刊行された、千野隆司(ちのたかし)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おれは一万石 一揆の声』を紹介します。 米の不作、凶作が伝えられるなか、ついに百姓一揆が勃発した。高岡藩も例外ではなく、年貢率と貸米の …