本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

文庫●2022年5月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年5月中旬の新刊(11日→20日)

2022年5月11日から5月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

まずPHP文芸文庫風野真知雄さんの『いい湯じゃのう(三) ご落胤の真相』
天一坊が本当に「上さまの隠し子」かの謎を解くべく、探索に向かったお庭番・湯煙り権蔵とくノ一・あけびは、驚きの事実をつかみました。そんな中、徳川吉宗がおしのびで訪れていた湯屋でもう一人、吉宗の子と目される人物が現れます……。笑いと興奮の時代小説シリーズ第三弾。

光文社文庫の新刊からは、知野みさきさんの『告ぐ雷鳥 上絵師律の似面絵帖』
授かった赤子を喪って半月、周囲の労りもあって、律は気落ちしながらも上絵の仕事に励んでいました。珍しい「らいの鳥」の意匠に悩む律の周辺に、かつてその似面を描いた大泥棒・晃矢の影が見え隠れして――。人気シリーズ第八弾です。

平谷美樹さんの『貸し物屋お庸謎解き帖 桜と長持』だいわ文庫から出ます。
「無いものはない」の看板を掲げる江戸のレンタルショップ、貸し物屋湊屋両国出店の主、お庸。厄介事も無理難題も持ち前の好奇心と人情で解決する「貸し物屋お庸」が帰ってきました。招き猫文庫から刊行されていた人気シリーズの最新作です。

双葉文庫にも、気になる作品があります。
坂岡真さんの『はぐれ又兵衛例繰控【五】死してなお』
又兵衛の義父、都築主税自慢の銘刀が、殺された札差の屍骸のそばで見つかりました。小十人頭をつとめていた頃の配下相馬斧次郎に譲っていたらしい。義父に殺しの疑いが掛かることを恐れた又兵衛は、相馬の行方を追います。シリーズ第五弾です。

講談社文庫の新刊は要チェック。

歴史小説アンソロジー決戦!シリーズ『決戦!賤ヶ岳』
秀吉の天下を決定づけた、「賤ヶ岳の戦い」。描かれるのは「賤ヶ岳の七本槍」として名高い、加藤清正、福島正則、片桐且元ら七人の武将。天野純希、木下昌輝、矢野隆、土橋章宏、乾緑郎、吉川永青、簑輪諒(敬称略)といった気鋭の歴史作家が、若武者たちの戦いとその後を活写します。

武内涼さんの『謀聖 尼子経久伝 風雲の章』
月山富田城を奪取し、いよいよ出雲統一の戦いに乗り出した、戦国初期に活躍した山陰の雄、尼子経久。「謀聖」と言われるほど計略に優れた人物で、東の北条早雲とともに、下剋上大名の代名詞的存在である経久が、旧秩序の破壊を志した本当の狙いとは?
大河歴史小説シリーズの第二巻。

徳間文庫の新刊も気になります。
藤原緋沙子さんの『龍の袖』
幕末の動乱期、北辰一刀流、千葉道場主定吉の娘として生まれた佐那は十代にして免許皆伝、その美貌も相まって「千葉の鬼小町」と呼ばれていました。坂本龍馬と運命的に出会い、結ばれることが叶わずも許嫁として龍馬を生涯想い続けた「千葉の鬼小町」佐那の人生を描く長編小説。

夢枕獏さんの『天海の秘宝 上・下』
時は安永年間、江戸では凶悪な強盗団「不知火」が跋扈し、「新免武蔵」と名乗る辻斬りも出没していました。からくり師として法螺右衛門の異名を持つ、堀河吉右衛門は、天才剣士・病葉十三とともに、怪異に立ち向かいます……。作者らしいスケール感のある時代伝奇小説です。

田中啓文さんの『討ち入り奇想天外 元禄八犬伝 五』が、集英社文庫から刊行されます。
徳川政権への復讐に取り憑かれた徳川光圀の怨霊と、淀の方の亡霊が出現しました。立ち向かうのは浪人・網乾左母二郎。痛快伝奇時代小説の完結編です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●5月11日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『いい湯じゃのう(三) ご落胤の真相』風野真知雄『いい湯じゃのう(三) ご落胤の真相』
●5月11日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『人情めし江戸屋 死闘七剣士』倉阪鬼一郎『人情めし江戸屋 死闘七剣士』
『伝説の隠密【三】しあわせ長屋人情帖』中岡潤一郎『伝説の隠密【三】しあわせ長屋人情帖』
『仇討ち包丁 江戸いちばんの味』氷月葵『仇討ち包丁 江戸いちばんの味』
『乱愛御殿 大江戸はーれむ物語』鳴海丈『乱愛御殿 大江戸はーれむ物語』
●5月11日発売 光文社・光文社文庫
『見番 決定版 吉原裏同心 (3)』佐伯泰英『見番 決定版 吉原裏同心 (3)』
『清掻 決定版 吉原裏同心 (4)』佐伯泰英『清掻 決定版 吉原裏同心 (4)』
『告ぐ雷鳥 上絵師律の似面絵帖』
→記事:「2022年5月中旬の新刊(文庫)」をアップ
知野みさき『告ぐ雷鳥 上絵師律の似面絵帖』
『遺恨 鬼役(四) 新装版』坂岡真『遺恨 鬼役(四) 新装版』
『さまよう人 父子十手捕物日記』鈴木英治『さまよう人 父子十手捕物日記』
『後家の一念 くらがり同心裁許帳』井川香四郎『後家の一念 くらがり同心裁許帳』
『香り立つ金箔 はたご雪月花(三)』有馬美季子『香り立つ金箔 はたご雪月花(三)』
●5月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『世界鉄道文化史』小島英俊『世界鉄道文化史』
『儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間』菊地章太『儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間』
●5月12日発売 双葉社・双葉文庫
『はぐれ又兵衛例繰控【五】死してなお』
→記事:新米見習与力と上野の桜を断った浪人。又兵衛の情ある影裁き
坂岡真『はぐれ又兵衛例繰控【五】死してなお』
『新・知らぬが半兵衛手控帖(16) 隙間風』藤井邦夫『新・知らぬが半兵衛手控帖(16) 隙間風』
『浪人若さま 新見左近 決定版【四】将軍の死』佐々木裕一『浪人若さま 新見左近 決定版【四】将軍の死』
『湯屋のお助け人【四】待宵の芒舟〈新装版〉』千野隆司『湯屋のお助け人【四】待宵の芒舟〈新装版〉』
『若さま同心 徳川竜之助【九】 弥勒の手〈新装版〉』風野真知雄『若さま同心 徳川竜之助【九】 弥勒の手〈新装版〉』
●5月12日発売 大和書房・だいわ文庫
『貸し物屋お庸謎解き帖 桜と長持』平谷美樹『貸し物屋お庸謎解き帖 桜と長持』
●5月12日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『歴史学の擁護』リチャード・J.エヴァンズ『歴史学の擁護』
『ヴァンデ戦争 ――フランス革命を問い直す』森山軍治郎『ヴァンデ戦争 ――フランス革命を問い直す』
『文天祥』梅原郁『文天祥』
●5月12日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『お江戸暮らし ―杉浦日向子エッセンス』杉浦日向子『お江戸暮らし ―杉浦日向子エッセンス』
●5月13日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『日雇い浪人生活録(十三) 金の妬心』上田秀人『日雇い浪人生活録(十三) 金の妬心』
●5月13日発売 岩波書店・岩波文庫
『?外追想』宗像和重『?外追想』
●5月13日発売 講談社・講談社文庫
『Cocoon 京都・不死篇-蠢-』夏原エヰジ『Cocoon 京都・不死篇-蠢-』
『鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞』高田崇史『鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞』
『動乱の刑事』堂場瞬一『動乱の刑事』
『決戦!賤ヶ岳』天野純希、木下昌輝他『決戦!賤ヶ岳』
『謀聖 尼子経久伝 風雲の章』武内涼『謀聖 尼子経久伝 風雲の章』
●5月13日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『初代北町奉行 米津勘兵衛 荒月の盃』岩室忍『初代北町奉行 米津勘兵衛 荒月の盃』
●5月13日発売 徳間書店・徳間文庫
『二刀の竜』志木沢郁『二刀の竜』
『龍の袖』藤原緋沙子『龍の袖』
『天海の秘宝 上』夢枕獏『天海の秘宝 上』
『天海の秘宝 下』夢枕獏『天海の秘宝 下』
●5月13日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『劉裕 江南の英雄 宋の武帝』吉川 忠夫『劉裕 江南の英雄 宋の武帝』
『一遍語録を読む』金井清光、梅谷繁樹『一遍語録を読む』
●5月17日発売 パレード
『伊賀真里亞外傳~筒井順正之事 新陰流』誠司『伊賀真里亞外傳~筒井順正之事 新陰流』
●5月18日発売 三笠書房・知的生きかた文庫
『おもしろ雑学 日本の歴史地図』ライフサイエンス『おもしろ雑学 日本の歴史地図』
●5月19日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2022.6』「文蔵」編集部編集『文蔵2022.6』
●5月20日発売 集英社・集英社文庫
『春だから めおと相談屋奮闘記』野口卓『春だから めおと相談屋奮闘記』
『討ち入り奇想天外 元禄八犬伝 五』田中啓文『討ち入り奇想天外 元禄八犬伝 五』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年5月の新刊 上(1日→10日)

単行本★2022年5月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年5月の新刊(1日→末日) 2022年5月1日から5月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...