本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

文庫●2022年3月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年3月上旬の新刊(1日→10日)

2022年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今月は、PHP文芸文庫が楽しみです。
発売日がタイトルによって異なるのでご注意ください。

宮部みゆきさんの『きたきた捕物帖』
大好きな捕物シリーズの待望の文庫化です。舞台は江戸深川。岡っ引きの見習い北一と湯屋の手伝い人喜多次という「きたきた」コンビが力を合わせて事件を解決する捕物帖。

風野真知雄さんの『いい湯じゃのう(二)』
目安箱への投書をきっかけに、将軍・徳川吉宗は身分を偽って町の湯屋を訪れ、市井で起こる謎を解くことに。一方、お庭番・湯煙り権蔵とくノ一・あけびは、吉宗のかつての想い人の行方を追って龍神温泉へ。ユーモア時代小説の第2弾です。

江上剛さんの『住友を破壊した男』
危機に瀕した住友を救った“住友中興の祖”伊庭貞剛の、生涯に迫るノンフィクション・ノベル。住友家二代目総理事として住友銀行創設などの英断を下し、“住友中興の祖”とよばれた伊庭貞剛。幕末、志士として活躍した後、新政府に出仕して司法界に。その後、住友家初代総理事の広瀬宰平に招聘され、住友に入社しました。

ポプラ文庫から出る、柳ヶ瀬文月さんの『お師匠様、出番です! からぬけ長屋落語人情噺』が気になります。
堅物娘の伊予は、「からぬけ長屋」の大家から、腕はいいが店賃をまったく入れない「困った店子」こと落語家・烏亭邑楽の話を聞き、ある行動を起こします。笑って泣ける、人情時代小説。

人気落語家の立川志の輔さんの『大河への道』河出文庫から刊行されます。
2022年5月公開予定の映画「大河への道」の原作となった、新作落語「伊能忠敬物語―大河への道―」をもとにした小説。詳細な日本地図を作った伊能忠敬の生涯を描き、その物語を大河ドラマにしようと奮闘する人々を描く現代劇です。

小学館文庫の新刊も注目です。
根津潤太郎さんの『看取り医 独庵 隅田桜』
浅草諏訪町にある独庵の診療所に、長崎遊学中ともに勉学に励んだ佐田利良が訪ねてきました。
佐田が独庵を訪ねたわけは、脚気を患い、白内障も発症した内儀に先、この春の桜をひと目見せてやりたいので、眼科の名医を紹介してほしいということでした……。好評シリーズの第3弾です。

坂岡真さんの『人情江戸飛脚 ひとり長兵衛』
人の嫌がることを探って、飯の種に換える影聞きの伝次と、飛脚商の主人・浮世之介が弱き者を夢うつつへといざない、悪党をお天道様に代わって仕置きする、風流時代小説第2弾です。

朝日文庫の新刊も押さえておきたいところ。
神楽坂淳さんの『七代目銭形平次の嫁なんです』。文政年間の江戸。家光の代からの岡っ引き「銭形平次」の6代目は高齢であり、まだ若い平蔵に「平次」襲名の話がきました。条件は、事件を解決することと女房を持つこと。名誉ある銭形平次を継ぐ決意をする平蔵ですが……。七代目平次の嫁の活躍が楽しみな新リーズ誕生。

文芸評論家の細谷正充さんのセレクションによる、『朝日文庫時代小説アンソロジー「わかれ」』
朝井まかてさん、 折口真喜子さん、木内昇さん、北原亞以子さん、西條奈加さん、志川節子さんという、時代小説の名手たちによる、市井に生きる男女の「わかれ」を描いた珠玉のアンソロジーです。

文春文庫からは、梶よう子さんの『菊花の仇討ち』が出ます。
変化朝顔の栽培が生きがいの同心・中根興三郎は、菊作りで糊口をしのぐ御家人・中江惣三郎と知り合います。その帰り路、興三郎は中江と間違えられて、謎の侍たちに襲われてしまいます……。
松本清張賞受賞作『一朝の夢』、『夢の花、咲く』に続く「朝顔同心」シリーズ第3弾。

双葉文庫からも楽しみな新刊が出ます。
千野隆司さんの『おれは一万石(20)-花街の仇討ち』
高岡藩井上家世子の正紀は、三十年にわたって仇を追っているという高岡藩の下士と出会い、本懐を遂げさせるべく助力することになりました。
一方、北町奉行所高積見廻り与力の山野辺は、女衒のもとから恋仲の娘を奪い返そうとする、貧乏御家人の三男坊に力を貸します。二つの事件がつながるとき、物語は大きく動きます。シリーズ第20弾。

金子成人さんの『ごんげん長屋つれづれ帖【四】-迎え提灯』
『ごんげん長屋』に新たな住人が加わり、住人たちの絆も深まる中、数年前に捨てた乳飲み子の行方を捜す旗本家の女中が現れ、長屋に騒動が。時代劇の名脚本家による、母子の人情話に、笑って泣けて心震えます。シリーズ第4作。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●3月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『軍事常識と科学的思考で読み解く『孫子』知的冒険』奈良信行『軍事常識と科学的思考で読み解く『孫子』知的冒険』
『江戸園芸繁盛記 ―水野逸斉夢枕ばなし』渡辺あきら『江戸園芸繁盛記 ―水野逸斉夢枕ばなし』
『歴史ものがたり 愚人』夢乃みつる『歴史ものがたり 愚人』
●3月2日発売 扶桑社・扶桑社文庫
『1日1話、偉人・名言に学ぶ 大人の教養33』齋藤孝『1日1話、偉人・名言に学ぶ 大人の教養33』
●3月3日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『きたきた捕物帖』
→記事:「2022年3月上旬の新刊(文庫)」をアップ
宮部みゆき『きたきた捕物帖』
●3月3日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『お師匠様、出番です! からぬけ長屋落語人情噺』柳ヶ瀬文月『お師匠様、出番です! からぬけ長屋落語人情噺』
●3月3日発売 ポプラ社・ポプラ文庫ピュアフル
『今昔ばけもの奇譚: 五代目晴明と五代目頼光、宇治にて怪事変事に挑むこと』峰守ひろかず『今昔ばけもの奇譚: 五代目晴明と五代目頼光、宇治にて怪事変事に挑むこと』
●3月4日発売 小学館・小学館文庫
『王と后』深山くのえ『王と后』
『看取り医 独庵 隅田桜』
→記事:世に役立つ医者を育てたい。熱血医師独庵が江戸医療を正す
根津潤太郎『看取り医 独庵 隅田桜』
『人情江戸飛脚 ひとり長兵衛』坂岡真『人情江戸飛脚 ひとり長兵衛』
●3月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『七代目銭形平次の嫁なんです』神楽坂淳『七代目銭形平次の嫁なんです』
『星巡る 結実の産婆みならい帖』五十嵐佳子『星巡る 結実の産婆みならい帖』
『朝日文庫時代小説アンソロジー『わかれ』』細谷正充編『朝日文庫時代小説アンソロジー『わかれ』』
●3月8日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『いい湯じゃのう(二)』
→記事:肩凝り将軍吉宗、江戸の湯屋で謎を解く。ユーモア小説第2弾
風野真知雄『いい湯じゃのう(二)』
『住友を破壊した男』
→記事:公害を解決し「住友」を再生した男、伊庭貞剛の生涯を描く
江上剛『住友を破壊した男』
●3月8日発売 河出書房新社・河出文庫
『なぜ漱石は終わらないのか』石原千秋、小森陽一『なぜ漱石は終わらないのか』
『大河への道』立川志の輔『大河への道』
●3月8日発売 文藝春秋・文春文庫
『オランダ宿の娘』葉室麟『オランダ宿の娘』
『菊花の仇討ち』梶よう子『菊花の仇討ち』
『八丁堀「鬼彦組」激闘篇 竜虎攻防』鳥羽亮『八丁堀「鬼彦組」激闘篇 竜虎攻防』
『幕府軍艦「回天」始末』吉村昭『幕府軍艦「回天」始末』
●3月9日発売 徳間書店・徳間文庫
『拵屋銀次郎半畳記 汝 想いて斬 三』門田泰明『拵屋銀次郎半畳記 汝 想いて斬 三』
●3月10日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『江戸っ子出世侍 荒波の彼方』早瀬詠一郎『江戸っ子出世侍 荒波の彼方』
『壬生狼 新選組風雲録』睦月影郎『壬生狼 新選組風雲録』
『殿さま忍者 白狐の一族』聖龍人『殿さま忍者 白狐の一族』
●3月10日発売 青春出版社・青春文庫
『日本史 “その後”の運命 本当にあった21のストーリー』新晴正『日本史 “その後
●3月10日発売 双葉社・双葉文庫
『おれは一万石(20)-花街の仇討ち』
→記事:苦節三十年。正紀は、高岡藩士の仇討ちを助太刀する!?
千野隆司『おれは一万石(20)-花街の仇討ち』
『ごんげん長屋つれづれ帖【四】-迎え提灯』
→記事:母子の情を照らす提灯。ごんげん長屋には騒動と人情がある
金子成人『ごんげん長屋つれづれ帖【四】-迎え提灯』
『鬼人幻燈抄(三)-江戸編 残雪酔夢』中西モトオ『鬼人幻燈抄(三)-江戸編 残雪酔夢』
『口入屋用心棒(48)-身代金の計』鈴木英治『口入屋用心棒(48)-身代金の計』
『若さま同心 徳川竜之助【八】-幽霊剣士〈新装版〉』風野真知雄『若さま同心 徳川竜之助【八】-幽霊剣士〈新装版〉』
『浪人若さま 新見左近 決定版【三】-おてんば姫の恋』佐々木裕一『浪人若さま 新見左近 決定版【三】-おてんば姫の恋』
●3月10日発売 講談社・講談社学術文庫
『源氏の血脈 武家の棟梁への道』野口実『源氏の血脈 武家の棟梁への道』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年2月の新刊 下(21日→月末)2022年3月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2022年3月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年3月の新刊(1日→末日) 2022年3月1日から3月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...