本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

文庫●2022年1月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年1月中旬の新刊(11日→20日)

2022年1月11日から1月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今回は、光文社文庫の新刊に注目しています。

諸田玲子さんの『旅は道づれ きりきり舞い』
十返舎一九の娘・舞は、ひょんなことから一九の故郷・駿府まで旅することに。奇人変人たちの珍道中を、ユーモアと人情味たっぷりに描く、本家本元の「東海道中膝栗毛」。シリーズ第3弾です。

上田秀人さんの『惣目付臨検仕る(三) 開戦』
惣目付として、奥右筆、目付に楔を打ち込んできた水城聡四郎に将軍吉宗から新たな命が下りました。監察する対象は惣四郎がかつて御広敷用人を務めていた「大奥」です。「惣目付」シリーズ第3弾。

徳間文庫の新刊も要チェック。

鈴木英治さんの『義元、遼たり』
1999年、デビュー作『義元謀殺』(「駿府に吹く風」のタイトルで第1回角川春樹小説賞を受賞)で、今川家を題材に取り上げた著者。仏の道を捨て、武将として戦いに挑んだ今川義元の知られざる若き日に焦点を当てた歴史長編です。

秋山香乃さんの『氏真、寂たり』
“戦国一の愚将”と称されても、したたかに乱世を生き抜いた、今川義元の嫡男氏真。その生涯を新視点で描いた長編歴史小説。鈴木英治さんの『義元、遼たり』と競作になる今川家再発見の物語。

双葉文庫で気になる作品は……。

佐々木裕一さんの『新・浪人若さま 新見左近【九】-無念の一太刀』
江戸を襲った勅額火事から一年、町の復興は着々と進んでいました。そんな中で新見左近は、一年前の大火の混乱に紛れて武家の娘たちが攫われたとの不穏な噂を耳にします。左そして、三宅兵伍ら近侍四人衆に探索を命じましたが――。

遅ればせながら、決定版での発刊を機に、第1シリーズの『浪人若さま 新見左近 決定版【一】-闇の剣』から読み始めて見ようかと思います。

馳月基矢さんの『拙者、妹がおりまして(4)』
勇実のかつての恋人が現れ、妹千紘はあまりの衝撃に受け入れられません。一方、菊香には釣り合わない縁談が舞い込み……。江戸の青春群像を描くシリーズ第4弾。

講談社文庫は、豪華なラインナップで期待感MAX。

赤神諒さんの『空貝 村上水軍の神姫』
1541年6月、大内氏の水軍が大三島に大挙襲来し、迎え撃つ三島村上水軍の総司令官の大祝安房が奇襲に失敗し戦死しました。神事に専念していた大祝鶴姫は、最愛の兄・安房戦死の報に接し、大内打倒のために総司令官になることを宣言。村上水軍を率いた伝説的女武将・鶴姫を描く長編小説。

天野純希さんの『雑賀のいくさ姫』
イスパニアの騎士の家系に生まれたジョアンは、乗り込んだ船での内紛と難破のはてに、紀伊雑賀のいくさ姫、鶴に拾われました。雑賀、村上、毛利、大友、島津と、戦国の西国大名オールスター水軍が、日本を狙う大海賊と雌雄を決する、海洋歴史ロマン。

知野みさきさんの『江戸は浅草4 冬青灯籠』
笛師・大輔の幼馴染み、吉原の遊女・冬青の身請けが決まりました。調べるほど申し分のない嫁ぎ相手に安心したのも束の間、遊女の足抜けが発生。郭のご法度の事態に、真一郎へ連れ戻すよう依頼が入りました。江戸の人情と色恋が事件となって鮮やかな筆致で描かれるシリーズ第4弾。

武内涼さんの『謀聖 尼子経久伝 青雲の章』
戦国初期に活躍した山陰の雄、尼子経久は、「謀聖」と言われるほど計略に優れた人物。一時は城を追われ、流浪の身となりながらも、山陰、山陽11ヵ国の大大名となった尼子経久の生涯を描く大河歴史小説が文庫書き下ろしでスタートします。

集英社文庫で読みたい時代小説は……。。

佐藤雫(さとうしずく)さんの『言の葉は、残りて』
鎌倉幕府、若き三代将軍・源実朝のもとに、摂関家の姫・信子が嫁いできました。
突然の縁談と異国の地に不安を覚える信子でしたが、実朝の優しさと生まれて初めての海の匂いに包まれ、次第に心をゆるしていきます。
鎌倉殿の時代を舞台にした、恋愛小説。2019年、第32回小説すばる新人賞受賞作。

野口卓さんの『風が吹く めおと相談屋奮闘記』
信吾の将棋会所2周年記念大会が開催されることに。賞金は誰の手に? 「人ならぬ」可愛い相談者も現れ、楽しさ山盛り青春時代小説第11弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●1月12日発売 光文社・光文社文庫
『隠密船頭 金蔵破り』稲葉稔『隠密船頭 金蔵破り』
『白霧学舎 探偵小説倶楽部』岡田秀文『白霧学舎 探偵小説倶楽部』
『新木戸番影始末(三) 駆け落ちの罠』喜安幸夫『新木戸番影始末(三) 駆け落ちの罠』
『旅は道づれ きりきり舞い』諸田玲子『旅は道づれ きりきり舞い』
『惣目付臨検仕る(三) 開戦』上田秀人『惣目付臨検仕る(三) 開戦』
『日暮左近事件帖 無駄死に』藤井邦夫『日暮左近事件帖 無駄死に』
『奇剣三社流 望月竜之進 那須与一の馬』風野真知雄『奇剣三社流 望月竜之進 那須与一の馬』
『情けの背中 父子十手捕物日記』鈴木英治『情けの背中 父子十手捕物日記』
●1月12日発売 徳間書店・徳間文庫
『氏真、寂たり』秋山香乃『氏真、寂たり』
『義元、遼たり』鈴木英治『義元、遼たり』
『宿神 第一巻』夢枕獏『宿神 第一巻』
『宿神 第二巻』夢枕獏『宿神 第二巻』
●1月13日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『姫さま恋慕剣』山手樹一郎『姫さま恋慕剣』
『密命将軍 松平通春 悪の華』早見俊『密命将軍 松平通春 悪の華』
『伝説の隠密【二】しあわせ長屋人情帖』中岡潤一郎『伝説の隠密【二】しあわせ長屋人情帖』
『お毒見役みだら帖 淫鬼夜行』睦月影郎『お毒見役みだら帖 淫鬼夜行』
●1月13日発売 講談社・講談社学術文庫
『松と日本人』有岡利幸『松と日本人』
●1月13日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『隠し絵 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『隠し絵 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『雨乞の左右吉捕物話』長谷川卓『雨乞の左右吉捕物話』
●1月13日発売 双葉社・双葉文庫
『浪人奉行 十二ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 十二ノ巻』
『浪人若さま 新見左近 決定版【一】-闇の剣』
→記事:徳川綱豊(後の六代将軍家宣)が悪を成敗する、決定版始動
佐々木裕一『浪人若さま 新見左近 決定版【一】-闇の剣』
『新・浪人若さま 新見左近【九】-無念の一太刀』佐々木裕一『新・浪人若さま 新見左近【九】-無念の一太刀』
『照れ降れ長屋風聞帖(十七) 曰窓〈新装版〉』坂岡真『照れ降れ長屋風聞帖(十七) 曰窓〈新装版〉』
『湯屋のお助け人(3)-覚悟の算盤〈新装版〉』千野隆司『湯屋のお助け人(3)-覚悟の算盤〈新装版〉』
『拙者、妹がおりまして(4)』馳月基矢『拙者、妹がおりまして(4)』
『後宮の花は偽りに染まる』天城智尋『後宮の花は偽りに染まる』
●1月14日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『初午いなり 木挽町芝居茶屋事件帖』篠綾子『初午いなり 木挽町芝居茶屋事件帖』
●1月14日発売 講談社・講談社文庫
『わたしの芭蕉』加賀乙彦『わたしの芭蕉』
『連理の宝 Cocoon外伝』夏原エヰジ『連理の宝 Cocoon外伝』
『うちの旦那が甘ちゃんで 鼠小僧次郎吉編』神楽坂淳『うちの旦那が甘ちゃんで 鼠小僧次郎吉編』
『空貝 村上水軍の神姫』赤神諒『空貝 村上水軍の神姫』
『江戸は浅草4 冬青灯籠』知野みさき『江戸は浅草4 冬青灯籠』
『雑賀のいくさ姫』天野純希『雑賀のいくさ姫』
『謀聖 尼子経久伝 青雲の章』武内涼『謀聖 尼子経久伝 青雲の章』
●1月15日発売 揺籃社
『天正毒蛇奇譚 北条と上杉と八王子城』高山博通『天正毒蛇奇譚 北条と上杉と八王子城』
●1月20日発売 集英社・集英社文庫
『言の葉は、残りて』
→記事:「2022年1月中旬の新刊(文庫)」をアップ
佐藤雫『言の葉は、残りて』
『風が吹く めおと相談屋奮闘記』野口卓『風が吹く めおと相談屋奮闘記』
●1月20日発売 中央公論新社・中公文庫
『天の血脈4』安彦良和『天の血脈4』
『戦国無常 首獲り』伊東潤『戦国無常 首獲り』
『新装版 マンガ日本の歴史22-文明開化と激化する民権運動』石ノ森章太郎『新装版 マンガ日本の歴史22-文明開化と激化する民権運動』
『秀吉と利休』野上彌生子『秀吉と利休』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年1月の新刊 上(1日→10日)

単行本★2022年1月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年1月の新刊(1日→末日) 2022年1月1日から1月1月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペー...