文庫●2020年10月下旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年10月下旬の新刊(21日→月末)

2020年10月21日から10月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

集英社文庫から、澤田瞳子さんの『腐れ梅』が出ます。

四十年以上前に死んだ菅原道真の祟りか、欲望みなぎる巫女、公卿、僧たちがの策謀か。壮大なスケールで繰り広げられる、平安京ピカレスク歴史小説。

角川文庫の新刊に注目しています。
武内涼さんの『暗殺者、野風 川中島を駆ける』

永禄四年、武田信玄と上杉謙信が対峙する川中島の戦場を駆け抜ける少女がいました。名は「野風」。圧倒的な躍動感でおくる、戦国アクションエンターテインメントです。

吉橋通夫さんの『早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖』

旗本次男坊の草二郎は、家を出て役者になって「音次郎」の名で舞台に上がり、恩方として評判をとっていました。ある日、兄が何者かに殺さ、犯人捜しに乗り出します。
『ずくなし半左事件簿』などの作品をもつ著者の新境地ともいうべき、痛快時代活劇です。

新潮文庫から、藤原緋沙子さんの『へんろ宿』が刊行されます。

江戸は両国橋近く、無縁仏の弔いで有名な回向院の前に「へんろ宿」がありました。
そこでは、お金に困った旅人に格安な宿を、心配事があって心晴れぬ出府者に寄り添って、質素ながら心づくしのもてなしをしました。連作四話からなる人情時代小説です。

野口卓さんの『承継のとき 新・軍鶏侍』祥伝社文庫から出ます。

「新・軍鶏侍」の第5弾です。軍鶏道場こと岩倉道場の次代を担うべく剣友たちと切磋琢磨する息子・幸司は、元服して三太夫となります。齢十四の三太夫は迷い、悩みながらも大人への階梯を上っていきます。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●10月21日発売 集英社・集英社文庫
『腐れ梅』
→記事:「2020年10月下旬の新刊(文庫)」をアップ
澤田瞳子『腐れ梅』
『和三郎江戸修行 愛憐』高橋三千綱『和三郎江戸修行 愛憐』
●10月22日発売 中央公論新社・中公文庫
『御蔵入改事件帳-見返り橋』早見俊『御蔵入改事件帳-見返り橋』
『奇貨居くべし(一) 春風篇』宮城谷昌光『奇貨居くべし(一) 春風篇』
●10月23日発売 KADOKAWA・角川文庫
『雲神様の箱 名もなき王の進軍』円堂豆子『雲神様の箱 名もなき王の進軍』
『暗殺者、野風 川中島を駆ける』武内涼『暗殺者、野風 川中島を駆ける』
『早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖』
→記事:人気女形が七変化で、兄殺しの仇を討つ、痛快天保時代活劇
吉橋通夫『早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖』
●10月23日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『幕末武家の回想録』柴田宵曲『幕末武家の回想録』
『論語 上』吉川幸次郎『論語 上』
『論語 下』吉川幸次郎『論語 下』
『詳解 有職装束の世界』八條忠基『詳解 有職装束の世界』
●10月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『新春新婚 小料理のどか屋 人情帖30』倉阪鬼一郎『新春新婚 小料理のどか屋 人情帖30』
『いのちの種 ご隠居は福の神4』井川香四郎『いのちの種 ご隠居は福の神4』
『ご道理ならず 奥小姓裏始末2』青田圭一『ご道理ならず 奥小姓裏始末2』
●10月28日発売 新潮社・新潮文庫
『へんろ宿』藤原緋沙子『へんろ宿』
●10月30日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『承継のとき 新・軍鶏侍』
→記事:若軍鶏侍、岩倉三太夫、齢十四にして、大人への階梯を上る
野口卓『承継のとき 新・軍鶏侍』
『白菊の声 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『白菊の声 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
●10月23日発売 潮書房光人新社・産経NF文庫
『孤高の国母 貞明皇后 知られざる「昭和天皇の母」』川瀬弘至『孤高の国母 貞明皇后 知られざる「昭和天皇の母」』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年10月の新刊 中(11日→20日)2020年11月の新刊 上(1日→10日) →

単行本★2020年10月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年10月の新刊(1日→末) 2020年10月1日から10月31日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペ...