2019年10月の新刊 上

時代小説 文庫新刊情報

2019年10月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2019/10/05

2019年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

実業之日本社文庫から、伊東潤さんの『敗者烈伝』が刊行されます。
本能寺で織田信長を討ち、わずか数日で敗者へ転落した明智光秀をはじめ、歴史上の「敗者」にスポットを当て、その敗因を徹底分析したノンフィクション作品です。

宝島社文庫の新刊にも注目!

時代小説アンソロジー、『傑作! 巨匠たちが描いた小説・明智光秀』が出ます。
吉川英治さん、池波正太郎さん、山田風太郎さん、柴田錬三郎さん、井上靖さん、海音寺潮五郎さんという、昭和を代表する時代・歴史小説家による、明智光秀を描いた短編の競演が楽しめます。

三好昌子さんの『狂花一輪 京に消えた絵師』は、人気絵師ながら贋作事件の犯人とされて失踪した父の行方を追う、若き福知山藩士を描いたサスペンス

小学館文庫の新刊では、植松三十里さんの『おたみ海舟 恋仲』が楽しみです。
辰巳芸者のおたみは、蘭学を修業中の幼馴染みの勝麟太郎と再会し、惚れ合った末に祝言を挙げ、溜池のあばら屋に所帯を持ちます……。勝海舟を妻たみの視点から描くシリーズ第1作です。

徳間文庫からは、澤田瞳子さんの『秋萩の散る』が出ます。
孝謙天皇の死後下野国薬師寺別当に任じられて左遷された道鏡をはじめ、奈良時代を生きた者たちを描いた短編集です。

文春文庫の新刊では、逢坂剛さんの『闇の平蔵』が気になります。
不届きにも「闇の平蔵」を名乗る者が現われて…。逢坂版“火付盗賊改・長谷川平蔵”シリーズ第3弾。

双葉文庫の新刊ラインナップも要チェックです。

芝村凉也さんの『長屋道場騒動記【五】 迷い熊奔る(仮)』、鳴神響一さんの『おいらん若君 徳川竜之進 5 昇龍』、海道龍一朗さんの『加藤段蔵無頼伝II 修羅 上・下』と、いずれの作品から読み始めるか、大いに迷うところです。

ハヤカワ時代ミステリ文庫の創刊第2弾では、大塚卓嗣さんの『天魔乱丸』に惹かれます。

本能寺の変の業火は蘭丸をなめつくし……半身は美少年、半身は焼けただれた異形と化し、蘭丸の復讐がいま発動…。

光文社文庫からは、岡本さとるさんの『二刀を継ぐ者: 若鷹武芸帖』が刊行されます。

将軍家斉の命で滅びゆく武芸流派を調べる、武芸帖編纂所で、今回調べるのは宮本武蔵が流祖の二天一流か。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

/tr>

●10月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『名僧百人一首』紫闇陀寂『名僧百人一首』
●10月3日発売 PHP研究所・PHP文庫
『戦国時代の大誤解』鈴木眞哉『戦国時代の大誤解』
●10月4日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『敗者烈伝』伊東潤『敗者烈伝』
『しあわせ重ね 人情料理わん屋』倉阪鬼一郎『しあわせ重ね 人情料理わん屋』
●10月4日発売 宝島社・宝島社文庫
『傑作! 巨匠たちが描いた小説・明智光秀』吉川英治、池波正太郎、他『傑作! 巨匠たちが描いた小説・明智光秀』
『狂花一輪 京に消えた絵師』三好昌子『狂花一輪 京に消えた絵師』
●10月4日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『宵闇の酒呑童子: 江戸南町奉行 あやかし同心犯科帳』永山涼太『宵闇の酒呑童子: 江戸南町奉行 あやかし同心犯科帳』
●10月4日発売 東京図書出版
『銅鐸祭祀から鏡祭祀へ』出野正『銅鐸祭祀から鏡祭祀へ』
●10月4日発売 小学館・小学館文庫
『おたみ海舟 恋仲』植松三十里『おたみ海舟 恋仲』
●10月5日発売 文芸社
『若君道中 ものぐさ右近人情剣』鳴海丈『若君道中 ものぐさ右近人情剣』
●10月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『本当はブラックな江戸時代』永井義男『本当はブラックな江戸時代』
●10月9日発売 徳間書店・徳間文庫
『禁裏付雅帳九 続揺』上田秀人『禁裏付雅帳九 続揺』
『婿殿開眼四 いざ出立』牧秀彦『婿殿開眼四 いざ出立』
『問答無用 雨あがり 〈新装版〉』稲葉稔『問答無用 雨あがり 〈新装版〉』
『秋萩の散る』澤田瞳子『秋萩の散る』
●10月9日発売 文藝春秋・文春文庫
『螢火ノ宿 居眠り磐音(十六)決定版』佐伯泰英『螢火ノ宿 居眠り磐音(十六)決定版』
『紅椿ノ谷 居眠り磐音(十七)決定版』佐伯泰英『紅椿ノ谷 居眠り磐音(十七)決定版』
『青い服の女 新・御宿かわせみ7』平岩弓枝『青い服の女 新・御宿かわせみ7』
『武士の流儀(二)』稲葉稔『武士の流儀(二)』
『闇の平蔵 』逢坂剛
●10月9日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『ローマ教皇史』鈴木宣明『ローマ教皇史』
●10月9日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『父が子に語る日本史』小島毅『父が子に語る日本史』
『サイエンス・ライターが古文のプロに聞くこんなに深い日本の古典』黒澤弘光、竹内薫『サイエンス・ライターが古文のプロに聞くこんなに深い日本の古典』
●10月10日発売 双葉社・双葉文庫
『蘭方医・宇津木新吾 10 無愧』小杉健治『蘭方医・宇津木新吾 10 無愧』
『長屋道場騒動記【五】 迷い熊奔る』芝村凉也『長屋道場騒動記【五】 迷い熊奔る』
『おいらん若君 徳川竜之進 5 昇龍』鳴神響一『おいらん若君 徳川竜之進 5 昇龍』
『加藤段蔵無頼伝II 修羅 上』海道龍一朗『加藤段蔵無頼伝II 修羅 上』
『加藤段蔵無頼伝II 修羅 下』海道龍一朗『加藤段蔵無頼伝II 修羅 下』
『銭形平次捕物控 傑作集二 人情感涙篇』野村胡堂『銭形平次捕物控 傑作集二 人情感涙篇』
『新装版 照れ降れ長屋風聞帖〈一〉 大江戸人情小太刀』坂岡真『新装版 照れ降れ長屋風聞帖〈一〉 大江戸人情小太刀』
●10月10日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『陰仕え 石川紋四郎』冬月剣太郎『陰仕え 石川紋四郎』
『天魔乱丸』大塚卓嗣『天魔乱丸』
●10月10日発売 光文社・光文社文庫
『二刀を継ぐ者: 若鷹武芸帖』岡本さとる『二刀を継ぐ者: 若鷹武芸帖』
『心の一方: 闇御庭番(五)』早見俊『心の一方: 闇御庭番(五)』
『裏店とんぼ 決定版: 研ぎ師人情始末(一)』稲葉稔『裏店とんぼ 決定版: 研ぎ師人情始末(一)』
『まよい道: 新・吉原裏同心抄(一)』佐伯泰英『まよい道: 新・吉原裏同心抄(一)』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年9月の新刊 下(21日→月末)