2019年9月の新刊 下

時代小説 文庫新刊情報

2019年9月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2019/10/01

2019年9月21日から9月30日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

角川文庫の新刊に注目。
木内昇さんの『光炎の人 上・下』が刊行されます。
『漂砂のうたう』で直木賞を受賞した著者による、明治大正時代に、電気技術に魅せられた一人の技師の生き様を描く大河小説。

吉橋通夫さんの『ずくなし半左事件簿』も楽しみな青春時代小説です。
松本藩郡方見習い同心の一志半左は、土地の言葉で臆病者を指す「ずくなし」と呼ばれていた……。

新潮文庫の新刊もファンにはうれしいラインナップです。

梶よう子さんの『五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖』は、『ご破算で願いましては』に続く下町よろず屋繁盛記シリーズ第2弾です。なんでもかでも三十八文、江戸の百均「みとや」の看板娘・お瑛の活躍で心が晴れやかになります。

天野純希さんの『信長嫌い』は、今川義元、三好義継、百地丹波、織田秀信。信長のせいで、歴史の主役にはなれなかった男たちの人生を描いた戦国列伝です。

武内涼さんの『駒姫: 三条河原異聞』は、関白秀次の側室となった、最上義光の娘・駒姫とその家臣たちの壮絶な戦いを描いた歴史ロマン。

★2019/10/01追記
山本一力さんの『カズサビーチ』。1845年、捕鯨船マンハッタン号は洋上で日本人漂流者22人を救助。彼らを送り届けるために、鎖国の日本に針路をとった。ペリー来航の8年前にあった日米交流の史実を題材に、船乗りたちの友情を描く興奮の歴史長編です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●9月21日発売 KADOKAWA・角川文庫
『しつこい男 身代わり若殿 葉月定光4』佐々木裕一『しつこい男 身代わり若殿 葉月定光4』
『富籤始末 江戸の御庭番4』藤井邦夫『富籤始末 江戸の御庭番4』
『光炎の人 上』木内昇『光炎の人 上』
『光炎の人 下』木内昇『光炎の人 下』
『ずくなし半左事件簿』吉橋通夫『ずくなし半左事件簿』
●9月21日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『中国古代史 司馬遷「史記」の世界』渡辺精一『中国古代史 司馬遷「史記」の世界』
『能楽手帖』天野文雄『能楽手帖』
『欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活』石川榮吉『欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活』
●9月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『見えない敵 栄次郎江戸暦22』小杉健治『見えない敵 栄次郎江戸暦22』
『武士の一念 御庭番の二代目11』氷月葵『武士の一念 御庭番の二代目11』
『秘剣 枯れ葉返し 北風侍 寒九郎2』森詠『秘剣 枯れ葉返し 北風侍 寒九郎2』
●9月28日発売 新潮社・新潮文庫
『五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖』梶よう子『五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖』
『信長嫌い』天野純希『信長嫌い』
『決算! 忠臣蔵』中村義洋・著、山本博文・原著『決算! 忠臣蔵』
『駒姫: 三条河原異聞』武内涼『駒姫: 三条河原異聞』
『周五郎少年文庫 臆病一番首: 時代小説集』山本周五郎 ・著、末國善己・編集『周五郎少年文庫 臆病一番首: 時代小説集』
『カズサビーチ』山本一力『カズサビーチ』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年9月の新刊 中(11日→20日)2019年10月の新刊 上(1日→10日) →