2019年10月の新刊 中

時代小説 文庫新刊情報

2019年10月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2019/10/20

2019年10月11日から10月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

祥伝社文庫から、武内涼さんの『不死鬼 源平妖乱』が刊行されます。
平清盛が栄華を極める平安京に、突如、現れた血を吸う鬼の群れ…。源平が争乱する時代を舞台にした伝奇小説です。

時代小説文庫では、中島要さんの新シリーズ、『大江戸少女カゲキ団(一)』が楽しみです。
花のお江戸両国の掛け茶屋まめやで働く芹。幼いころ、役者だった父のもとで芝居の稽古に励んでいたが、あることがきっかけで芝居や踊りから遠ざかってしまう…。大江戸ガールズ小説の始まりです。

講談社文庫からは、知野みさきさんの『江戸は浅草2 盗人探し』と、長谷川卓さんの『嶽神伝 風花 (上・下)』に注目しています。

前者は、浅草・下町長屋の曲者ぞろいの住人たちが、おせっかいと男気で事件解決に奔走する痛快時代小説シリーズの第2弾です。

後者は、時に家康に味方し、滅亡に向かう武田に影のように寄り添い、義のために戦う山の者たちの姿に胸が熱くなる、戦国長編ロマンです。

集英社文庫の新刊は、どれから読み始めるか目移りします。

安部龍太郎さんの『士道太平記 義貞の旗』は、南朝側の武将・新田義貞に光を当てた太平記。

朝井まかてさんの『最悪の将軍』は、「犬公方」の呼称で知られ、悪名高い徳川五代将軍綱吉の劇的な生涯を鮮やかに描いています。

童門冬二さんの『渋沢栄一 人間の礎』は、新しい一万円札の顔に選ばれて脚光を集める、日本の資本主義の父の生涯を描いた人物伝です。

来年のカレンダー、手帳が店頭に並び始める時期が到来し、山川出版社から『2020年版 山川歴史手帳』が、吉川弘文館から『2020年版 山川歴史手帳』が、それぞれ発売されます。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●10月11日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『汝よさらば (三) 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『汝よさらば (三) 浮世絵宗次日月抄』
『蜻蛉の理 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『蜻蛉の理 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『野伏間の治助 北町奉行所捕物控』長谷川卓『野伏間の治助 北町奉行所捕物控』
『迅雷 介錯人・父子斬日譚』鳥羽亮『迅雷 介錯人・父子斬日譚』
『はないちもんめ 梅酒の香』有馬美季子『はないちもんめ 梅酒の香』
『不死鬼 源平妖乱』武内涼『不死鬼 源平妖乱』
『ふたり道三(上)』宮本昌孝『ふたり道三(上)』
『ふたり道三(中)』宮本昌孝『ふたり道三(中)』
『ふたり道三(下)』宮本昌孝『ふたり道三(下)』
●10月11日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『京都の謎〈戦国編〉』高野澄『京都の謎〈戦国編〉』
『日本の城の謎〈攻防編〉』井上宗和『日本の城の謎〈攻防編〉』
●10月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『執権 北条氏と鎌倉幕府』細川重男『執権 北条氏と鎌倉幕府』
『菩薩 由来と信仰の歴史』速水侑『菩薩 由来と信仰の歴史』
『天皇陵 「聖域」の歴史学』外池昇『天皇陵 「聖域」の歴史学』
●10月12日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『ほおずき灯し 江戸菓子舗照月堂』篠綾子『ほおずき灯し 江戸菓子舗照月堂』
『浮世の豆腐 一膳めし屋丸九(二)』中島久枝『浮世の豆腐 一膳めし屋丸九(二)』
『大江戸少女カゲキ団(一)』中島要『大江戸少女カゲキ団(一)』
●10月12日発売 山川出版社
『2020年版 山川歴史手帳』『2020年版 山川歴史手帳』
●10月16日発売 講談社・講談社文庫
『江戸は浅草2 盗人探し』知野みさき『江戸は浅草2 盗人探し』
『嶽神伝 風花 (上)』長谷川卓『嶽神伝 風花 (上)』
『嶽神伝 風花 (下) 』長谷川卓『嶽神伝 風花 (下) 』
『渡世人 大江戸閻魔帳(三)』藤井邦夫『渡世人 大江戸閻魔帳(三)』
『悪道 最後の密命』森村誠一『悪道 最後の密命』
『繁あね 美しい女たちの物語』山本周五郎『繁あね 美しい女たちの物語』
●10月17日発売 岩波書店・岩波文庫
『近代日本の政治家』岡義武『近代日本の政治家』
『明智光秀』小泉三申『明智光秀』
●10月17日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『イギリス じつは血塗られた闇の歴史: 紳士の国の息をのむダークサイドとは』歴史の謎を探る会・編集『イギリス じつは血塗られた闇の歴史: 紳士の国の息をのむダークサイドとは』
●10月18日発売 集英社・集英社文庫
『士道太平記 義貞の旗』安部龍太郎『士道太平記 義貞の旗』
『最悪の将軍』朝井まかて『最悪の将軍』
『渋沢栄一 人間の礎』童門冬二『渋沢栄一 人間の礎』
●10月18日発売 中央公論新社・中公文庫
『日本史の黒幕』会田雄次、小松左京、山崎正和『日本史の黒幕』
『ヤマトタケル1』安彦良和『ヤマトタケル1』
●10月18日発売 吉川弘文館
『歴史手帳2020年版』吉川弘文館編集部編『歴史手帳2020年版』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年10月の新刊 上(1日→10日)2019年10月の新刊 下(21日→月末) →